スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草両国を楽しむ 展望回廊から見る街2 東京スカイツリー展望回廊へ!⑦

東京スカイツリーに行くときは望遠機能のあるカメラを持っていくとより楽しめます。お気に入りの景色を見付けたらクローズアップで引き寄せバッシ!と撮影できます。

少し前なら航空写真でしたか撮影できなかった絵が撮れます。
生涯学習!by Crazybowler-東京スカイツリー
展望回廊から撮影した観光名所「浅草寺」です。五重塔がくっきりと写っています。東京スカイツリーから約1.3㎞のところにあり良く写るんです!
生涯学習!by Crazybowler-東京スカイツリー
同じく約850m先にある墨田区役所(右)とアサヒビール本社(中)です。左のビルはアサヒビールアネックスです。その隙間からアサヒビール吾妻ホールの屋上にある「黄金の炎」が見えます。。

上の写真が地上450mの展望回廊から撮影したもの、下が地上350mの展望デッキから撮影したものです。
生涯学習!by Crazybowler-東京スカイツリー
「展望回廊vs展望デッキ」対決です。100㎜高い展望回廊からの写真は航空写真の様です。展望デッキからは街並みにリアル感があり風景写真としてベターかもしれません。

最後に約2.2km離れた両国国技館と両国橋です。
$生涯学習!by Crazybowler-東京スカイツリー
手前に架かる橋は総武線の陸橋です。奥の橋は江戸時代から架け替え続けられる両国橋です。橋の長さは164.5mです。

1859年の明暦の大火で川で逃げ場を失った人が多く死傷しました。10万人の死者が出た大火でした。大火の後に同じことが起きない様に橋が架けられました。

それまでの幕府は江戸を要塞化するために川にできるだけ橋を架けていませんでした。

また、隅田川(大川)は武蔵国と下総国の境界でした。この橋ができたことにより江戸が拡大して行き1686年には国境線が改定されました。

300年以上が経ち634mの東京スカイツリーが完成しました。

数百年後に私たちの子孫がこれらの写真を見たら「昔はこうだったんだ」と思う事でしょう。

ほいじゃ

P.S. 私が使っているカメラはこれです。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス ブラック DMC-FZ150-K/パナソニック

¥価格不明
Amazon.co.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。