スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬から東京へ戻る 東北地方太平洋沖地震の影響

未だ被害の全容の見えない東北地方太平洋沖地震です。被災地では多くの問題を抱えています。

①燃料不足(灯油、ガソリン、電気、ガス)
②食料、水の不足(交通網の遮断)
③情報の不足(安否情報、原子力発電所など)
④毛布の不足(寒い地域の避難所、燃料不足)
⑤救助!

ライフラインの崩壊、交通網の破壊、通信網の破壊と障害、…根本的に破壊された地域もありいち早い復旧が求められます。

日の出からレスキュー作業が再開、被災地へ各地、各国から救助隊が救援物資が向かっています。

先ほど群馬県北部から移動しました。私が直面した地震の影響は以下のようになっています。

<群馬県北部山沿い~東京>
①灯油を買うためにガソリンスタンドに長蛇の列
②農業用燃料への供給に障害出始めている
③供給に問題がありコンビニに在庫がなくなっている
④関越自動車道で水上ICから練馬ICまで地震のための速度規制
⑤東京から北東方面への高速道路が普及してない

<私が聞いた東京の状況>
①帰宅難民
 ⇒交通網は復旧している緩和
 ⇒自転車の需要が一時的に増えた

②電車が止まりバス、タクシーへ人が集中、大渋滞
 ⇒現在は緩和
 ⇒首都高速は液状化現象があった新木場付近のみ通行止め

③ガソリン確保への動き
 ⇒パニック的にガソリンを入れる人が増えた

今後予想される東京近県への影響

○物流、供給の問題
<食料>
 ①東北を産地とする農作物の東京方面へ供給
  ⇒群馬、新潟、山梨、長野方面への需要が上がる
  ⇒東北方面の物流網復旧スピードと一時的な供給難

 ②数ヵ月単位の米や農作物への影響
  ⇒米への被害
  ⇒他の農産物へ被害
  ⇒供給量の減少による価格上昇

<ガソリン、灯油、電気>
 ①灯油の分配と増産までの時間
  ⇒一時的に電気、灯油が不足する可能性があります。
  ⇒パニック的な需要による一時的な不足の可能性あり
  ⇒供給難が起こると農作物への影響が出る

 ②一時的な停電を覚悟して準備する。節電する。
  ⇒各発電所の復旧までの期間によって影響が変わる
  ⇒原子力発電所の状態(現在、被ばく被害が出る状況)

<政治の空白>
 ①予算関連法案が年度末までに成立せず
  ⇒様々な影響が出る(情報を必要あり!)

災害時には冷静な対応が求められます!被害を受けた人、受けていない人、立場によって今、自分が何をやるべきか冷静に考えてください。

余震はまだまだ来ます!まずは安全確保が重要です。

私は家に戻ったばかりなので壊れた物を片付け安全確保をします!

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。