スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太白山脈の村~英楊郡【韓国~ショート・ショート・フィールドワーク】(2)

韓国でも桜が咲いていました。韓国東部の農村地帯です。韓国東部を南北に貫く太白(テベグ)山脈の麓にある英楊(ヨンヤン)郡です。標高は300m台あり唐辛子の産地として有名です。
英楊郡(韓国)
人口はわずか2万人の山地の村です。韓国は日本と同様に国土の70%が山地ですが土壌は明らかに日本とは違います。ここではミャンマー種の林檎が作られています。
英楊郡(韓国)
英楊郡は幾筋もの川が合流する所です。農地は河岸段丘面に作られていました。洪水の度に農地側に水嵩を増し細かい小さな段丘崖を作っていったようです。
英楊郡(韓国)
対岸を見ると地層がむき出しの絶壁が見えます。層は緩やかに湾曲しています。海底が隆起し山地が形成され雨水や湧水から流れた出た水が山を削ったのでしょう。
英楊郡(韓国)
群庁舎を訪れた際に駐車場に古めかしい遺構を見つけました。
英楊郡(韓国)
確認する時間がなく何だかは分かりません。「後楽園」と…。
英楊郡(韓国)
「尹燕五」と刻まれています。尹(いん)は中国の名字で燕(えん)は紀元前1100年頃から紀元前222年に中国河北省北部に存在した国です。五?全く意味が分かりません。
英楊郡(韓国)
近くの市場を訪れました。生鮮と乾物が並んでいます。
英楊郡(韓国)
おばあちゃんが収穫用のカゴに発砲スチロール の箱を入れ乳母車にしていました。移動するときは台車のようなものを使うのでしょう。保温材と布に包まれた赤ちゃんは暖かそうでした。

どこに行っても地形と人の営みと歴史を見てしまいます。

ほいじゃ
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

安東市の河岸段丘【韓国~ショート・ショート・フィールドワーク】(1)

「地形と人」という一貫とした視点でみています。どこにいようが台地の形状とそこに関わる人の過去、現在、未来を見ています。地形が人に影響し文化が築かれ歴史が刻まれていきます。
安東(韓国)
韓国の安東(あんどん)というソウルから車で3時間以上かかる韓国東部の都市を訪れました。合間時間にショート・ショート・フィールドワークを実行しました。地形を観察すると多くの坂がある場所でした。
安東(韓国)
それもそのはず花川(洛東江上流部)が削った河岸段丘の街だからです。坂はつまり段丘崖です。携帯したGarmin OregonのGPSデータによると川と街の中心部がある段丘面では40mの以上の高低差があります。
anndon.jpg
標高は100m以上のところにある安東の特徴は蛇行する川筋を有する街だということです。「河回(ハフェ)」と呼ばれています。「河回」の根元には「芙蓉台」と呼ばれる絶壁が残っています。
安東(韓国)
「河回村(ハフェマウル)」と呼ばれる世界遺産があります。農村における官僚機構・支配機構を担った身分階級である兩班(りょうはん・リャンバン)の生活様式を保存している村です。

三方を川で囲まれたところに支配階級が住んでいたことは意外でした。自然堤防があり洪水被害が少ない場所かもしれません。
安東(韓国)
安東のもう一つの特徴は「河回別神クッ」という仮面劇です。店の看板にあったお面の絵です。クッとは巫女が神に捧げる儀礼のことです。一般的な劇とは違い民俗信仰が色濃く残る仮面劇です。

左側の女性のお面がどこか安倍首相と似ています。
安東(韓国)
再度訪れる可能性があります。その時は河岸段丘を歩いてみたいと目論んでいます。韓国はこの年になるまで不思議と縁のない国でした。海外生活10年、色々な国へ行っているのに韓国は初めてでした。

これは韓国の地形を見ろという神のサインかもしれません!?

