スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジ怖かった 本山鉱山神社 足尾銅山

久し振りに太陽が出ている時間帯に恐ろしさを感じました。「関東ふれあいの道」という古河橋から銀山平へ向かう道に入ってすぐ本山鉱山神社があります。

世界遺産を目指しているのだから足尾銅山最古の神社は威厳があるのだろう…。

道路から一歩入ると急斜面の両側は廃墟の連続です。この辺りは木々が少なく明るいのでまだ恐怖感はありません。

何に使われていたのか大変興味が湧きます。

数十メートル進むと石段があり鳥居が見えて来ます。木々が深くなり始め人の気配は全くありません。石垣も石段もしっかりと作られています。

ところが鳥居の前に立つと一変します。参道の階段は崩れ廃墟と化していました。夕方だったこともあり暗くなり始めていました。

意を決して一人前へ進みました。

途中に小屋が崩れ放置されていました。その先から道らしい道がなくなりました。ここで心が折れてしまい引き返しました。

他の人のブログを見ると先へ進むと壊れた橋があり通行止めになっているそうです。上に進むには道なき山道を進むしかないそうです。

もう少し暗くなったら完全に肝試しでした!

怖さよりも暗いと危険です。あらゆる物が崩れかかった場所なので明るい内に行く事をお勧めします。晴れた日の方が良いと思います。

ちなみに本山鉱山神社は明治22年に鉱山所長と本山抗で働く鉱員が寄進して造られた神社です。元々は本山抗の傍らに小祠としてあったものを移したものです。

山神祭が毎年行われ最盛期には盛大に行われたそうです。

今では盛大から程遠い状態にあります。足尾銅山の世界遺産登録を目指すならばここから手を付ける必要があると感じました。

ほいじゃ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■これは、怖い…

うっかり、転んで気を失いでもしたら、
誰にも気がついてもらえず、夜になっていそうだ。まるで、千と千尋の神隠し…あれは、廃墟のテーマパークだったけれど。
bowlerさん、探検もほどほどに。

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。