スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚い環境は快適!? オオクワガタ飼育

冬のオオクワガタ飼育はまさに暇です。成虫は冬眠するし、幼虫は菌糸ビンやマットの中でひたすら菌糸を食べているだけです。

でも注意する点はあります。

①成虫のいるマットを乾燥させ過ぎない事(乾燥状態は嫌い)
②幼虫の菌糸の食べぐ具合を把握し菌糸ビン交換をする事
生涯学習!by Crazybowler-オオクワガタ
ところが、家の67㎜あるオオクワガタ♂(名前はまだない)は冬眠しません。通常、オオクワガタは物陰に隠れています。ところが奴は常に表面にいます。

私としても低温状態で体力が奪われていく事が心配です。
生涯学習!by Crazybowler-オオクワガタ飼育
そこで決断しました!「強制冬眠」です。まずは成虫の周りに木片や木皮で櫓(やぐら)を作ります。成虫用の空間を確保した上でオガを飼育ケース一杯に入れます。

餌(えさ)を表面に置いて完了です。これで春まで暖かくしていてください!
生涯学習!by Crazybowler-オオクワガタ
ある一頭のオオクワガタ幼虫が元気です。菌糸ビン内の菌糸を知らな間に食べ尽くしていました。飼育者(私)の怠慢です…。新しいオリジナル菌糸ビンへ移してやりました。

おお!大きくなっている。入れた時より二回り以上は大きくなっていました。
生涯学習!by Crazybowler-オオクワガタ
菌糸ビンの中身はキノコの菌糸を蔓延させたオガです。蔓延している状態では白&肌色ぽい感じです。菌糸を食べ終わると発酵した茶色いオガが残ります。

上の写真は菌糸ビンから出た発酵したオガを再利用するために発酵していないオガと合しているシーンです。

色の違いが明らかです。

ちなみに同じ頃にセットした別の菌糸ビンの表面を少し剥いでみると全然食べていません。可能性は、…
①メスの幼虫
②死んでいる!?

たぶん①です。ちなみに多く食いした方はオスの可能性があります。



発酵食品は人の健康に良い働きをします。生活環境も極度の無菌状態は逆に体質を悪化させます。もしかしたら飼育ケース内が清潔すぎるのかもしれません。

ちなみに中に敷いてあるオガは発酵していないものです。成虫達は発酵しているオガを求めているのかもしれません。

人間が汚いと思える環境こそが昆虫にとって最適な住空間である…という確信に近づきました。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。