スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のプランターで生きるタンポポ

我が家のプランターに咲いているタンポポです。どこからともなく舞い降りてきた種が芽を出し、今や30㎝程の高さになりました。気候が春らしくなり順々に黄色い花を咲かせています。
生涯学習!by Crazybowler-家のたんぽぽ
このタンポポは「雑草魂+みにくいアヒルの子」というべき存在です。水もやらないプランターで冬の間にじっくりと成長しました。記憶ではほとんど雨も降っていません。

ずっと雑草だと思っていました。

ところが春になり先端に蕾(つぼみ)ができました。雑草ではなかったのです!水分不足の影響か?咲く花は路地のタンポポの半分くらいの直径です。
生涯学習!by Crazybowler-家のたんぽぽ
野生のタンポポに比べると背が高くなりました。ベランダはすりガラスになっているのである程度の光は入って来ます。しかし、タンポポとしては不十分だったのかもしれません。

光を求めて上へ上へと成長した様です。
生涯学習!by Crazybowler-野生のたんぽぽ
上の写真は野生のタンポポです。背が低く、大きな花を咲かせます。やはり、環境の違いが大きいのでしょうか?それともプランターの植物は違う種なのでしょうか?

私は環境要因で背が高く花が小さくなった可能性が高いでしょう。

雑草の様にたくましく育ち、アヒルでなく白鳥だった事を証明しました我が家のタンポポでした。

人も環境要因に影響されます。しかし、厳しい環境でも成長する個体も存在します。違いは「意志」の違いかもしれません。

そして「厳しさ」を乗り越え他にないユニークな特性を持つのでしょう。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。