スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の素晴らしさと現実と対策

災害時でも規律を重んじる日本人の姿は世界の人から関心を集めています。災害時に略奪、秩序の乱れが発生しない事は多くの民族にとって脅威です。

被災地の配給でも深夜に電車が再開され列に並ぶ姿は不思議な光景です。
生涯学習!by Crazybowler-東京2011/3/15
米コロンビア大学のドナルド・キーン日本文化センター所長のグレゴリー・フルーグフェルダー氏は次の様に表現しています。

「日本文化の根底にある共同体意識は、災害のストレス下で平時よりさらに強く働いている」

災害国であり島国である日本の風土が育て気質だと私は思います。

「ストレスを乗り越える精神=辛抱強さ+和の心(共同体意識)」

戦後の普及などを考えれば負のエネルギーに強い民族なのでしょう。

日本人の素晴らしさの反面、負の部分も今回露出し始めています。そして、震災後の首都圏では買占めが一気に進みスーパーやコンビニの棚が空っぽになる状態です。

多くの人が協力する機運にあります。しかし、一部の人が我欲に縛られた行動に走り続ければ危機感は増して我欲の渦に沈みます。



地震前までの私たちは今と同じなのでしょうか?政治は足の引っ張り合い、地域社会はつながりを失い始め、家族はバラバラになって行く…。

孤独死、年金不正受給、消えた老人、虐待、モンスターペアレント、理由なき殺人、金拝主義、…。

震災後にメディアは揚げ足取りを止め、日本人を美化しはじめました。まるで今まで私たちがそこになかったかの様に…。

今は買占め、物資の盗難、悪意のあるチェーンメール、書き込み…。

被災地では普及の目途が立たずもめ事も増加しているそうです。これからは不当な値の釣り上げなど注意が必要です。

美談も広まる我欲によって、歯の浮くの様な話になりかねません。もう一二踏ん張りが必要な状況です。

大切なこと、

己を知ることです。どの様なストレスを受けると、どの様な負の習性、性格が出易いか…。

自らを俯瞰(ふかん)又はメタ認知によって観察してセルフコントロールをすることが大切です。

誰でも我欲はあります。大切なのはセルフコントロールです。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。