スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原「天罰発言」・ナベツネ「3月25日開幕宣言」を掘る!

石原慎太郎の「天罰発言」は一部で物議を醸しました。一部というは私の周りに知らなかった人の方が多かったからです。
生涯学習!by Crazybowler-東京2011/3/15

部分的な抜粋で報道している所も多く、ブログやコメントでは公人としての石原慎太郎を批判した内容が多くありました。

石原慎太郎(78)

政治、国家について大局で発言しています。「被災者はかわいそうですよ」と付け加えて「天罰」という言葉を使っています。

捉える側は「天罰」という言葉を「罰を受けた人=我欲、禁欲深い人」を捉えた様です。

要するに都知事という立場の人間がこの大惨事を「天罰」という言葉で表現にした事に問題があるということです。

同感です。

ただ日本のメディアは国際的に見てジャーナリズムのレベル低くゴシップ記者化、人気取りが横行しています。言葉の一部を抜き取り表面的に批判する傾向には同調したくありません。

震災後には多少より良くなりましたが本質的な部分は変わっていないと思います。



言葉の裏には意図があります。言葉も物事も同様に角度を変えると全く違った見え方がします。

無謀な言葉を使ってまで伝えたい事は何か?

老害!…78歳ですからそいう言葉で片付ける人もいるでしょう。人格を批判する人も多いでしょう。自分としては浅すぎると思います。

天罰という言葉から目をそらすと「ポピュリズム」、「我欲」というキーワードが浮かびます。

ポピュリズム…元々の意味は民衆の利益が政治に反映すべきという政治的立場を言います。しかし、報道で使われる意味は「人気取りに終始する政治」として使われます。

石原氏は新しくできた「減税党」を人気取りの党だと批判していました。

我欲…「自分一人の利益・満足だけを求める気持ち。(Yahoo辞書)」

あれ!?震災後も我欲にまみれた人がたくさんいますね。買占め現場をたくさん見ました。ガソリンには殺気立った人が押し寄せけんか腰で店員にあたる人もいます。

政治で言えば2週前までは国民の苦しみもそっちのけに自らの党の利益のために闘っていました。

一方で我欲に走り、一方で歯の浮くようなキレイ事を言っている人もいるのでは?

それらの事実は帳消しにして批判だけしていて良いのでしょうか?

大切な事は物事の表面でなく本質を捉え自らを顧みて正すことです。そして、周囲に良い影響を与えることです。

それから石原慎太郎を批判しても遅くはありません。都民なら選挙で投票をしないという手もあります。



渡辺恒雄(85)

3月17日にセリーグだけは予定通り3月25日の開幕を決定しました。選手会やファンからも不満の声が上がっています。

巨人のオーナー渡辺恒雄氏が強いく押していました。

現実問題として電力不足でナイターの電力消費量問題と交通の乱れがあります。やはり、パリーグと同じ4月12日がベターだと思います。

彼が言いたい事は「何でもかんでも止めれば言いとうものではない」⇒「できる方法を考えろ」ということだと思います。

メッセージはいま日本人に必要な事だと思います。ただ、電力問題は考慮するべきでしょう。

…こっちは老害?

25日は金曜日の夜なので電力的にナイターは無理でしょう。このまま延期されなければ26日(土)が1戦目になる可能性が高いと読んでいます。

とりあえず批判していても拉致が開かないので「やるなら現地に行ってその目で見よう」作戦に切り替えました!

20代の頃に仕事で「批判するなら提案しろ、分からないなら調べろ」と教えを受けました。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。