スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しく女性、強い女 第95回陸上競技日本選手権

美しく女性、強い女性をたくさん見ました。熊谷で第95回陸上競技日本選手権3日目を観戦して普段仕事では見ないアスレチックな女性に刺激を受けました!

日本のトップを目指し日々練習をしているだけあって締まっています。
$生涯学習!by Crazybowler-第95回陸上競技日本選手権 女子走り幅跳び
日本の女子走り幅跳びの日本記録保持者は辛くも勝利しました。陸上好きな人には旧姓の池田という名前が頭に残っていると思います。カモシカの様な美脚の持ち主です。

女子走り幅跳び A標準6.75m/B標準6.65m
①井村 久美子 6m39 +1.5
②高武 華子 6m34 +0.2
③岡山 沙英子 6m29 +1.0
$生涯学習!by Crazybowler-第95回日本選手権 女子走り幅跳び
実は100mHでも日本歴代2位の記録を持っています!日本選手権で走り幅飛びの優勝は5回目、100mHでも優勝は2回あります。

井村 久美子
生年月日:1981年1月10日
出身地:山形県
身長/体重:166cm/53kg
自己ベスト:
走幅跳:6.86(2006.5)日本記録
100mH:13.02(2007.4)日本歴代2位
$生涯学習!by Crazybowler-第95回日本選手権 表彰式
女子走り幅跳びの表彰台です。印象的だったのは井村選手でなく3位の岡山選手でした。身長が179㎝あり目立つだけでなく、手が口元に終始置かれていたので泣いている?と思ったらただ眠そうなだけでした!
生涯学習!by Crazybowler-第95回日本選手権 女子400mH決勝
400m走をやった事がある人なら最後の100mの辛さを知っていると思います。それにハードルが加われば尚更です。男子400mHでは世界選手権銅メダル2回の為末選手が有名です。
生涯学習!by Crazybowler-第95回日本選手権 女子400mH決勝
女子400mHは記録的には世界から離されていますが「タフだな~」と思える選手がいました。優勝した久保倉選手です。日本記録保持者でもあります!
生涯学習!by Crazybowler-第95回日本選手権 女子400mH決勝
久保倉 里美
生年月日:1982年4月27日
出身地:北海道
身長/体重:161cm/52kg
自己ベスト:400mH:55.46(2008.10 大分国体)日本記録
400m:53.08(2007.6 日本選手権)日本歴代3位
生涯学習!by Crazybowler-第95回日本選手権 女子400mH決勝
他の選手はゴールした途端に倒れ込んでいる中でレース後も比較的清々しい顔をしていました。400mH自体が壮絶なレースなので倒れ込むのは当然です。久保倉選手はものが違うかもしれません。
生涯学習!by Crazybowler-第95回日本選手権 女子400mH決勝
アスリートは練習で絞り込み一見健康そうに見えます。しかし、専門種目は体の一部の機能に負荷をかけるので故障が多いのも事実です。健康かと言えばそうでもないかもしれません。

普段は体を絞り、高い目標に向う女性を見る事は殆どないので大変刺激になりました。この様な人達もいるですね!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。