スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わびさび!? 芋坂 日暮里から上野・鶯谷ウォーク①

日暮里名物の羽二重団子が大好きです!前回と前々回で「根ぎし 芋坂羽二重団子」について書きましたが芋坂を抜きに羽二重団子を語れません。

昨年の8月7日に日暮里駅から上野公園を経て鶯谷まで歩いた時の記録です。
$生涯学習!by Crazybowler-芋坂(根岸)
上の写真だけは2012年のものです。善性寺の前、羽二重団子本店からJRの線路に向かい細い道を行きます。芋坂はここからすでに始まっています。
生涯学習!by Crazybowler-芋坂(根岸)
ゆったりと曲がった道を進むと行く手をJRの線路に阻まれます。左手を見ると「芋坂跨線橋」が見えます。明らかに線路によって芋坂は分断された状態です。
生涯学習!by Crazybowler-芋坂(根岸)
明治15年頃に日本鉄道会社の東北線(現JR)が通じ分断されたと案内板に書かれていました。鶯谷駅から西日暮里駅までの間にはこう言った分断された坂が数多く存在します。
生涯学習!by Crazybowler-芋坂(根岸)
橋を渡り緩やか続く芋坂とは別に線路の方へ下る道がありました。面白そうなので歩いていくと行く手をフェンスに阻みました。フェンスの向こうは線路です。

この道が元々の芋坂だったようです!反対側の道とつながっていた事は明白です。
生涯学習!by Crazybowler-芋坂(根岸)
本当の芋坂ウォークが始まった様な気がしました。袋小路の横にある「台東区立 芋坂児童遊園」を横目にワインドする坂を登り始めました。
生涯学習!by Crazybowler-芋坂(根岸)
ふと横を見ると古い石段が残っていました。昭和か大正か明治かは分かりませんが情緒ある風景です。こういう場所にヒッソリと住むのも悪くないと思いました。
生涯学習!by Crazybowler-芋坂(根岸)
「芋坂跨線橋」から続く元の道に戻ります。芋坂は緩やかにさらに先まで続いています。

大きな地図で見る
Google Mapで羽二重団子から坂の上までの距離を計測すると290mありました。
生涯学習!by Crazybowler-芋坂(根岸)
ちなみに「芋坂」の由来は不明だそうです。坂の途中に芋が自生していたので芋坂と呼ばれたんでしょうかね?昔は上野不忍の岡に向かう山道の様なものでしたから。

坂の上には谷中霊園が広がっています。人通りはほとんどなく、人気のなさから生まれる静寂と古(いにしえ)への思いが交差して趣を感じてしまう私です。

これが「わびさび」か!?

ほいじゃ

P.S. 後で写真を見返すと標識を撮影したものがありました。標識によるとこの辺りで昔は「自然薯」が取れたことから芋坂と呼ばれる様になったのではないとのことです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。