スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉にない答え JIN-仁- 最終回

脳の根っこ辺りにジワーと来る感動をくれました。「JIN-仁-」の最終回を見終わって感じた事がいくつかありました。

「一人の人間の強い思いと行動は未来に影響する」
「人は悩み苦しみ答え出す生物」

「名が後世に残る事と功績は別物」
「時の流れの中で『残る』、『残らない』はさほど重要でない」

「意思や知識の遺伝は生物的遺伝と同じくらい人類に重要」
「人を思う気持ちは時代を超えて人を感動させる」

「フィクションはドキュメンタリーよりも真実が描かれている」という考え方があります。人を感動させるフィクションには人類として普遍的な真理が埋め込まれているのかもしれません。
生涯学習!by Crazybowler-JIN-仁-
JINの中にあるミステリーへの答えは劇中で語られていました。しかし、これも推測であり結局すべてはミステリーのままなのかもしれません。

①仁のタイムスリップ⇒ワールドAからパラレルワールドへ

②2人の仁⇒パラレルワールドのループ?
 ワールドAの平成の仁AはワールドBの江戸末期へ
 ワールドBの江戸末期からワールドBの平成へ仁Aはタイムスリップ
 仁Aは仁Bにより手術を受け、仁BはワールドCの江戸末期へタイプスリップ
 …この流れが無限に続く?
 ワールドAのタイプスリップする仁は誰?
 又は、ワールドAに仁Aは存在しなかったことに?

③腫瘍⇒胚細胞腫瘍
 龍馬の血を浴びた事で仁が持っていた腫瘍に龍馬の意思が入り込む!
 (臓器移植で好みが変わる現象に絡めている)
 取り出された腫瘍がどこへタイプスリップしたかは不明!

④歴史の修正力⇒記憶の操作により矛盾点を解消!?

ワールドBでは「東洋内科」とワールドAより優れた「保険制度」がありました。ワールドCではどんな世界が広がっているのでしょうか?
生涯学習!by Crazybowler-JIN-仁-
ミステリーの答えよりももっと大切な事があったと思います。このお話が「人としてどの様に生きるか?」という根本的なテーマを投げかけている点です。

そして、いくつか疑問も残りました。

①私が理由も分からずやっている事に理由があるのかも?

②歴史の修正力に似た事は現実にも起きているのかも?
 
③歴史の修正力とパラレルワールドは同じことかも?

現実の世界で不可思議な体験、説明がつかない経験と言うものは誰にでもあると思います。無理に説明をつけることで事実を曲げているのかもしれません。

言葉に表す答えより感じる何か方がより真理に近いのかもしれません。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。