スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山道は水の道 登山(地蔵岳 赤城山)

人間はミスを繰り返す生き物です。前回の登山で平地を歩く様なハイペースで登ってしまい中盤でバテてしまいました。平地でのウォーキングと山登りは歩き方を変える必要があります。

最初の緩い勾配で自然とペースが上がってしまいました…。
生涯学習!by Crazybowler-赤城神社 赤城山
群馬県前橋市の赤城山の頂上はカルデラ湖「大沼」を13の山々が囲んでいます。最高峰は標高1828mの黒檜(くろび)山です。私は標高1674mの地蔵岳に登りました。
生涯学習!by Crazybowler-赤城山 地蔵岳 新坂平コース
地蔵岳にはいくつかの4本の登山道があります。私は標高1470mの新坂平から登りました。最初は緩い登りが続きますが勾配が徐々にきつくなって行きます。

坂がきつくなった所で心拍数が上がり過ぎ小休止しました。
生涯学習!by Crazybowler-赤城山 地蔵岳 新坂平コース
心拍数を落としペースに注意しながら登り始めました。途中に見晴山コースとの合流地点に出ます。この時点で頂上までは800mです。平地なら一瞬で行ける距離です。そうでないのが山です。
生涯学習!by Crazybowler-赤城山 地蔵岳 新坂平コース
次第に道が悪くなります。台風の後だったので登山道に水が流れ深く削れていました。干上がった川を歩く様なものでした。すでに道と呼べる状態ではありませんでした。
生涯学習!by Crazybowler-赤城山 地蔵岳 新坂平コース
冷静に考えると山に落ちた雨は通り易い所を探してして下って行きます。人にとって登山道が通り易い様に水にとっても最適の通り道です。
生涯学習!by Crazybowler-赤城山 地蔵岳 新坂平コース
頂上に近づくと登山道に大きな石がゴロゴロと転がっています。まるで水のない渓流です。大きな石は足場としては最悪です。踏ん張れません!おまけに勾配はさらにきつくなります。

登山道は水の道だと痛感しました。

トレッキングシューズを履いていましたが滑りました。登山用のブーツの方が良かったでしょう。

又、最初のオーバーペースがなければもう少し楽に登れたかもしれません。

人間にできることは同じミスを繰り返さない様に努力をすることです。次回の登山に向け良いステップになりました!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。