スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四万温泉街 適当流ツアー三国街道から四万温泉へ①

春一番が吹かない2012年の春、山里はまだ雪に閉ざされていました。群馬県と新潟県を結ぶ三国街道(国道17号線)から最短距離で四万温泉(しまおんせん)へ抜けるルートにチャレンジしました。

人里離れたところが大好きです。細い道の奥に人里があると感動する質です。
$生涯学習!by Crazybowler-群馬県 県道53号線から山道へ 3月
ある地点で「引き返そう」…一瞬で判断しました。道幅が急に狭くなり車一台がやっと通れる程度です。それは良しとしても急坂には雪がたっぷりと積もっていました。

垂れたスタッドレス、前輪駆動で非力な車…スタックしたら抜け出せません。

大きな地図で見る
後で見返すと少し戻れば大道峠を超えるルートが存在していました。この道は通れる程度に除雪されていたかは分かりませんが4㎞ほどしか違いません。

私はわざわざ遠回りして2倍以上の大きな道を通り温泉街へ行きました。
生涯学習!by Crazybowler-四万温泉街
群馬県で温泉と言えばまず「草津」、次に「伊香保」、そして「水上」という感じですが草津へ行く道中の山奥に名湯の四万温泉があります。「四万」と書き「しま」と読みます。

名前の由来は「四万の病に効く」という説が最も有力です。
生涯学習!by Crazybowler-四万温泉街
開湯説は2つあり「坂上田村麻呂」説なら8,9世紀、「源頼光」説なら10世紀になります。初めて温泉宿ができたのは戦国時代の1563年と言われています。

1954年には酸ヶ湯温泉、日光湯元温泉とともに国民保養温泉地第一号に指定された経緯があります。
生涯学習!by Crazybowler-四万温泉街 積善館
近年、四万温泉と言えば「積善館」です。ここは宮崎駿の「千と千尋の神隠し」の湯宿のモデルになった旅館だからです。日帰りに行こうとしましたが17:00までで入れず…。

本館でなく間違って積善館山荘へ到着。駐車場へ入るとジャストタイミングで八百万の神の様な独特の雰囲気を持つホテルマンが出てきました。

「5時までです」と丁寧にあっさりと告げられました。八百万の神?

なぜ、5時に間に合わなかったというと私のルール「温泉前にたっぷり歩く」が邪魔していました。でも、ウォーキングしに行った四万川ダムで「奇跡の出会い」があったので後悔はありません。(後日のブログで!)
生涯学習!by Crazybowler-四万温泉 清流の湯
「四万温泉に来て温泉に入らずに帰るのは解せぬ」という事で日帰り温泉施設を調査。

<日帰り温泉施設>
清流の湯 10:00~21:00 休:第4水曜日
こしきの湯 10:00~17:00 休:第3水曜日

<旅館>
積善館本館・元禄の湯(1000円) 10:00~17:00
四万やまぐち館(1500円) 12:00~19:00

時刻は18:00…時間的にギリギリ間に合う四万やまぐち館の駐車場は一杯、妥協して以前に来たことのある清流の湯にしました。
生涯学習!by Crazybowler-四万温泉 清流の湯
妥協とは言え前回評価は○でした。湯はアルカリ性気味のpH7.2です。

(詳しい情報は以前のブログより→「四万温泉 日帰り温泉 群馬県 四万清」)

四万川の横にあるせせらぎの聞こえる「露天風呂」があり「打たせ湯」もあります。内湯には斜めになった大きな岩に横たわって温泉に入ることがもできます。

サウナはありませんが温泉施設なので評価対象外です。

0℃くらいの冷たい風が川を下って来ます。こんな時の半身浴は堪らなく気持ちが良いものです。久し振りの温泉にも大満足です。
生涯学習!by Crazybowler-四万温泉 清流の湯
湯上りには飲泉所で温泉の湯を飲みました。旨くはありませんが健康への期待値がアップします。無料のほうじ茶やあり水分補給をして帰りました。

後で調べると共同浴場がありました。

共同浴場 御夢想の湯
共同浴場 河原の湯
共同浴場 上之湯
山口露天風呂

すべて無休・無料ですが時間帯が9:00~15:00しか利用できません。山口露天風呂だけ例外で19:00までです。

四万温泉はまだまだ私を楽しませてくれそうでワクワクしてきます。

「調べてから行けばいいじゃん」と良く言われます。大体で調べて行きハプニングや発見を楽しむのが私のツアーの流派です。

名付けて「適当流」!「適当」という言葉は意味が深い…「予定調和」より多くの「未知の効果」が期待できます。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

(´▽`*)アハハ 
 
すみません、笑わせていただきました♪
この時期の最短極狭道を突き進んで途中で引き返したり
着いてみたら、日帰り時間すぎてたり
そういう適当流ツアー良いですね、憧れちゃいます(笑)。

過去にそういうツアーをたくさん経験して(爆)
今は時間も貴重だということに気付いちゃったので
けっこう下調べして出かけるのですが、それでもハプニングの連続です(^_^;)。

四万ダムの奇跡の出会いを楽しみにしています。

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。