スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月30日の大雨 戸倉~鳩山峠~尾瀬ヶ原 尾瀬①

2年振りです。鳩待峠経由で尾瀬に入りました。9月の連休だったのでマイカー規制がかかっていました。戸倉で駐車場に車を止め公的な輸送に委ねるしかありません。調査不足で想定外…。

駐車場は24時間で1000円、交通機関は往復1800円です。合計2800円です。
生涯学習!by Crazybowler-尾瀬 鳩待峠へ
マイカー規制がない時は鳩山峠の駐車料金が2500円なので少々お得です。ただ、タクシー・バスでは情報収集ができます。運転手さんの話では7月30日の大雨で道が所々崩れているそうです。

私は山口県の萩にいたので全く知りませんでした。そう言えば萩のブログをまだ書いてなかった…。
生涯学習!by Crazybowler-尾瀬 鳩待峠
鳩山峠に到着です。この日に予定した行程は鳩山峠から至仏山へ登り、そこから尾瀬ヶ原に下り歩き回る設定でした。ところが、また調査不足による想定外が発生しました。

元々の行程:鳩待峠⇒至仏山⇒山の鼻ビジターセンター⇒尾瀬ヶ原(三又)⇒山の鼻ビジターセンター⇒鳩待峠
生涯学習!by Crazybowler-尾瀬 鳩待峠
至仏山登山口に職員の方がいました。至仏山の頂上から尾瀬ヶ原へ下る道は通行止めになっているそうです。2年前からだそうです。理由は登山者の自然破壊でした。

岩場を怖がった下山客が登山道を外れ山腹を歩いたため貴重な植物が枯れてしまったそうです。

鳩山峠から直接に至仏山へと登ると尾瀬ヶ原に降りらず行程変更を余儀なくされました。想定以上にきつい行程になります。

新しい行程:鳩待峠⇒山の鼻ビジターセンター⇒尾瀬ヶ原(三又)⇒山の鼻ビジターセンター⇒至仏山⇒鳩山峠
生涯学習!by Crazybowler-尾瀬 鳩待峠から
気を取り直して鳩待峠から尾瀬ヶ原に下る道に入りました。尾瀬ヶ原に行ったことがない人はびっくりするかもしれませんが、尾瀬ヶ原へ行く時は下り、帰りは登りです。登山と逆です。

所々で7月30日の大雨の傷跡が目に止まります。木道が一部新しくなっています。
生涯学習!by Crazybowler-尾瀬 鳩待峠から
川上川に合流する手前の急な下りで斜面が崩れた痕跡がありました。ブルーシートが痛々しく広げられています。人がメンテしなければ登山道など自然の力であっという間に消えるんですね。
生涯学習!by Crazybowler-尾瀬 鳩待峠から
川上川には大木が倒れています。1ヶ月半以上経過してもそのままです。他に被害の大きい場所があり優先順位が引き下げられたのでしょう。7月30に大雨とはどんなに凄いものだったのでしょう?
生涯学習!by Crazybowler-尾瀬 鳩待峠から
木道も未だに修繕中です。尾瀬ヶ原に近くなった頃に工事をしている人に出会いました。改めて破壊の規模が大きかった事を認識させられました。

自然の破壊力を実感した行程でした。そして、私達のアウトドアライフは人間によるメンテナンスによって成り立っていることを再度認識させてくれました。

尾瀬は東京電力が管理しています。原発事故の処理で手放すのか?そうしたら今の姿は維持できるのか?複雑な問題です。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。