スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しくなる!道に名前を付ける遊び

マイブームってもう死語ですか?あまり聞かなくなった言葉ですね。ちなみに私のマイブームは家の周りの道に独自の名前を付けることです。

子供の頃に学校へ行く途中の道を「じじばば街道」と呼んでいました。誰が、いつ、なぜそう呼びはじめたかは知りません。

そして現代、自宅から最寄駅までの約800mの道程に少しずつ名前が付いて行きます。
生涯学習!by Crazybowler-短信交差点
「短信交差点(たんしんこうさてん)」

信号がすぐに変わってしまいます!青になった時に交差点から20m以内に近づいていてもギリギリ渡れるかどうかです。きっと車道優先の設定なのでしょう…。
生涯学習!by Crazybowler-ガネイ小道
「ガネイ小道」

小道に入ると突き当りに「ねい」という文字が見えます。そこし進むと「が」がという文字が電柱に見え隠れしながら現れます。T字路まで行くと「こがねい歯科」と全て読めます。
生涯学習!by Crazybowler-刹那通り
「刹那通り(せつなとおり)」

ガネイ小道から右折すると230m先に日暮里・舎人ライナーの高い路線が見えます。時々、目の前をライナーが通過して行きます。「行っちゃった…。」

見えているのに間に合わないという刹那さに包まれます。
生涯学習!by Crazybowler-無常通り
「無情通り」

刹那通りから左折をすると駅まで一直線の道です。たった140mです。時々、音に気付き振り返るとライナーを頭上を通過して行きます。「あ~、無情!」

ある意味、刹那さを超えた無情感を体験できる通りです。
生涯学習!by Crazybowler-オモシロクナイ道(ドウ)
「オモシロクナイ道(ドウ)」

こちらは夜に帰り道として使います。昼間だと分かりませんが夜になると人気のない何にもない通りです。歩いていて心から「おもしろくないど~」と感じます。



「はじめにことばがあった。ことばは神と共にあり、ことばは神であった。(ヨハネによる福音書1:1)」

名前(言葉)があるから個として認識されます。個には個性がありそれが趣になります。そこに意味が生まれます。

名前を付ける事によってただの通りが意味のある存在に変わります。そこを歩くことがが楽しくなります。

今度はどの道に名前を付けようかな?

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。