スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベランダのプランターに生えた雑草は…

アメニモマケズカゼニモマケズ…日本人なら事あるごとに思い出す言葉です。2012年は春の嵐がやって来た年として記録されるのでしょう。

2012年4月3日から4日かけて台風並みの低気圧が日本列島を襲いました。
生涯学習!by Crazybowler-2012春
エイプリルストームとでも呼ぶのでしょうか?。それとも春の嵐(スプリングストーム)でしょうか?各地で風速40m前後の強風が吹き荒れ死傷者を出すほどでした。

私が見たニュースでは死者3人、負傷者302人だったそうです。又、最大風速は佐渡島(新潟県)の43.5m/hだった様です。

1954年5月10日の低気圧はメイストーム、又はゴトウの強風と呼ばれ語り継がれています。
生涯学習!by Crazybowler-2012春
私の家のベランダに何も植えていないプランターがあります。当然、水もあげていません。ある寒い冬の日に雑草が生えているのに気付きました。

「ベランダに雑草なんて洒落ているぜ」と思い放置して置きました。

昼間に充電した電気で光るランプがエクステリアとしてプランターに刺してあります。この光も光合成の助けになったのでしょう。雑草は高くなりました。
生涯学習!by Crazybowler-2012春
春が近づくとどこかで見た事のある蕾(つぼみ)が先端にあります。たんぽぽです。「家にたんぽぽなんてさらに洒落ているぜ」という事で楽しんでいます。

まるで「みにくいアヒルの子」の様な話です。

ところが春の嵐という試練がやって来ました。

水もやらずに放置して育った「たんぽぽ」ですから、そんなに軟なはずがありません。元気な姿で今週末にも咲きそうです!

日本語では雑草魂という言葉を使います。条件の悪い環境でしっかり育った生き物はタフです。人間も同じでしょう。

不遇な環境でも不平不満を言わず純粋に頑張り続けた人は得体の知れないタフさを兼ね備えています。さまに「ダイハード(なかなか死なない)」です。

環境は人を育ちますが過保護にし過ぎると限られた環境下でしか活躍できない人になってしまいます。

「獅子はその子を千尋の谷に突き落とす 」、「かわいい子には旅をさせよ」

やはり、本当に愛情があるならば、あえて厳しい環境を与え強い個に育てる事も大切です。

決して良いと言えない環境で日々己と向き合う人に勇気くれるたんぱぱです。「アメニモ、カゼニモ、ミズガナクテモ」負けないこのたんぽぽを「ダイハード2」と命名します!

ほいじゃ

P.S. 家のダイハード1は6本中1本だけ生き残ったコーヒーの苗(Roberto Baggioくん)です!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。