スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本優勝! AFCアジアカップ2011 決勝

日本優勝!AFCアジアカップで2大会振り4回目の優勝を飾りました。史上最多優勝回数です。

90分 日本0-0オーストラリア
延長 日本1-0オーストラリア
(延長後半4分 李忠成)

決勝でオーストラリアを延長の末1-0で破りました!
生涯学習!by Crazybowler-AFCアジアカップ2011 決勝 日本vsオーストラリア
決勝ゴールを決めたのはFW前田選手と交代したばかりの李選手でした。左サイドバックの長友が上げたクロスを美しいボレーでゴール隅に決めました!

李忠成
1985年12月15日(25歳)
東京都町田市出身 182㎝ 
フォワード Jリーグサンフレッチェ広島所属
在日韓国人4世 日本に帰化(大山)
生涯学習!by Crazybowler-AFCアジアカップ2011 決勝 日本vsオーストラリア
ザッケローニ監督が掲げていた「成長」を選手が実現した瞬間でした。私は日本の成長を観察していました。最終的に強いチームの条件をすべてクリアできました。

①劣性に立たされても克服する→○準決勝
②主力選手を欠いて戦える層の厚さ→○決勝戦
③強い意志と団結力→○決勝戦

アジアカップを通して「成長」した日本代表は世界で互角に戦えるレベルにステップアップしたと思います。決勝戦はまさに欧州サッカーの展開でした。
生涯学習!by Crazybowler-AFCアジアカップ2011 決勝 日本vsオーストラリア
成長要因を考えてみました。

○チームの団結力が強い(ベンチスタートの選手が良い仕事をする)
○海外組みの成長(香川、本田、長谷部、長友、内田、川島)
○監督の采配

強い団結力の証はベンチには途中で離脱した選手のユニフォームが掲げられていたことです。

優勝決定後に「全員で勝ち取った勝利」だと言わんばかりにユニフォームをフィールド内に持ち込みました!
生涯学習!by Crazybowler-AFCアジアカップ2011 決勝 日本vsオーストラリア
大会MVPは本田圭介選手です。献身的に走り続け幾つものピンチを乗り越える原動力でした。また、GK川島選手なしでは語れない大会でもありました。

準決勝でのPK完封は見事でした。決勝では崩壊しかけたディフェンスを自らのファインセーブで救いました!
生涯学習!by Crazybowler-AFCアジアカップ2011 決勝 日本vsオーストラリア
個人的には長友選手にもMVPをあげたいと思います。驚異的なスタミナと素早くトリッキーな動きで相手を切り崩す得点源でした。

特に決勝でのアシストは世界トップレベルの動き!

2試合連続延長戦にも関わらず素早く相手振り切り、精度の高いクロスを蹴り込み能力に感服です!
生涯学習!by Crazybowler-AFCアジアカップ2011 決勝 日本vsオーストラリア
代表監督は初ながら日本選手の良い所を引出し、弱点を戦術と絶妙な交代で打ち消したザッケローニ監督の采配は見事でした。

決勝でも崩壊しそうなディフェンスを交代を活用して最後まで凌(しの)がせました。

何よりも選手達に自信を与えた事で優勝の原動力だと思います。

決勝を見て日本代表がこんな試合をできる様になったのかと驚いた人も少なくないかと思います。

まさにザッケローニマジックでした。

ほいじゃ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。