スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艶やかな春の印 見沼代親水公園

東京で桜が満開というニュースを聞いた時は群馬県の北部山沿いにいました。春とは言えない粉雪が舞う天候でした。仕事を終えて足早に東京へ戻りました。
生涯学習!by Crazybowler-2012春 見沼代親水公園
東京都足立区の西北部にある見沼代親水公園はいつもの春の風景に変わっていました。肌寒い気温のまま春になった感じです。
生涯学習!by Crazybowler-2012春 見沼代親水公園
水と桜は相性が良い様です。重そうに垂れる花を咲かせた桜の枝が水面を覗き込んでいる様です。桜を見ると新たなスタートという心理になります。
生涯学習!by Crazybowler-2012春 見沼代親水公園
満開とは言い切れない様です。枝を一本一本見ると蕾がまだ見られます。週半ばに風と雨が来るそうです。来週末も見れれば良いのですが…。
生涯学習!by Crazybowler-2012春 見沼代親水公園
公園沿いを注意深く見ると花が咲いています。調べるとムスカリー(グレープヒヤシンス)という花の様です。春は桜だけではないのですね。
生涯学習!by Crazybowler-2012春 見沼代親水公園
他にも花が咲いています。インターネットで春の白い花を検索するとたくさん出てきます。どれがどれだか分かりません「白い小さなカワイイ花」って事にしておきます。
$生涯学習!by Crazybowler-2012春 見沼代親水公園
桜の花はパッと咲いて散る儚(はかな)さから好まれるのでしょうか?無常の世の中で毎年同じような時期に戻って来てくれる存在は逆に有難く感じられます。

実際は微妙に姿や時期を変えながら咲いています。違いもまた趣があります。

私が思うに日本人が桜を好む理由は日本の期首、期末は桜の季節という事もあり「終わりと始まり」の印だからであり、

色の少ない寒い冬の終わりを告げる艶やかな春の印だからだと思います。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。