スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昔前の生活を想像して実行しよう!

一昔前の生活を想像して実行しよう!

日本が豊富な物資のある生活を営む様になったのは高度成長期以降です。

車が汎用化され、食料に溢れ、家電に囲まれれ、エネルギーが豊富にあり、街は夜でも明るい…。

戦争を潜り抜けた私の先輩、明治、大正の人、それよりも昔の人はより不便な状況で普通に生活をしえていました。

それでも、生活を営み立派に子孫を育てて来ました。



今、東京ではスーパーの棚から食料が消え
生涯学習!by Crazybowler-東京2011/3/15
ガソリンスタンドは昼間から閉店、開いていてもキロ単位の列です。
生涯学習!by Crazybowler-東京2011/3/15
大量消費生活を営んでいた現代人は「今、必要な分だけ使う」という事に行動をシフトしなければなりません!



水…水道が整備されていない時代は水瓶がありました。

食料…今よりも食料は少ない中、計画的に保存食を確保していました。

電気…ローソク、火。基本は暗くなったら寝ていました。

衣服…暖房はまずは衣服、布団、そして火です。
*現在は消防法でむやみに火を燃やせませんが

住居…今より保温性は低くも工夫して生活をしていました。

輸送…行商、馬、地産地消、買い出し

移動手段…基本は徒歩!鉄道や公共交通機関です。もっと前は馬です。

通信手段…郵便、固定電話、電報、飛脚

情報…ラジオ、かわら版、書物、口頭による伝達

今回の地震で被災者の方はより昔の生活に戻りました。首都圏の人はそこまで影響はないので今までより少し生活レベルを昔に戻せば良いだけです。

しばらくは同じレベルの生活をしようとしなければ良いのです。

便利になり過ぎた現代の生活に感謝しつつ、より少ない物資で生活や経済活動をする工夫をしていきましょう!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。