スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一休み 大聖院 その5 安芸の宮島(厳島)

その空間は穏やかで心に付着した重みがすっとはがれて行きました。安芸の宮島にある大聖院を訪れた時のことです。32度を超え夏らしい7月末の1日でした。
生涯学習!by Crazybowler-大聖院観音堂 厳島
何十畳もある広い部屋で一人座り休憩をしました。都会人からすればまさに非日常的な体験です。中は夏の日差しが強い外とは別世界でした。
生涯学習!by Crazybowler-大聖院観音堂 厳島
大聖院(だいしょういん)は厳島の最古の寺院です。その中で最大の建物は観音堂です。自由に中に入れる様になっています。旅の小休止にぴったりです。
生涯学習!by Crazybowler-大聖院観音堂 厳島
外を見ると桃山時代に作庭された庭園が目に入ります。400年以上前から受け継がれた庭です。庭のない生活をする私にとってこれもまた非日常的な体験です。
生涯学習!by Crazybowler-大聖院庭園と摩尼殿 厳島
庭園のさらに上方に摩尼殿が見えます。かなりの高低差があります。ここへ来る途中に祈祷(きとう)をしている所を見ました。

祈祷とは願いを叶えるために祈りを捧げることですが、私は何を祈祷したいのだろう?自問自答を繰り返しました。
生涯学習!by Crazybowler-大聖院観音堂 厳島
観音堂の高い天井を見上げると絵で埋め尽くされています。仏教には詳しくない私なのでそれが何を意味するかは分かりません。ご利益があるからその絵があるのだろうと想像しました。

デザインとしても質素な空間に華を添えます。
生涯学習!by Crazybowler-大聖院観音堂 厳島
この場所は豊臣秀吉が九州遠征へ行く途中に立ち寄り茶会を開いたところです。観音堂には当時を描いた絵が壁にかけてあります。状況は違うにせよ同じ癒しを感じたのではないでしょうか?
$生涯学習!by Crazybowler-大聖院 厳島
「明治天皇行在所跡」と書かれた札も掛けられています。行在所(あんざいしょ)とは天皇の行幸のときに旅先に設けた仮宮のことです。行宮(あんぐう)とも言います。

そんな歴史ある建物でゆっくりできた私は幸せ者です。

仏教とは葬式くらいでしか触れる機会のない私ですが最近はその思想や教えについても読む様になりました。

年を取ったのですかね?

迷いがあるのですかね?

…もしかしたら旅をして寺を訪れることが増えたからなのかもしれません。

年齢、状況問わず仏教の教えは時に私たちの行く先に光を投じてくれることがあります。迷ったらそんな本を読むと答えに導いてくれるかもしれません。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。