ほいじゃ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

呑竜仲店で飲む~70年の歴史と由来【前橋~ショート・ショート・フィールドワーク】(3)

入口の「呑龍飲食店街」という白地に赤かく輝く文字が浮かび上がります。その先は暗く踏み込むのを一瞬躊躇してしまいます。群馬県前橋市の70年以上の歴史を持つ弁天通りの飲み屋街です。

勇気を出して路地へ入ると「呑竜仲店」という青文字が白地に浮かび上がります。
呑龍飲食店街(前橋市)
終戦のわずか10日前の昭和20年8月5日に前橋大空襲がありました。被災人口65%にも至る大惨事でした。1947年の戦災復興計画に基づき大蓮寺の土地を目的に呑龍仲店が建てられました。

焼け野原の中のマーケットとして復興のシンボルとなりました。その後、徐々に飲み屋街化していきました。
呑龍飲食店街(前橋市)
人の行き来がない通りでした。友人と二人、カラオケの音が外に漏れることもない閑散とした通路でどの店に入るのかまたも躊躇しました。最後は「えいや!」で一軒の店に飛び込みました。
呑龍飲食店街(前橋市)
我々は想定外の客だったようで店のママは不意を突かれた感じで対応に入りました。しばらく話していると次第に打ち解け呑龍の歴史、店主たちの関係、店の歴史、ママの身の上話が次々と語られました。

1982年11月に起きた大火災についてはスクラップブックを開きながらの話でした。
呑龍飲食店街(前橋市)
この火災で呑龍仲店は全焼しました。当時の店主、常連客、協力者たちの力で翌年の12月に再建を成し遂げました。その後も裁判など苦労は絶えなかったようです。

再建されたときに「呑龍仲店」から「呑竜仲店」と改名されています。

想像を絶する苦労を乗り越えてきたママ達が現役で今も働いています。当然、年を重ね他界された方もいます。
呑龍飲食店街(前橋市)
最も印象的だっに会話は「前橋市街地の活性化について」でした。店のママ、前橋育ちの友人、そして私の三名が一瞬で意気投合した解決策は「市営駐車場の無料化」でした。

車社会の現代において中心市街地へアクセスをし易くする対策は活性化への土台となります。夜10時をまわり別のお客さんが来たので切り上げました。

弁天通りは消灯されて真っ暗でした。

そもそも「呑龍」とは?帰ってから調べると「子育て呑龍」と呼ばれた呑龍(竜)上人(1556~1623)から命名されたことが分かりました。

呑龍上人は仲店の土地を所有する大蓮寺に祀られています。

生まれは割村(埼玉県春日部市)で増上寺で修業した浄土宗の僧侶です。1613年に徳川家康の命で上野国太田(群馬県太田市)に大光院が建立し開山になりました。

当時は乱世が終わったばかり人身は乱れたままで捨て子や間引きが横行していました。呑龍上人は捨て子や貧しい子供を引き取り弟子と言う名目で寺で養育しました。

しかし、3年後の1616年に国禁を犯した子供をかくまった罪で呑龍上人は赦免されました。

知る人ぞ知る尊敬される名僧です。

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

夜の商店街【前橋~ショート・ショート・フィールドワーク】(2)

『夜の商店街萌え』かもしれません。歩いている時はそうでもなかったのですが写真を並べてみると見栄えがします。特に人気がなく構造物のみが浮き上がるシーンに惹きつけられます。

群馬県前橋市のオリオン通りと弁天通りを紹介します。
前橋弁天通り2-004
地元の人でもほとんど行かない呑龍飲食店街が最終目的地です。その前にショート・ショート・フィールドワークを敢行し周辺を歩き回りました。

最初に引き込まれた場所はオリオン通りアーケードでした。
オリオン通り(前橋市)
道幅が狭く堅牢さを感じさせるアーケード街です。光の量も比較的多く夜でも寂れた感じがありません。飲み屋街ではないので夜はシャッターが下げられています。
オリオン通り(前橋市)
反対側にもまわり撮影をしました。シャッターに不動産屋の張り紙や看板のない店舗があり急に寂れた感覚を覚えました。オリオン通りアーケードの完成は昭和57年(1982)です。
オリオン通り駐車場(前橋市)
調べると前橋市で最後に造られたアーケード商店街の様です。現在はオリオン通り駐車場になっているところにオリオン座という名前の由来にもなった映画館がありました。

「ブラビ通り」と呼ばれたこともあったそうです。20年ほど前は活気に満ちた場所だったと前橋育ちの友人が言っていました。
弁天通り(前橋市)
下町情緒が残る弁天通りアーケードです。前橋市街地のドーナッツ化現象で鄙びた場所になりました。前回に訪れた昨年11月は祝日にも関わらず人がまばらでした。
弁天通り(前橋市)
昭和43年(1968)に完成した曲線を描くアーケードは構造的な魅力があります。前橋市は昭和20年の空襲で焼け野原になり弁天通りは戦後復興の象徴となりました。
夜の弁天通り 大蓮寺(前橋市)
アーケードの途中に大蓮寺があります。創建は1505年で現在地に移転して来たのは1650年のことでした。明治43年に埋められた大池に弁財天があり由来ともなりました。

