スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪台通りと高村光太郎 西日暮里駅~鶯谷駅ウォーク②

フクロウの像があるこの通りは昭和の香りがします。西日暮里駅裏手にある西日暮里公園から日暮里駅を目指し歩くと緩やかに蛇行する細い道が伸びています。

駅周辺の喧騒から比べればタイムスリップした様です。
生涯学習!by Crazybowler-諏訪台通り
通りの終わり(日暮里から歩けば入口)には「諏訪台通り」と書かれた江戸時代風の看板があります。文字通り高台であり諏訪神社がある通りです。
生涯学習!by Crazybowler-諏訪台通り
元の場所に戻り西日暮里公園から25mほど歩くと荒川区立第一日暮里小学校があります。校門のところに「フクロウ」?がいます。『高村光太郎書「正直親切」の碑』と書かれています。
生涯学習!by Crazybowler-高村光太郎書「正直親切」の碑
高村光太郎と言えば彫刻家、詩人として教科書にも出てきます。「智恵子は東京に空が無いといふ、ほんとの空が見たいといふ。…」で知られる「智恵子抄」や、

「僕の前に道はない、僕の後ろに道は出来る…」で有名な「道程」が代表作です。

看板を読むと高村光太郎はこの小学校(当時は日暮里小学校)の卒業生でした。「フクロウ」の像は高村光太郎でなく彫刻家飯田雅光の作品だそうです。
生涯学習!by Crazybowler-諏訪台通り
昭和60年(1985年)で創立100周年の祝いフクロウの像を建てたそうです。だから今年は創立127年目ということになります。

この通りの建物は昭和の香りがします。蔓(つる)が巻き付いたアパートを目にしました。時が止まった様です。

大きな地図で見る
高村光太郎がこの学校に転校して来たのはこのアパートよりもはるか昔、明治23年のことです。

その当時、小学校は「福祉館の辺り」にあったと看板に書いてありました。検索をしてGoogle Mapで直線距離を計測すると高台の下の約650m離れた場所でした。

(福祉館でなく区の福祉会館の事で正解なら…。)

彫刻家を父に持った高村光太郎は5歳の頃から彫刻家になる事を決めていたそうです。そんな、光太郎少年はこの高台に登り遊んでいたのだろうか?

何となくですが、遊んでいた様な気がします。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。