スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌だけでエスニック気分 タイ家庭料理のお店 ファータイ

群馬県沼田市の市役所前にある料理屋へ行きました。一見そこにお店があることに気が付かないほどです。気付いても入りずらい印象です。

古い建物、非原色系の看板、…やはり、レースのカーテンで中が見えないからでしょう。

看板からタイ料理のお店だという事はわかります。
生涯学習!by Crazybowler-タイ家庭料理のお店 ファータイ
「タイ家庭料理のお店 ファータイ」というお店です。2010年7月から営業していたそうです。中に入ると「タイ」というより日本の食堂です。

座敷4人掛け2席、テーブル2人掛け2席あります。母と中学生くらいの娘さんが食事をしていました。
生涯学習!by Crazybowler-タイ家庭料理のお店 ファータイ
壁に掛けてあるタイ国王と王妃の写真、キックボクシングのポスター、スパイスの香りだけがエスニックさを訴えています。他はすべて昭和の雰囲気です。

座敷でのタイ料理は初めてで、違和感がまた面白く感じられました。
生涯学習!by Crazybowler-タイ家庭料理のお店 ファータイ
早速、注文…「トムヤンクンセット(650円)」です。辛さも調整してくれます。10分くらい待つと料理が出て来ます。旨い!聞くと日本にない素材は輸入しているそうです。
生涯学習!by Crazybowler-タイ家庭料理のお店 ファータイ
「グリーンカレーセット(650円)」

私が一番感動したのはタイ米です。アメリカでは中華と言えばタイ米のチャーハンでした!台湾、ベトナムでもタイ料理屋に行きタイチャーハンを楽しみました。

日本米にはない食感がたまりません。日本米だけがすべてでない!
生涯学習!by Crazybowler-タイ家庭料理のお店 ファータイ
おまけに「クゥイッティアオ(タイラーメン)500円」です。タイ料理と言えば「甘辛酸っぱい」です。各テーブルには4つの壺があります。これがタイ料理の醍醐味!
$生涯学習!by Crazybowler-タイ家庭料理のお店 ファータイ
①ビックポン(粉唐辛子)
②ナンパー(ナンプラー)
③ナムターン(砂糖)
④ピックナムソム(唐辛子を漬けた酢)

これらをタイラーメンに入れて「甘辛酸っぱい」味にします。舌からエスニックな気分になれ目を閉じればそこはタイです。

でも、目を開けると昭和…将来的に小物や壁紙を駆使してタイぽくして欲しいと思ったお店でした。

ほいじゃ

P.S.群馬県県北部山沿いにもアジア(韓国、中国、台湾、タイ、ベトナム)の人が住んでいます。南国の人には寒過ぎるはずなのに…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。