現在も寺の敷地には弁財天が祀られています。夜は暗くて入る気がしません。最終目的地である呑龍飲食店街は大蓮寺の対面に入口があります。

いざ、昭和の世界、呑龍へ。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

夜の交水堰【前橋~ショート・ショート・フィールドワーク】(1)

前橋で夜フィールドワークをする人は稀だと思います。

今回は久し振りに会う友人と会い飲みに行く予定でした。その前に半ば強引にショート・ショート・フィールドワークを敢行しました。赤城の吹きおろしがまだ厳しい3月中旬のことでした。
前橋弁天通り2-002
目的地は衰退が著しい弁天通りにある呑龍飲食店街でした。利根川と前橋の中心からは外れた場所にあります。商店街は広瀬川沿いにあり他の観光スポットも徒歩で歩ける範囲でした。

この辺りは前橋台地から一段下がった場所で利根川の旧流路だったところです。
熊野神社(前橋市)
夜に怪しく光る八咫烏が祀られる熊野神社です。昨年の11月に東京スリバチ学会と前橋市の共同開催で行われたフィールドワークで訪れた場所でもあります。神社とは似つかないピンクライトが印象的でした。
広瀬川 交水堰(前橋市)
広瀬川沿いに出て驚きました。歩道がライトアップされ夜に歩いてくださいと言わんばかりです。上流に向かい歩みを進めると交水堰から轟き渡る低音が効いた水の音がボリュームを増していきました。
広瀬川 交水堰(前橋市)
濁流のようなゴーという音に闇に響き渡ります。交水堰の水面もライトアップされていました。東京スリバチ学会のフィールドワークで訪れた時は検査の日にあたり水がほとんど流れていませんでした。
広瀬川 交水堰(前橋市)
広瀬川は江戸時代の用水路で利根川や赤城山の水を水源としています。水位は遊歩道近くまでありますが取水口で水量が調整できる川なので安全です。イタリア人が「これは滝だ」と言った理由が分かりました。

前橋の特徴は豊富な水との距離が近いことです。地元に住んでいる人には普通のことですが街中でこれほど激しい水の流れに近づける場所は日本広しと言えでも稀でしょう。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

陸橋の下の谷筋【千駄ヶ谷~ショート・ショート・フィールドワーク】(4)

人数の少ない道に谷があります。高度成長期の開発により東京では谷を感じられないところが増えました。陸橋の存在がひとつの要因です。しかし、今でも大通りから一本道を外れると谷間があります。

千駄ヶ谷も例外ではありません。
千駄ヶ谷
JR千駄ヶ谷駅を出て人気のない高架下を進むと下り坂が見えます。何とも言えぬ殺風景なところですが地形好きをワクワクさせる高低差があります。雨の日は鄙びた感じがさらに増します。
千駄ヶ谷4
千駄ヶ谷は新宿御苑の2つの池から流れ出た水により削られた武蔵野台地の谷間です。渋谷川の源流です。北側の谷は玉藻池からの水、南側は上の池、中の池、下の池から水は流れていました。

地形図から玉藻池の横に細い切れ込みが確認できます。

これは玉川上水から接続された水路です。余談ですが東側にも浅い谷が確認できます。ある時期まで湧水があり武蔵野台地を削った跡だと考えられます。
千駄ヶ谷
外苑西通りまで下りるとそこは谷底です。千駄ヶ谷駅から信濃町駅の南に広がる競技場群とは全く違う雰囲気を感じてしまいます。谷頭へ続く谷の北側に目を向けると道が右へ湾曲しています。

玉藻池から流れが蛇行した跡です。また、新宿御苑の2つの池の間に残った台地が岬の様に突き出しています。
千駄ヶ谷
川下方向の南側を見ると3つの陸橋があります。北から一本目はJR中央本線、二本目は首都高速です。3本目は写真にある千駄ヶ谷駅前から神宮外苑に続く道です。陸橋が谷を覆い隠している場所です。
千駄ヶ谷
さらに南へ進むと国立競技場と東京体育館の間が渋谷川の谷間になっています、現在は暗渠化されて流れこそ見えないものの長い年月をかけて武蔵台地を削った湧水を慮(おもんばか)ることができます。

