スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと楽に不真面目に!? ワールドカップ女子バレー2011

待ちに待った!女子チームにとってロンドン五輪の切符(3位以内)と1981年以来のメダルをかけたワールドカップバレーボールが始まりました。

昨年の世界選手権では32年振りに銅メダルを獲得して世界ランクも3位まで上がりました。現在は世界ランク4位です。
$生涯学習!by Crazybowler-世界バレー国立代々木競技場第一体育館2010/11/10
(2010世界バレーロシア戦の写真)

残念がら世界バレー銅メダル時のミドルブロッカーの井上と山本が怪我で出場できません。でも、運よく世界ランク3位のロシアがヨーロッパ予選で敗退してメダルのチャンスは増えました。

トップ2のブラジルとアメリカの実力は抜けています。初戦でいきなり対戦しました。

アメリカ3-1ブラジル

夏にあったワールドグランプリではアメリカが優勝しています。その勢いそのままです。

4位日本、5位セルビア、6位中国、7位イタリアまでは実力的に拮抗しており勝ち負けは五分五分です。初戦で日本はイタリアと対戦しました。

ちなみにセルビアと中国は初戦をスレート勝ちしました。

4連勝中ですがアルゼンチンからの帰化したコスタグランデの代表加入でレベルアップしています。結果は、…

日本1-3イタリア
江畑 19, 木村 15, 荒木 10, 新鍋 10, 山口 4,

日本のスターティングメンバー
新鍋 荒木 木村
江畑 山口 竹下

176㎝のMBか…ベストメンバーでない日本の苦しい…。残念はことはミスが多かったことです。それじゃ、レベルアップした強豪には勝てないよね。

3位以内の獲得は相当難しい大会になりそうです。

<気になった点>
○そこでのミスは痛い!
流れが良い時にサーブミスをして自ら流れを断つことが気になります。少々ギャンブル性が高いサーブをしている様に見えます。

肝心なのはメリハリでは?

○ここぞという時の集中力
日本チームは最初から気を張り過ぎて肝心な時に失速している様に見えます。海外強豪と呼ばれるチームはここぞ!という時の爆発力があります。

(2010世界選手権の時はできていたのに…)

もっと楽に!

○何しろサーブレシーブ、スパイクレシーブ
日本が勝つには相手異常にレシーブを決めるしかない!

○夏のワールドグランプリから何かがおかしい…
頭で考えすぎている様な感じです。サッカーのザックジャパンでも監督の指示を頭で考え過ぎて動きを殺してしまうことがありました。

試合なったら感覚を信じてもっと自由でいいじゃん?

(日本人はくそ真面目な民族なので要注意!データが主役でなく補助で選手が主役だと思う。)

気持ちに余裕があれば視野も広がり、レシーブもスパイクももっと決まるかもしれません!

ほいじゃ

P.S, 江畑(176㎝)、新鍋(175㎝)、竹下(159㎝)、荒木(186㎝)は活躍していました!明日以降も期待!

狩野(185㎝)と岩坂(187㎝)のコンビはもっと見たい!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。