スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプトの道② 旧丸山変電所

じんわりした登り坂が続きます。有り難いことにアップダウンは激しくありません。元々、電車が走っていた場所ですから勾配が緩やかになる様に整備されています。

昭和38年まで群馬県側の横川駅と長野県側の軽井沢を結ぶ路線として活躍し続けた碓氷線※が遊歩道になっています。それがアプトの道です。

※碓氷線は信越本線の横川⇔軽井沢間の通称
生涯学習!by Crazybowler-アプトの道
「アプトの道 起点」と書かれた看板の距離とパンフレットの距離が微妙に違います。おおよそ最終地点のめがね橋までは約5㎞弱の登り道が続きます。

アプトの道起点 距離表示
[]…看板、()…パンフレット
碓氷関所跡 [0.3㎞](0.5㎞)
旧丸山変電所 [1.6㎞](1.8㎞)
峠の湯 [2.6㎞](2.8㎞)
碓氷湖 [3.7㎞](3.8㎞)
めがね橋 [4.7㎞](4.9㎞)

前回のブログにあった碓氷関所跡から遊歩道に戻り真っ直ぐに伸びた道をひたすら登ります。  
生涯学習!by Crazybowler-アプトの道 旧丸山変電所
起点から30分程歩けば旧丸山変電所に到着します。明治45年(1912年)に国鉄が日本で最初に電化した路線です。当時としては日本で最も急勾配を行く列車でした。

なぜ電化したか⇒蒸気機関では限界があった。
①遅い速度
②低い輸送力
③トンネル内の煙
生涯学習!by Crazybowler-アプトの道 旧丸山変電所
軽井沢側に機械室、横川側に蓄電室があり電気を機関車に供給していました。1963年に新幹線が開通するまでその役割を果たしていました。

1994年に国の重要文化財に指定され2002年にはボロボロなった建物の修復工事も完了しました。
生涯学習!by Crazybowler-アプトの道 旧丸山変電所
表側が大変きれいです。でも、裏も見なければ気が済まない性格な私…回ってみました。表とは違いガラスは割れ歴史を感じさせます。こういう情景に趣を感じます。
生涯学習!by Crazybowler-アプトの道
歴史的な建造物を過ぎ遠くまで見える道をさらに登ります。ちなみに道は線路が顔を出すようにコンクリートで舗装されています。途中、線路は川に架かった橋の上を行きます。
生涯学習!by Crazybowler-アプトの道
あれ?線路が草むらの中に消えました。道は左に向かいもう一本の線路の下をくぐります。峠の湯に着いた様です。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。