外苑西通りと国立霞ヶ丘競技場の間に明治公園があります。ここに渋谷川は流れていました。
sendagaya-taisho.jpg
大正時代の地図を見るとその様子がよくわかります。明治39年に開園した新宿御苑と江戸時代に作られた玉川上水からの流れが確認できます。現在は暗渠化されていますが谷筋と公園の位置から渋谷川の流路が分かります。

ちなみに東京体育館がある所に徳川邸と記されています。

東京体育館のある高台は徳川家正氏(徳川宗家17代)の所有地でした。昭和18年に東京府が買収し「葵館」という士気高揚のための錬成道場が作られました。

戦後は駐留軍将校宿舎として使用されました。接収解除後は東京都収用委員会庁舎となりました。東京体育館が完成したのは昭和31年のことです。

その頃は渋谷川はまだ開渠でした。今は暗渠化され谷筋と明治公園からかつての姿を想像するしかありません。

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

大銀杏と富士塚の鳩森八幡神社【千駄ヶ谷~ショート・ショート・フィールドワーク】(3)

地形図で見ると一般的な神社と配置が違います。岬の先端部や見晴しの最も良い立地であることが一般的です。鳩森八幡神社は崖沿いの高台であることは準じいますが岬からは少し離れて鎮座しています。
千駄ヶ谷3
由緒を読むと理解が深まります。平安時代かそれよりも古い時代に鳩森と呼ばれていました。仏教でめでたい事の前兆に現れる瑞雲とは紫や五色の珍しい雲『瑞雲(ずいうん)』が目撃される場所でした。
鳩森八幡神社
ある日、白雲が下りて来たので村人が林の中へ分け入ると多数の鳩が西へと飛んでいきました。その後、祠が建てられ『鳩森(はとのもり)』と呼ばれる様になりました。立地はこうして成立しました。

AD860年に慈覚大師が関東巡礼中に住民の要望によりご神体として神功皇后・応神天皇の御尊像を作り八幡神社としました。
鳩森八幡神社 大銀杏
この古い神社には大きな銀杏の木があります。昭和20年5月25日の山の手大空襲から奇跡的に焼失を免れた大銀杏です。樹齢は推定400年と言われています。
鳩森八幡神社 富士塚
鳩森八幡神社と言えば現存する都内の最古の富士塚です。関東大震災の時に被害を受けましたが修復されました。寛政元年(1789年)の築造と言われています。
鳩森八幡神社 富士塚
大正12年(1923年)の関東大震災で被害を受けました。築造当時の姿を留めた修復が行われました。現在に江戸中期以降に広まった富士信仰を知る上で貴重な資料となっています。
鳩森八幡神社 富士塚
山腹には自然の丸石を配置しクマザサが植えられています。山裾には御影石の里宮(浅間社)があります。他にも洞窟の中に安置された身録様や烏帽子岩、釈迦の割れ石があり富士山が再現されています。
鳩森八幡神社 富士塚
頂上は地上7mです。富士塚を築造した時に土を掘りだした場所は池になっていました。富士塚の基本配置と考えれています。現在は池は埋めらた様です。数人で植物を植えているところをみました。
鳩森八幡神社 富士塚
頂上付近には富士山の溶岩(ボク石)が配置されています。溶岩の穴に奥ノ院が鎮座しています。多くの江戸の人々は富士山まで行けなかった時代に富士信仰を身近に体感できる場所でした。
鳩森八幡神社 富士塚
反対側にも登山口があり複数の経路を通り頂上まで到達することができます。訪れた人々を飽きさせない造りとも言えます。また、日本人の発想力に感心させられました。

江戸時代には政治的、財政的な制約があった時代です。

諦めない心がミニチュアを作り実際に行けなくても行った気分になれる場所を作って仕舞いました。制約条件をもろともせず新たな文化までに発展させたのは逞しい発想力の賜物です。

この精神はのちの時代の日本人にも脈々と受け継がれています。制約条件は発想の母です。

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

渋谷川の川筋を歩き国立競技場へ【千駄ヶ谷~ショート・ショート・フィールドワーク】(2)

30分にも満たないショート・ショート・フィールドワークとは言えディテールを追いかけて行くと情報量は思っている以上になります。バレーボール観戦の試合間を使い千駄ヶ谷を歩きました。

今回は川筋というテーマに絞りこみ今は暗渠化された渋谷川水系を歩きました。
千駄ヶ谷トンネル
それより以前に千駄ヶ谷を歩いた時に墓地の下に道が通っていることにきました。法霊山仙寿院という寺院の下に作られた「千駄ヶ谷トンネル」です。東京オリンピックの時に東京都道が通されました。
千駄ヶ谷江戸5-001
江戸時代は「ひぐらしの里(日暮里)」と雰囲気が似ている事から「新ひぐらしの里」と呼ばれていたそうです。日暮里付近と同様に有名な団子屋あったり江戸名所図にも登場しました。

