スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別天然記念物との戯れ 適当流ツアー三国街道から四万温泉へ③

「俺は車か?いや、そうじゃない。」車両通行止めの看板を目の前にして自問自答しました。そして、「車じないから通って良し!」という結論になりました。

四万(しま)川ダム湖の道です。私的ルールでは「温泉に入る前はたっぷり歩く」四万温泉が楽しみに足を踏み出しました。

思うに「良き出会い」は予期せず突然やって来るものです。
生涯学習!by Crazybowler-四万川ダム
堤長330mの四万川ダムを往復しているだけでは面白くありません。やはり、冬のダム湖畔を楽しみながら歩かなければ!15mほど進み気配を感じました!「フワフワ?」
生涯学習!by Crazybowler-ニホンカモシカ 四万川ダム
「チョッパー?たぬき?でも、たぬきにしては大きすぎる…。」ダムの途中にあった説明板を思い出しました。「あの特別天然記念物のニホンカモシカだ!」

ちなみに四万川ダムの公式ページロゴもニホンカモシカでした。
生涯学習!by Crazybowler-ニホンカモシカ 四万川ダム
どちらが先に気付いたのか?私が立ち止まり15m程度先のフワフワを目で追いかけていると向こうも振り返りました。この姿勢で30秒以上お見合い状態に…。

そして、ビデオ撮影を始めると一段高い所にひょいひょいと駆け上がりました。動くニホンカモシカの撮影もできました!
生涯学習!by Crazybowler-ニホンカモシカ 四万川ダム
遭遇地点には足跡がたくさん残っていました。縄張りを守り生活する習性の動物なので、足跡はまさに「この」ニホンカモシカのでここは縄張りなのでしょう。

「この」と呼ぶのも悪いので「このは」と呼ぶことにします。
生涯学習!by Crazybowler-ニホンカモシカ 四万川ダム
Wikipediaで調べるとニホンカモシカは崖を好み、好奇心が強いそうです。人を見物に来るくそうです。「え!自分が見物されていたのか?…逆じゃん。」
生涯学習!by Crazybowler-ニホンカモシカ 四万川ダム
道路脇の崖の下に陣取った「このは」は動きませんでした。そして、ジーとこっちを見ています。そらならばこっちもとジーと見続けました。にらめっこ状態です。

ニホンカモシカを間近でジーっと見れる事は有難い事です。

15分は経過したでしょうか?ちょっと、嗜好を変えて少し姿を隠してやろうと思いダム湖畔を進みました。こちらが隙を見せる事で「逃げるために動き出す」という目算でした。
生涯学習!by Crazybowler-ニホンカモシカ 四万川ダム
しかし、そうは問屋が卸しませんでした。姿が見えるところまで戻ると「このは」は同じ場所に座り込んでいました。逃げるところかリラックスしています。

「意外と図太い生き物なんだな~」こちらも意地になりそれから15分くらいジーと見ていました。

太陽が山影にかくれそうな時間になり私が根負けしました!最後は両手を大きく振ってお別れをしました。

「ありがとう!この感動を!」
生涯学習!by Crazybowler-ニホンカモシカ 四万川ダム
ニホンカモシカの存在自体は子供の頃に黒部ダムへ行った時に知りました。その後もニホンカモシカの生息する地域に行きましたが生で見る事はありませんでした。

加えて30分(15分+15分)も特別天然記念物を見続けられた事も凄い事実です。動物園並みです。(私が根負けしなければもっと見れた状態でした。)

初で生で長時間…この感動は奇跡です!

良き出会いとは予定して起こるものではありません。直観的に適当に動き続けた結果でした。まさに偶然が生んだ奇跡でした。

車へ戻る途中にダムの上で見えた湖畔の風景がニホンカモシカに見えました。「ん?ニホンカモシカというよりトナカイ?…チョッパーか?」

ほいじゃ

P.S. 出先で動画が編集できず。できたらアップします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。