スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

③カメラのテスト、修業…東京競馬場11/27

私が競馬場へ行く時、

①友達が行く時
②一流のレースと出走馬
③カメラのテスト、修業

今回は②、③の複合理由でした。2011年11月27日に国際レースのジャパンカップ開催される日に東京競馬場へ行きました。まずは「カメラのテスト、修業」です。
生涯学習!by Crazybowler-東京競馬場 2011/11/27
(562㎜、1/1000、f/4.9、ISO640)
先日、入手したデジタルカメラPanasonic DMC-FZ150の付属品「Panasonic DMW-LT55 FZ-30用テレコンバージョンレンズ」のテストです。

「最大1020mm※1相当のテレコンバージョンレンズ(1.7倍)。テレコンバージョンレンズ装着で、最大光学40.8倍ズーム(最大1020mm相当)が可能。」
《新品》Panasonic(パナソニック) テレコンバージョンレンズ DMW-LT55

¥16,800
楽天
このレンズを使うためには次のコンバーターが必要です。
パナソニック レンズアダプター DMW-LA5 《デジカメオンライン》 【a_2sp1202】

¥1,990
楽天
取り付けると「細長いカメラ」になります。アダプタ部分はただの筒なので11倍以上に望遠にしないとフレームに映り込んでしまいます。
生涯学習!by Crazybowler-東京競馬場 2011/11/27
(253㎜、1/640、f/4.0、ISO100)
この日の東京競馬場は今年初の10万人が入場者がいたこともありパドックの場所取りにも苦労しました。でも望遠レンズがあるので助かりました。

上の写真はディープインパクトの初年度産駒で大変期待されていた「メジロダイボサツ」です。母はメジロドーベルという名牝です。父母合わせてGI12勝(7+5)の12冠ベイビーとして生まれた超良血馬です。

しかし、現時点で500万円下、9戦1勝(2着2回、3着2回)と残念な結果に終わっています。この日も下から2番目のクラスである500万円下で9着と惨敗…。超良血だから必ず走るという訳ではありません。
生涯学習!by Crazybowler-東京競馬場 2011/11/27
(431㎜、1/800、f/4.3、ISO800)
下級クラスのパドックでは暴れる馬がいます。立ち上ってしまう馬もいます。馬券を目的とすると厄介な存在ですが写真撮影としては最高の被写体です!
生涯学習!by Crazybowler-東京競馬場 2011/11/27
(114㎜、1/500、f/3.5、ISO320)
メインの2レース前にはパドックは超満員でした。メインレースの一流馬を見るために陣取って動かない人ばかりです。望遠レンズがあるので最上階のテラスからでも撮影ができます!
生涯学習!by Crazybowler-東京競馬場 2011/11/27
(35mm換算:799㎜、1/500、f/5.2、ISO160)
上はテレコンバージョンレンズの能力を活かして撮影した写真です。光の量がもっとあればシャッタースピードが上げられより鮮明に撮れます。

本格的な大型望遠レンズと違い軽く扱い易い一方で細い筒が長いモノなので持ち方に苦労しました。動く被写体を撮影する、固定して手振れを防ぐには修業が必要です。

もう一つの目的「②一流のレースと出走馬」…

12年前から「一流に触れるプロジェクト」をしています。2011年のジャパンカップにはフランスの凱旋門賞優勝馬のデインドリーム(ドイツ)とドバイWC優勝馬のヴィクトワールピサ(日本)が出走します。

それを迎え撃つ日本馬も一流がそろっています。まさに「一流」プロジェクトに相応しいレースとなりました。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。