スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行き止まり! ワクワク上関長島の先端探索!

どこまで行けるのだろうか?いつもそんな事を考えて生きています。だからだろうか?島の「行き止まり」探索はいつも楽しく感じられます。
生涯学習!by Crazybowler-上関長嶋四代
今回は山口県上関町長島の一番奥を探索しました。四代という地域が長島の末端にあります。行き止まりと書かれた看板の先を進むと四代地区を見下ろせる所に出ます!
生涯学習!by Crazybowler-上関長嶋四代
その看板は四代地区から車で細くグネグネした道を行った先にあります。「この先500m行き止まり」と書かれています。

ところがその先は2つに分かれています。「どっちだ?」
生涯学習!by Crazybowler-上関長嶋四代
一方は車が1台通れるほどの道でした。500m進むと「行き止まり」と書かれた看板が見え、高台の上に出ます。「どこの地区?」「さっきの地区でしょう。」

上の写真にあった四代地区を見下ろせる場所です。私はそこからさらに上に伸びる道を見付けました。

「山道が続くのだろう…。」登って行くと空間が開け斜面に近代的に整備された畑が目に飛び込んでいました。こんな奥まで人の生活が…感動しました。

道はまだ先まで伸びて行く…。後で分かった事ですが歩き続けるとある浜に出ます。
生涯学習!by Crazybowler-上関長嶋四代
元の分かれ道に戻り反対側へ行きました。100m程度の舗装された道の後は山道です。太陽も傾いて来たので200m程度入った所で探索中止!

後で調べるともう少し歩いていれば景色が開け浜に出ます。これはもう一方の道の先にある浜と同じです。チャンスがあればリベンジしたい!
$生涯学習!by Crazybowler-上関長嶋四代
こちらにも人の生活の痕跡がありました。石垣が山の斜面に沿って築かれた段々畑がありました。上の方の方はもう使われていないようで木々に覆われていました。

どこまえ上まで造られているかは目視では確認できませんでした。

石組みは古く時代物です!ここは海賊の島です。海の幸は海から山の幸は島で育て生活をしていたのでしょう。

…「行き止まり」のサインを人生に例えると「人が決めた限界」です。世の中には「どうせムリ」という人が多いらしいと聞きます。

私の周りには幸運にもそういう人はいません。(いなくなった?)

私にとって「限界」は超えるものです。だから、「行き止まり」とか「限界」という言葉が現れるとワクワクして来ます!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。