スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石萌え 清澄庭園[中編] 東京12.5㎞ウォーク(両国・深川・押上・浅草)⑤

石の魅力を感じられる場所です。昔の金持ちは気に入った大きな石を自宅まで運ばせ楽しんでいました。都立公園の清澄庭園では多くの奇石を楽しめます。

大きな地図で見る
都営大江戸線、又は東京メトロ半蔵門線の「清澄白河駅で下車して徒歩3分の所にあります。
生涯学習!by Crazybowler-清澄庭園
泉水(池)を周遊できる道の入口から最も遠い場所をさらに奥に入ると石仏群があります。江戸時代初期から後期までの古い石仏が並んでいます。

右 庚申塔(1670)
中央 法印慶光(1679)
左奥 庚申塔(1815)
左手前 馬頭観音供養塔(1774)
生涯学習!by Crazybowler-清澄庭園
気に入った石を3つピックアップします。最初に目についた奇石は「根府川石」です。戦艦大和の船首の様です。
生涯学習!by Crazybowler-清澄庭園
色合いと形が魅力的な「紀州青石」です。なぜか私には生き物の様に見えます。
$生涯学習!by Crazybowler-清澄庭園
道端で存在感を示すのは「伊豆磯石」です。道を塞ぐほどの迫力が気に入りました。
生涯学習!by Crazybowler-清澄庭園
ここまでは石単体をピックアップしましたが次は石のコンビネーションです。まさに清澄庭園の見所「大磯渡り」です。上を歩きながら石の美を堪能できます。
$生涯学習!by Crazybowler-清澄庭園
その先に見える松のように水面にせり出す石も魅力的です。石が自らの意志で水の方へ成長した様です。他にも魅力的な石はありますがこれくらいで…。

石萌えです…。なぜ、金持ちが大きな石のコレクションをしたか興味があります。

①自然美が好き、②置く場所がある、③輸送費がまかねえる、④…

きっと、自らの心と石が主張するものを重ね合わせているのでしょう。

大きな石に興味が持てる私は金持ちになる素質はあるか?…あればいいな~。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。