スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフルホット蕎麦 文化の融合と日本文化

日本食の家庭料理は地味過ぎる!京都の料亭出される懐石料理などは色合いも美しいが家庭で調理すると地味になりがちです。

男の適当料理研究家は考えました。そうだ!欧米ぽくすればいいんだ!
生涯学習!by Crazybowler-ピーマンとパプリカそば
スパゲティ用に買ってあったピーマンとパプリカを蕎麦に使いました。丁度、ラーメンが食べたかったので温かい蕎麦にしました。

カラフルホット蕎麦
ピーマン、パプリカ、人参 適量
トウガラシ 適量
豚のヒレ肉(おまけ)
Mitsukan追いがつおつゆ

とても赤、緑、黄色とカラフルな蕎麦になりました!想像以上に美味しく食べられました。
生涯学習!by Crazybowler-さんま
色合いは料理のとって重要です。視覚的に美味しさを提供することができます。しかし、見栄えが映えなくても素晴らしいのが日本食です。まずは秋のサンマです!
生涯学習!by Crazybowler-新米
そして、秋の新米です!

どちらもカラフルどころか単色に近い地味な見栄えです。しかし、視覚的にも食欲が湧きます。脂の乗った魚肉、ホクホクで甘味のあるお米を想像するからでしょう。



わびさびや旬を重んじる日本文化の良さは捨てがたいものがあります。

同時に彩(いろどり)に満ちた外来の文化もまた捨てがたいのも人情です。

それを融合させる力こそが日本文化の良さではないかと思います。

そこから新たな文化が生まれるのでしょう。それこそ日本です。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。