スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破壊と再生 足尾銅山 銅親水公園②

日本のマチュピチュ?足尾銅山周辺の山々の風景です。日本のグランドキャニオンとまで言われた不毛の地だったところに緑を戻す活動そのものです。
生涯学習!by Crazybowler-銅親水公園
崩落防止装置が山腹に建設されています。まずは石を使ってブロック土留工をして土砂を留めます。基層工が終わると緑化工事のために木柵工をして肥料加え草の種を植えたり植樹をします。
生涯学習!by Crazybowler-銅親水公園
足尾銅山周辺の山々は亜硫酸ガスの排出により酸性化して約2500ヘクタールの森林を失いました。現時点で約1/3で植樹が完了しているそうです。

1973年 足尾銅山閉山
1989年 製錬所が事実上操業を停止

それから20年以上の月日が流れました。
生涯学習!by Crazybowler-銅親水公園
ここは赤倉山です。20年前には赤い不毛の山でした。地方とNPOの努力でここまで回復しています。人は自然破壊も再生もできる能力を持ってしまった!
生涯学習!by Crazybowler-銅親水公園
力を持つものは過去を学び未来への責任があります。足尾環境学習センターで自然破壊と再生の歴史を学習することができます。

足尾環境学習センター
大人:200円、高校生以下:100円、未就学児:無料
生涯学習!by Crazybowler-銅親水公園
銅親水公園には緑はあります。ここも元々、赤い台地となった場所です。しかし、現時点では美しい公園と呼ぶには程遠い状態です。

50年後、100年後の姿を想像したいものです。

真実の歴史は教科書です。そしては人は同じミスを2度と繰り返さない様に起きた事を伝え風化させない活動を続ける責任があります。

つづく…ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。