スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格差停電! 大きな問題を解決する時の鉄則

大手企業の上から目線を感じます!そして、強い物への媚(こび)も感じます。足立区、荒川区の区長がそろって東電へ「公平負担」を訴えました。

東京電力で計画帯電のグループ分けが変わりました。しかし、何が変わったのか?
生涯学習!by Crazybowler-読売ニュース2011/3/23
①5グループをさらに分解して各グループを5個に分け全25グループになりました。
②世田谷区、杉並区が外れた
③今まで計画停電がない地域はそのまま

私の住んでいる足立区の西北部は元々第4、第5グループに属していました。足立区がすべて入っている分けではありません!

計画停電の確率は40%(2/5)、最大1日6時間です。

変更後の内容を東電のページで検索すると、

---------
第4-Bグループ
または
第5-Bグループです。
---------

また、2グループに属していました!

結局、計画停電の確率が8%(2/25)です。第4,5グループは連続して計画されているで6時間連続停電の可能性はまだ残っています。

対象外の地域は計画停電確率は0%です。この格差をどの様に説明するのでしょうか?



真相が分りました!

東電関係者
「具体的場所や配線は明かせないが、両区の停電世帯は埼玉県の変電所から電気を引いているため、電力供給については23区はおろか東京都ですらない。いわば『埼玉県扱い』なんです」

埼玉なんですね…じゃあ、埼玉は良いのか!やっぱり格差です。



<疑問点>
①小学校があるがどうでもいいのでしょうか?

足立区の教員
「生徒たちも人ごとではない。停電地域の生徒は夜の勉強もままならないが、日々の宿題やテストは停電を回避している地域の生徒と同じ条件で出るからです」

②複数グループを一括りに停電地域に指定しないのでしょうか
③1日2グループに属する地域は停電が連続しないのでしょうか?
③真夏の電力消費ピーク時に他の地域の需要を一手に受けるのか?

2グループに属している地域にも、

中小零細企業はあります。
小規模ですが工場もあります。
同じように人の営みがあります。

荒川区の工場の社長
 「1日3時間の停電が続き、売り上げが激減しました。数時間は絶対に電気を切れない製造のため、停電の日は満足に操業できないのです。一律平等の停電ならやむを得ませんが、近所の同業者は停電を回避し、ウチだけ停電なのはどういうことなのか」



極端な言い方をすると8割に被害がなければ2割の被害は目を瞑るということでしょうか?

「国民が一体」になり協力しようと言うのは全くキレごとが言えるのは、痛みを受けてないから言える言葉なのかもしれません。

連日、大量に放送されるACのコマーシャルも直接的、間接的に被害を受けていない人が作り、そう言う人たちに言わせているのでしょう。

心が離れて行く人はどんどん増えるでしょう。



夕刊フジに届いたメールを引用します。

埼玉県主婦

「いまの計画停電1 件は、東京23区に電力供給するために23区の一部と千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城、山梨、静岡の住民が犠牲を強いられているだけ。東電管内全域で平等に停電すれば、不満や憤りを感じる人はいないでしょう」

荒川区住民

『協力は惜しまないが、なぜ一方的に固定されてしまうのか』



茨城県は地震の被害も原発事故の被害もありながら東北でないという事もあり何かと取り残され初めています。地域経済が疲弊してからでは手遅れです!

<大きな問題を解決する鉄則>

○大局からプランを作り最悪の事態を想定する。最悪の状態を避ける方法を固める。

 ⇒被災地から比較的近い地域が空洞化して経済的な疲弊が起きる事は想定内でしょう。
 ⇒緊急事態以外は優先ですが、それ以外は全体に目を向けてバランスを調整する。

部分最適化なり一局集中すると、歪が生まれ問題解決が予定外に長引きます。流れが上手く作れないと2次、3次被害を生み出します。

要するに「全体最適化」が究極のゴールです!

今の政府、東電の幹部には問題解決を直接やった事がない人が多いのでしょう。

これ以上、人の心が疲弊してバラバラにならない様に!社会的地位の高い人達はやるべき事がたくさんあります!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。