昼間は丘の上から眼下に渋谷川と畑が見える風光明媚な光景が見えたことでしょう。
千駄ヶ谷トンネル手前の古い道筋
今回は東から神宮トンネルへアプローチしました。神宮前二丁目交差点で古地図を開くと北から下る道は古い道筋だと分かりました。富士塚で有名な鳩森八幡神社から始まっています。
千駄ヶ谷トンネル手前の古い道筋
湾曲する道は交差点を超え南東方向に蛇行しています。法霊山仙寿院の丘に沿って道は蛇行しながら下り渋谷川が流れる千駄ヶ谷の谷間に続いてます。古道にテンションが上がって仕舞いました。
千駄ヶ谷 外苑通り 仙寿院交差点
千駄ヶ谷トンネルを抜けて外苑通りの仙寿院交差点に到達しました。南を見ると道は徐々に標高を下げています。外苑通りにはかつて渋谷川が流れていました。現在は暗渠化され当時の姿を想像するに一苦労です。
千駄ヶ谷 外苑通り 仙寿院交差点
古地図で位置関係を確認しながら北へと歩きました。この通りに渋谷川の流れはありました。
明治公園(千駄ヶ谷)
少し歩くと手間に明治公園、奥に神宮第二球場が見えてきます。古地図によると川筋は公園内で蛇行していた様です。
国立競技場(千駄ヶ谷)
川筋をさらに辿って歩くと国立競技場に着きます。国立競技場は霞ヶ丘と呼ばれる高台にあります。渋谷川は丘の縁に沿って流れていました。競技場の横にある直線的な歩道は一段高いところにあります。

明治時代末以降は渋谷川が歩道の下あたりを流れいました。
国立競技場(千駄ヶ谷)
東京体育館から見た国立競技場を写真におさめました。1964年の東京五輪に合わせて作られ、2020年の2度目の東京五輪に向けて建て替えされる予定です。今回が見納めになるかもしれません。
国立競技場(千駄ヶ谷)
東京体育館がある場所は紀州藩下屋敷があった場所です。紀州藩下屋敷から谷間越しに霞ヶ丘があります。国立競技場の正式名は国立霞ヶ丘陸上競技場と言います。施設に古い地名が残されています。

国立競技場の門にある東京オリンピックのマーク、これはどうなるのでしょうか?

日本が戦後の荒廃から復活した象徴となった東京五輪1969、100年後の日本史の教科書に掲載されることは間違いないでしょう。東京五輪2020も日本史の転換期になるか?楽しみです。

ショート・ショート・フィールドワークは時間の有効活用になります。ターゲットの絞り方を間違えなければ街の断面図を切り取ることができます。

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流【千駄ヶ谷~ショート・ショート・フィールドワーク】(1)

ショート・ショート・フィールドワークを始めています。昔、アメリカで文学を勉強した時に「ショート・ショート・ストーリー」という形態があることを学びました。

数ページの短い短編です。フィールドワークもありでは?
千駄ヶ谷駅周辺
仕事法では合間時間の活用が重要と叫ばれています。ならば、フィールドワークも同様のはずです。バレーボールの観戦で東京体育館を訪れた際は必ず千駄ヶ谷を歩きます。

千の谷と書くだけあって起伏があり地形歩きとしては楽しい場所のひとつです。
千駄ヶ谷
この辺りは春の小川でも知られる渋谷川の支流が多く流れるところでもあります。今回はJR千駄ヶ谷駅から東京体育館と鳩森八幡神社の横を通る道を行きました。

神社の先から谷下へ続く坂道となっています。
千駄ヶ谷江戸2
坂下で江戸時代の古地図を開くと川筋が二本あったことが分かりました。どちらも渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流です。神宮二丁目で二本は合流しさらに渋谷川の本流へ流れ込んでいました。
渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流 
二本のうち南側の渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流をまず定点観察しました。川下の方向を見るとある所から一気に標高が下がるところがありました。川があった頃は滝の様に勢いよく水が流れた場所だと想像できます。
渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流 
上流の方向を見ると一段高い場所から水が勢いよく落ちて来てたと想像できます。この辺りは江戸の郊外だった場所です。古地図上では周囲に畑があり支流の水が潤していたと考えられます。
千駄ヶ谷現在2
Googleマップで現在の地図を見ると古地図とは違い何とも味気ない区割りです。北側を流れた渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流を追いかけてみることにしました。

