スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石器を作るオジサン 岩宿遺跡⑤

黒曜石の実用性と輝きに魅了されました。

石器人はどの様に石器を作ったのだろうか?言葉でなく実際に見てみたいと思っていました。日本で初めて旧石器人の遺跡が見付かった岩宿遺跡(群馬県)にある「ふれあい学習館」で目撃しました。
生涯学習!by Crazybowler-ふれあい学習館 岩宿遺跡
オジサンが石器を作っていました。鹿の角で黒曜石を叩き砕いていました。黒曜石は剥離し易く鋭利に砕けます。膝の上には動物の皮をひき砕きまくっていました。
生涯学習!by Crazybowler-ふれあい学習館 岩宿遺跡
オジサンに色々と聞きました。翌日に来る小学生のために石器作りの準備をしていたそうです。黒曜石という石は岩宿遺跡の付近では取れないそうです。

一番近い産地は長野県だそうです。

旧石器時代の頃からすでに貿易をしていたんですね!
生涯学習!by Crazybowler-ふれあい学習館 岩宿遺跡
ちなみに左の石は使えるもので右の箱に入った石は失敗作だそうです。「結構、失敗するんだよね」とオジサンは言っていました。仕上げは小学生がやります。
$生涯学習!by Crazybowler-黒曜石
生産効率とか品質とかはこの頃から考えられていたに違いありません。

遠くから輸送して来た貴重な黒曜石です。旧石器人はより良い歩留りで加工したに違いありません。

砕いた屑も再利用していたと推測します。私が旧石器人ならそうしたでしょう。

最近はモノづくりをしない「モノづくり大国日本」…もう一度原点に帰ったら良いのでないでしょうか?

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。