スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土石流の跡 弥山 安芸の宮島(厳島)

景色が開けると心の負荷が抜け体まで軽くなる様です。厳島の最高峰「弥山」への登山道です。もっとも険しくもっとも見所が多い大聖院コースから登っています。

山の中腹には自然による大規模な破壊の跡を見ることができます。
生涯学習!by Crazybowler-弥山 厳島 大聖院コース
平成17年の台風14号で起きた土石流の被害が一番ひどかった場所に到着しました。今まで通って来た緑の道と比較すると急に殺風景になった感じがします。
生涯学習!by Crazybowler-弥山 厳島 大聖院コース
絶景とは反対側には白糸川砂防1号堰堤と茶色くなった荒れ果てた山肌が見えます。調べるとこの辺りの山肌が大規模に崩れ土石流になったそうです。
生涯学習!by Crazybowler-弥山 厳島 大聖院コース
その時に見所の一つ「遊女の石畳」も流されたそうです。その後、石畳は別の場所に移され再建されました。今は人工的な遊歩道ですが元々は自然の中の風情のある石畳でした。
生涯学習!by Crazybowler-弥山 厳島 大聖院コース
珍しく緩やかな道が続く道でした。ここまでの道程が嘘の様に軽快に進めました。少し歩くとまた階段が現れます。石畳に比べると明らかに古いものだと感知できます。
生涯学習!by Crazybowler-弥山 厳島 大聖院コース
木々に囲まれた登山道の階段を一歩一歩進むと弥山への道、大聖院コース、奥の院への道、大元コースの4つが交わる広場に出ます。弥山を見上げるともう一踏ん張り必要な事を心に留めました。
$生涯学習!by Crazybowler-弥山 厳島 大聖院コース
休まずに弥山への道へ進むと「仁王門跡」に出ました。石畳の両側には小石が竜の様に積み上げられています。積み上げ方は素晴らしくまるで生きているかの様に思わせました。
$生涯学習!by Crazybowler-弥山 厳島 大聖院コース
ここはその昔に立派な門があった場所なのでしょう。再建されずに「跡」として語りつがれて行くのでしょう。

大自然は人の文化や歴史などをいとも簡単に破壊します。

まるでそこに何もなかったかの様に。それをあったかの様に記憶に残す努力をするのが人です。

自然には歴史や文化は何の意味を持ちません。しかし、人には辿って来た道を大事する習性があります。

ブログに刻むことも同じなのかもしれません。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。