スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本男子の人気と実力 バレーボール

女子に比べると人気が低迷しています。11月20日から12月4日までは男子のワールドカップです。最大の理由が成績です。

<FIVB世界ランキング(10/2時点)>
女子:4位
男子:18位

ランキングらから世界トップクラスか否かが分かります。女子人気は女性だからというだけでなく実力があるからです。これはなでしこJAPANでも同様の話です。
生涯学習!by Crazybowler-バボちゃん
<メダル獲得数男女比較>
オリンピック
男子:金1回('72)、銀1回('68)、銅1回('64)
女子:金2回('64、'76)、銀2回('68、'72)、銅1回('84)

ワールドカップ
男子:銀2回('69、'77)
女子:金1回('77)、銀2回('73、'81)

男子はオリンピックは1972以来、ワールドカップでは1977年以来メダルがありません。一方、女子はオリンピックは1984以来、ワールドカップでは1981年以来メダルがありません。

<最後のメダル以降の男女成績比較>
オリンピック
女子[1988年~2008]:最高順位:4位('88)、最低順位9位('96)、最終予選敗退('00)
男子[1988年~2008]:最高順位:4位('76)、最低順位11位('08)、最終予選敗退('80、'96、'00、'04)

ワールドカップ
女子[1985年~2011]:最高位4位('85、'89、'11)、最低順位7位('91、'07)
男子[1988年~2008]:最高順位:4位('91)、最低順位10位('99)

男子はワールドカップで'81~'95までは4~6位の間で踏ん張っていました。しかし、1999年以降は9~10位と低迷しています。2000年台に入りオリンピックに出場できたのは3回中1回('08北京)だけです。
生涯学習!by Crazybowler-バボちゃん
女子に人気が集まるのはメダル圏外でも一定の強さを維持したからでしょう。男子が強く人気があった時代には猫田という名セッターがいました。

やはり強いチーム、名選手がいるチームは人気が上昇します。

<女子バレーと男子バレーの観戦する違い>
女子:小技が多く、ボールが落ちにくい、ラリーや粘りなど手に汗握る
男子:スピード、パワーは女子の比にならない。その分、女子に比べあさっりと得点が決まって行く。

女子は粘りや小技を、男子はスピードやパワーを楽しむというアングルで観戦すればどちらも十分に楽しめます。何よりも2m超え選手が当たり前になった男子は迫力満点です。

ただ、女子の様に男子もメダルを狙えるチームにならないと興味は半減してしまうでしょう。

日本男子は女子に負けずに賢く努力するしかないでしょう。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。