スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回 浅草から上野 東京12.5㎞ウォーク(両国・深川・押上・浅草)⑩

東京都心は文化ウォーキングには最適です!駅と駅の間が近距離にあります。それだけ様々な見所も互いに近く位置しています。

両国から深川、押上から浅草と歩みました。今回の東京12.5㎞ウォークも最終回です。
生涯学習!by Crazybowler-浅草寺 弁天堂
浅草寺弁天堂には江戸時代の「時の鐘」ひとつである鐘があります。1692年に五代将軍徳川綱吉の命で改鋳されたそうです。松尾芭蕉の句で有名です。

「花の雲 鐘は上野か 浅草か」
生涯学習!by Crazybowler-浅草寺 弁天堂
東京大空襲で鐘楼は燃えてしまいましたが奇跡的に鐘は残りました。鐘楼は昭和25年に再建されました。ちなみに弁天堂には弁財天は白髪です。

「老女弁財天」と呼ばれています。
生涯学習!by Crazybowler-浅草一丁目一番一号
疲労感も少なくここまで来ることができました。長距離走で経験した人は知っているでしょう…最後の数キロが辛いのが相場です。

大きな地図で見る
吾妻橋のたもとにある銀座線「浅草駅」の4番出口(吾妻橋口)は「赤門」と呼ばれています。1927年の銀座線開業当時の姿だそうです。

当時の地下鉄に対する意気込みが感じられる場所です。
生涯学習!by Crazybowler-浅草駅
ここから3㎞ほどの上野まで歩くことにしました。途中に山口萌の実家がある仏壇屋通りを横切り、かっぱ橋道具街で寄り道をして上野駅まで歩きました。

「お!大きな鳥居が見える。」
生涯学習!by Crazybowler-下谷神社
下谷神社(したやじんじゃ)
東京都台東区東上野3-29-8
祭神:大年神(おおとしのかみ)
配祀祭神:日本武尊(やまとたけるのみこと)
生涯学習!by Crazybowler-下谷神社
この神社は意外と古く730年に不忍の岡(上野の山)に2神を祀ったのが始まりだそうです。1627年に寛永寺を作るため上野の山の下に移転させられたそうです。

江戸時代には下谷稲荷社と呼ばれたそうです。神仏分離令もあり明治5年に下谷神社と改称しました。「しもや」でなく「したや」と読むそうです。

ここは同時に「寄席発祥の地」です。1798年のことです。石碑もあるそうですが見逃しました…。



上野から浅草までの道のりは単調で夕方という事もあり薄暗く疲労感がドッと来ました。

脚の裏もほど良く痛くなり満足です。

友人との打ち上げは秋葉原の「金の蔵」で行いました。

<東京ウォークのメリット>
①文化に触れ見識を広める
②出来るだけ電車を使わずに健康に良い
③メディアからでなく本物に触れることができる!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。