スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は元の場所にない 東叡山寛永寺

徳川家の菩提寺は増上寺と寛永寺でした。増上寺は江戸時代より前からあった寺院ですが、寛永寺は江戸時代に入ってから建立されました。菩提寺とは先祖代々の菩提を弔い位牌を納める寺です。
生涯学習!by Crazybowler-東叡山寛永寺
江戸の初期には徳川家の菩提寺は増上寺のみでした。家康公、秀忠公は増上寺で葬儀をしています。家光公から4,5代目までは寛永寺に移りました。

6代目以降は増上寺と寛永寺の交代制(慣例)になりました。
生涯学習!by Crazybowler-東叡山寛永寺
寛永寺の正式名は東叡山寛永寺です。宗派は家康、秀忠、家光が帰依した天台宗です。1625年に天海によって建立されました。上野の山一帯が寛永寺領地になりました。

建立に辺り移転させられた下屋敷は、
①伊勢津藩主・藤堂高虎
②弘前藩主・津軽信牧
③越後村上藩主・堀直寄
生涯学習!by Crazybowler-東叡山寛永寺
秀忠が1622年に天海に与え、家光の頃に本坊(貫主の住坊)が完成しました。この本坊ができた年が建立年とされ寛永年号から寺の名前を取りました。

また、京都の鬼門(東北)にある比叡山にあやかり東の比叡山という事で「東叡山寛永寺」となりました。次々と建物が建立されて行きました。

寛永4年(1627) 法華堂、常行堂、多宝塔、輪蔵、東照宮
寛永8年(1631) 清水観音堂、五重塔
元禄11年(1698) 根本中堂

残念ながら幕末に彰義隊が戦った上野戦争でほとんど燃えてしまいました。
生涯学習!by Crazybowler-東叡山寛永寺
古地図を参考にして上の写真を見ると上野恩賜公園の噴水付近(現在工事中)が寛永寺の中心であったことが分かります。

奥の東京国立博物館:本坊
噴水付近(工事中):根本中堂と六角堂
撮影位置付近:文珠楼と両側の釈迦堂、阿弥陀堂
撮影位置背面:吉祥閣
撮影位置左側:鐘楼堂

東叡山寛永寺は今も残っています。どこに何が残っているのか確かめたいと思います!

歴史を紐解くと未来が見えます!きっとここからも何かが分かるでしょう。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。