スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊園の中にも歴史 天王寺五重塔跡 谷中霊園

霊園が公園で史跡があります!谷中霊園は東京都公園協会のホームページ「公園に行こう!」に掲載されています。犬の散歩やランニングをしている人とすれ違います。
生涯学習!by Crazybowler-谷中五重塔
加えて、東京都指定史跡である天王寺五重塔跡(別名:谷中五重塔跡)があります。跡というだけあって塔はそこにはありません。昭和34年(1957)7月6日の午前3時40分頃に出火しました。

消防車17台が出動したにも関わらず3時間後に全焼したそうです。
生涯学習!by Crazybowler-谷中五重塔
これは「谷中五重塔放火心中事件」として知られています。焼け跡から48歳男性と22歳女性の焼死体が見つかったそうです。調べて行くと不倫を清算するために心中したそうです。

1844年 最初の五重塔が建立
1722年 大火で焼失
1791年 五重塔が再建

上野戦争、関東大震災、戦時中の空襲からも焼けずに残った歴史的建築物が昭和34年に焼失したということです。その後、再建されることなく今に至っています。
生涯学習!by Crazybowler-谷中五重塔
五重塔は総欅造り高さ34.18mある関東で一番高い建物でした。「上野寛永寺」・「浅草浅草寺」・「池上本門寺」を合わせ“江戸四塔”と呼ばれていました。

1908年(明治41年) 東京市に寄贈
(この時に谷中霊園の土地も寄贈した)
1957年(昭和32年) 焼失

明治時代に天王寺町に住む幸田露伴がこの塔をモデルに名作「五重塔」を書きました。この谷中のランドマークを惜しむ人々が今でも再建のために尽力を注いでいるそうです。
生涯学習!by Crazybowler-護国山尊重院天王寺
現在は東京都の所有になっていますが、その前は天台宗・護国山天王寺の建物でした。

1274年 日蓮宗・長耀山感応寺が開山
1633年 護国山天王寺
1699年 天台宗に改宗

これは江戸幕府が日蓮宗の一派「不受不施派」を邪宗として弾圧をしていました。日蓮宗14世日饒、15世日遼は八丈島へ島流しに処せられました。

廃寺になる事を惜しんだ比叡山、東叡山、日光山のトップ輪王寺宮公弁法親王によって改宗、改名が行われました。護国寺天王寺は日暮里駅のすぐ手前に今でも健在です。

江戸時代の宗教問題、昭和の不倫?に翻弄されながらも人々に愛された五重塔は霊園の中で歴史の証人として再建される日を待っている様です。

大きな地図で見る
私も立派な五重塔がこの地で観たいと思う反面、今のご時世ではそれ程の財力と思いがある人は中々現れないのではないかと思います。

区にのランドマークなのでどこまで金を出せるかが課題でしょう。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。