スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回 尾瀬ヶ原から至仏山へⅧ 尾瀬⑫

標高2156mの小至仏山から道は一気に下ります。目指すは出発地点でありゴールでもある鳩待峠です。至仏山から小至仏山までは1.1㎞、小至仏山から鳩待峠までは3.4㎞です。

一般的に下山中の負傷率が高いので要注意!
生涯学習!by Crazybowler-至仏山 鳩待峠へ
次に用事があり時間に追われていました。至仏山から鳩待峠までの4.5㎞は撮影以外ノンストップで歩きました。この時に受けた下りでの衝撃がダメージとなり1週間ほど残りました。
生涯学習!by Crazybowler-至仏山 鳩待峠へ
下山中に妙な場所を見付けました。木道が空に向かって伸び切れています。見晴台の様なものなのでしょう。時間との闘いになっていた私にはそこでゆっくりする余裕はありませんでした。
生涯学習!by Crazybowler-至仏山 鳩待峠へ
高山植物が広がる光景が終わり木々に覆われた登山道に入る手前で立ち止まりました。最後に尾瀬ヶ原をもう一度眺めました。6㎞もの長さに渡って広がる湿地帯を上から見る機会はそうそうありません。
生涯学習!by Crazybowler-至仏山 鳩待峠へ
木々に囲まれた山道が途中で悪沢岳、笠ヶ岳方面への道と鳩待峠へ向かう道とに分かれます。鳩待峠の道を選択して少し進むと小さな湿地帯「オヤマ沢田代」があります。
生涯学習!by Crazybowler-至仏山 鳩待峠へ
1mの程度の小さな池塘もあります。オヤマ沢田代帯に架かる木道は50mほどしかありません。まさにプチ尾瀬ヶ原です。尾瀬ヶ原の周辺には他にも小さな湿地帯が点在しています。
生涯学習!by Crazybowler-至仏山 鳩待峠へ
7月30日尾瀬に降った大雨の影響なのでしょう?1m以上、道がえぐれている箇所がありました。下山中に3箇所この様な場所に遭遇しました。登山道は人だけでなく水の通り道でもあります。
生涯学習!by Crazybowler-至仏山 鳩待峠へ
超ハイペースで歩き続けました。下りでは一部小走りをしていました。平坦な道では世界選手権で見た競歩をイメージして歩きました。欲張って色々な物を見ようとした結果です。

9:30鳩待峠
↓ 5.5㎞(標高差-176m)
10:25尾瀬ヶ原 三又着 気温18.9℃
10:30尾瀬ヶ原 三又発
↓ 2.2㎞(標高差0m)
10:50山の鼻着(トイレ&休憩)
11:20山の鼻発
↓ 2.9㎞(標高差+813m)…途中休憩15分
14:00至仏山山頂着 気温12.9℃
14:30至仏山山頂発(小至仏山経由)
↓ 4.5㎞(標高差-637m)
15:50鳩待峠着

下山時にはすでに脚が筋肉痛でした。1週間ほどで痛みは完全に引きましたが、濡れたシャツを着替える間もなく次の目的地へ向かったので2,3日体調を崩しました。

反省点で濡れたシャツは下山後に着替えましょう!

晴れた日に人生でも5本の指に入る絶景を巡れた事に感謝しました。体へのダメージに見合うだけの何かを得ることができました。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。