スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海上から見る日本三景 安芸の宮島(厳島)①

三度目です。日本三景、世界遺産、国宝、特別天然記念物という称号が詰め込まれた厳島(いつくしま)です。通称の安芸(あき)の宮島です。

何度来ても飽きません!弥山(みせん)の雄大な自然がまた魅力です。
生涯学習!by Crazybowler-海からの宮島
厳島は広島湾の北西部にあります。最寄駅はJR山陽本線の宮島口です。そこから徒歩で港まで行くとフェリーに搭乗できます。10分程で対岸の厳島に到着します。

大きな地図で見る
古代から厳島は自然崇拝の対象でした。松島、天橋立と並び日本三景のひとつです。標高535mの弥山に広がる原始林は国の特別天然記念物でありユネスコの世界遺産です。

そして、近年では弥山がパワースポットであると言う人もいます。
生涯学習!by Crazybowler-海からの宮島
広島と言えば牡蠣(かき)です!ここ宮島でも養殖されています。秋も深まると美味しい牡蠣を楽しむこともできます。牡蠣のこともあり「秋の宮島」だと思っていました…。
生涯学習!by Crazybowler-海からの宮島
海上に浮かぶ大鳥居が近づいて来ます。厳島の象徴的存在です。これを見たくて訪れる人も多いでしょう。引き潮の時は地面が現れ島から鳥居まで歩いて行けます。
生涯学習!by Crazybowler-海からの宮島
厳島神社 大鳥居
平安時代から8代目
明治8年(1875)再建
高さ:約16.6m
棟の長さ:24.2m
主柱周り:9.9m
総重量:60t
生涯学習!by Crazybowler-海からの宮島
千畳閣と五重塔は海から見てもその存在感を十分に誇示しています。国の重要文化財です。千畳閣は通称で正式名は豊国神社(ほうこくじんじゃ)です。

豊臣秀吉が1587年に発願して建築が始まりましたが1598年にその死で未完成のまま現在に至っています。

明治になってから豊臣秀吉公と加藤清正公が祀られ豊国神社になりました。

桁行41m 梁間22m 単層本瓦葺入母屋

千畳と言いながら実は857枚の畳を敷ける広さです。まあ、実際に間近で見ると「千畳」ありそうな巨大な建造物で違和感はありませんが。

五重塔は高さ27.6m、方が3.6mの立派な建造物です。1407年に建立されたさらに古い塔です。

これから安芸の宮島の旅が始まると思うとワクワクして来ます。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。