スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳川慶喜 墓所 谷中霊園

最後の将軍の墓…徳川家の将軍は一代から七代までは霊廟に葬られ、八代から十四代は霊廟に合祀されました。ところが第十五代最後の将軍である慶喜は違います。

谷中霊園内に神道形式で葬られています。
生涯学習!by Crazybowler-徳川慶喜墓所
徳川家康(1543年 - 1616年)久能山東照宮・日光東照宮
徳川秀忠(1579年 - 1632年)増上寺 台徳院霊廟
江 崇源院(1573年 - 1626年)増上寺 崇源院霊牌所
徳川家光(1604年 - 1651年)輪王寺 大猷院霊廟
徳川家綱(1641年 - 1680年)寛永寺 厳有院霊廟
徳川綱吉(1646年 - 1709年)寛永寺 常憲院霊廟
徳川家宣(1662年 - 1712年)増上寺 文昭院霊廟
徳川家継(1709年 - 1716年)増上寺 有章院霊廟

※吉宗以降は倹約の為もあり、大規模な霊廟は建築されず宝塔が建立された。

徳川吉宗(1684年 - 1751年)寛永寺、院号:有徳院
徳川家重(1711年 - 1761年)増上寺、院号:惇信院
徳川家治(1737年 - 1786年)寛永寺、院号:浚明院
徳川家斉(1773年 - 1841年)寛永寺、院号:文恭院
徳川家慶(1793年 - 1853年)増上寺、院号:慎徳院
徳川家定(1824年 - 1858年)寛永寺、院号:温恭院
徳川家茂(1846年 - 1866年)増上寺、院号:昭徳院
生涯学習!by Crazybowler-徳川慶喜墓所
徳川慶喜(1837年 - 1913年)谷中寛永寺墓地(谷中霊園内、神道形式で埋葬)

谷中霊園は都の墓地であり公益財団法人東京都公園協会のホームページ「公園へ行こう」に掲載されています。園内マップを見ると慶喜公の墓地と徳川家墓地は寛永寺の管理になっています。
生涯学習!by Crazybowler-徳川慶喜墓所
円墳の横に「(従一位)勲一等徳川慶喜之墓」と書かれています。鳥羽伏見の戦い以降、朝敵として追われる身になった慶喜公は謹慎生活に入りました。

明治2年 謹慎解除
明治5年 従四位に復帰
明治13年 正二位昇叙
明治21年 従一位昇叙
明治30年 東京・巣鴨に移住
明治31年、大政奉還以来30年振りに明治天皇に謁見
明治35年 公爵になる。貴族院議員になる
明治41年 勲一等旭日大綬章を授与
明治43年 慶久に家督を譲り貴族院議員を辞め、隠居
大正2年 死去 同日、勲一等旭日桐花大綬章を授与
生涯学習!by Crazybowler-徳川慶喜墓所
妻の徳川美賀子の墓もすぐ横にあります。公家の一条家の幼女となり徳川家へ嫁ぎました。当初は省子という名でしたが明治になってから美賀子に改名しました。

家督を継ぎ貴族院議員、第一銀行取締役、華族世襲財産審議会議長などを歴任した徳川慶久の墓も墓所内にありました。
生涯学習!by Crazybowler-徳川慶喜墓所
なぜ、他の将軍と違い仏式でなく神式の埋葬方法選んだのか?赦免してくれた明治天皇に感謝の意を示すためで自ら選んだと言われています。

最後の将軍が赦免された裏には勝海舟など元幕臣達の努力があります。

実は徳川慶喜の10男精(くわし)は勝家の養子になり家督を継いでいます。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。