スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野の裏探索!W清水坂 日暮里から上野・鶯谷ウォーク④

2011年8月7日、東京上野の集中豪雨…あの日の蒸し暑さは初春の寒さの中では想像すらできません。寛永寺根本中堂を後にした私は上野恩賜公園内に到着しました。

これからという時にスコールです!亜熱帯か!?

最初は木々の枝葉の下に隠れていましたが、それでは足りず公衆便所へ逃げ込みました。
生涯学習!by Crazybowler-上野公園2011/8/7
トイレの中は雨宿り人で満員です。女性トイレに入り切らない女性達も男性トイレに逃げ込む始末です。我慢ができない男性陣はそんな中で用を足しました。ある種の緊急事態です。
生涯学習!by Crazybowler-上野公園2011/8/7
遠くには傘では防御しようのない豪雨に木陰へ逃げ込むカップルが見えました。足元はずぶ濡れでしょう。でも、こう言う時に親密感が増すんですよね。羨ましい限りです(笑)
生涯学習!by Crazybowler-上野公園2011/8/7
暫く経って上野動物園前にある「SAVOIA」に気付きました。テーブルがある軒下には雨宿り人が逃げ込んでいました。いつ止むか分からない雨…

私も決死の覚悟で「SVOIA」に到着しました。
生涯学習!by Crazybowler-上野公園SVOIA
「SAVOIA」ではソフトクリームやピザなどの軽食が振る舞われています。何もというのは何なのでサラミピザ(500円)を注文し店の中へ入りました。

アメリカンな生地の厚さが売りのSサイズピザは十分に癒しになりました。雨が降るとピザ屋が儲かるのですね(笑)

大きな地図で見る
降り始めから1時間は経過しただろうか?雨は上がり上野探索を再開しました。上の地図にルートが示されている様に「こんなルートを歩く奴はいるのか?」

と思われる方向へ行ってみました。行ったことのない道を行くとワクワクします!
生涯学習!by Crazybowler-上野公園SVOIA
「SVOIA」から丁度反対くらいの所に谷中七福神の一つ「護国院大黒天」があります。寛永寺の祖「天海」が建立した寺です。元々は現在の東京国立博物館の右手裏にあったものです。

本堂は釈迦堂と呼ばれ1722年に再建されたものです。

4,5代将軍の霊廟を作るためも含め計3回も引越をし現在の場所に来たのは1709年でした。

流浪の大黒天?…江戸時代の江戸では「諸事情」による寺の引越しは珍しくありません。
生涯学習!by Crazybowler-清水坂(上野)
大黒天でお参りをした後にさらに人通りのない方角へ進みました。お!坂です。坂好きの私には堪りません。清水坂という上野でも有名な坂です
生涯学習!by Crazybowler-清水坂(上野)
清水坂の由来は弘法大師ゆかりの清泉があったからではないかと言われています。また、この辺りは清水谷と呼ばれ坂の上に存在していた寛永寺の門は清水門と呼ばれていました。

ちなみに清水坂には真逆の別名があります。

「暗闇坂(くらやみざか)」です。清水谷と呼ばれいたくらい木々が鬱蒼(うっそう)と茂った場所で昼間でも暗かったからです。

ちなみに上野公園にはもう一つの「清水坂」があります。今まで紹介した方が「しみずざか」で不忍池から寛永寺清水堂に上がる階段を「きよみずざか」と呼びます。

漢字が同じなのにややこしい事極まりない!



都心の集中豪雨は近年の現象と言われていますが、冬も今よりも寒かったと言わている江戸時代に亜熱帯の様な天候はなかったんでしょうね。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。