スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外郎 名前から想像できない旨さ!

何でこんなに旨い菓子がメジャーにならないのだろう?外郎です。「そとろう」と読むのでなく「ういろう」です。山口に行った時に購入した黒糖外郎です。

外郎は室町時代から日本にある蒸し菓子です。「黒糖ういろう」が元祖の姿だと言われています。
生涯学習!by Crazybowler-ういろう(外郎)
(フラッシュオンで撮影)
江戸時代に製法が各地に広まり作られる様になりました。小田原市、名古屋市、京都市 、山口市のものが知られています。

絶妙な柔らかい食感に程良い甘さが現代向けだと思います。
$生涯学習!by Crazybowler-ういろう(外郎)
(フラッシュオフで撮影)
現在の博多が発祥の外郎家があります。外郎薬という薬の方が先に存在していた様です。この薬に似ていたために御菓子も外郎と呼れたとう説があります。

<外郎の作り方>
○穀粉に砂糖を練り合わせ蒸す。
○穀粉には米粉(うるち米、もち米)、小麦粉、ワラビ粉などが用いる。
○砂糖には白砂糖、黒砂糖などが用いられる。
(小豆あん、抹茶など、様々な物が加えられることもある)

ちなみに外郎家二代目から京都に移り、この頃に外郎の知名度が上がりました。その後できた小田原の分家も栄えた様です。

名前の「外」と「郎」から想像もできない「柔らかい」上品な御菓子です。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。