想像力を膨らませ周囲に畑、丘の上の寺院を思い浮かべました。
渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流 
川筋は南東方向に流れています。現在の流れとほぼ同じくして直線的でした。
渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流 
南側の流れと同様に一段下の台地へ川が流れ込む場所がありました。
渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流 
その先から道は蛇行していした。かつての流れにほぼ忠実に道が作られたと考えられます。
渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流 
さらに先へ進むと蛇行具合はまさに「川跡」と言える蛇道となっていました。
渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流 
大通りの先にも微妙に蛇行した道は標高を下げながら続いました。この先で二本の流れは合流しさらに渋谷川の本流へと続いたはずです。ここで江戸の古地図を開くと池があったことが分かりました。
千駄ヶ谷江戸7
地図上では貯め池のようにも見えます。周囲を見渡すと道の両側に高台があり水を貯めるには絶好の場所だった様です。西には千駄ヶ谷小のある丘に向かい道は上り坂となっています。
渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流 
千駄ヶ谷と代々木には度々訪れます。時間が許す限りショート・ショート・フィールドワークを行いたいと思っています。千駄ヶ谷、続きます。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

2014年の全日本女子バレーを占う【Vリーグ2013/2014シーズンの結末】(4)

女子バレーボールの2014ワールドグランプリベンチ入り14名を予想すると昨年のメンバーがどうしても軸になって仕舞い面白味はありません。サプライズはあるはずです。

サイドアタッカー(4名):
 木村(ガラタサライ)、新鍋(久光)、江畑(日立)、石井(久光)
オポジット(2名):MB1要因
 長岡(久光)、迫田(東レ)
ミドルブロッカー(3名):
 岩坂(久光)、大竹(デンソー)、平井(久光)
セッター(2名):
 中道(東レ)、宮下(岡山)
リベロ(2名)
 佐藤(日立)、吉田(パイオニア)
プラス(1名)
 (一般的戦術ならミドルブロッカーだがMB1的戦術だとサイドアタッカー)

ベンチに入れませんが登録メンバーは22名です。上記の13名以外の9名を予測する方が楽しそうです。
Vプレミアリーグ2013/2014 表彰式
Vプレミアリーグ2013/2014シーズンは全日本メンバーを大量に擁する久光製薬スプリングスが優勝を連覇を遂げました。スタメンはほぼそのまま全日本に移行できる戦力でした。

<スタメン>
新鍋 WS、長岡 WS、石井 WS、平井 MB、岩坂 MB

<ベンチ、それ以外>
石田 WS(キャプテン)
狩野 S(元全日本WS…修行中)
座安 L(怪我療養中)
中大路 S(大学時代の2011全日本登録、モントルー国際に出場)
Vプレミアリーグ2013/2014 表彰式
キャプテンを務めた石田選手は実力ありながらレベルの高いチームメイトに途中出場が多くなっています。世界の女子バレーは大型化や男子化している中で174cmの石田選手のチャンスはいかに。

求心力や真鍋監督からの信頼は高さは他を圧倒してます。
Vプレミアリーグ2013/2014 表彰式
久光製薬の監督は元全日本の名セッター中田久美です。それ理由か?育成中のセッターも興味深い点があります。ちなみに正セッターの古藤選手も声がかかってもおかしくありません。

これだけのメンバーを司令塔としてまとめた力、今や中田監督の愛弟子なので全日本を経験させてあげたいものです。
Vプレミアリーグ2013/2014 表彰式
ロンドン五輪の時点で次期正リベロには座安選手が最有力視されていました。しかし、座安選手は2013年の全日本とVプレミアリーグ2013/014シーズンを怪我で棒に振ってしまいました。

全日本のリベロ争いは混とんとしたままです。

新鍋選手の心の支え?優勝決定後に座安選手の横で泣いた新鍋選手が目に止まりました。
Vプレミアリーグ2013/2014 表彰式
ちなみに今シーズンの個人賞は次の様です。

得点王:迫田(東レ)
スパイク賞:パオリーニ(日立)
ブロック賞:奥村(JT)
サーブ賞:石井(久光)
新人賞:内瀬戸(日立)
監督賞:中田(久光)
Vプレミアリーグ2013/2014 表彰式
さて、ワールドグランプリに登録されるその他9名の予想です。Vリーグ2013/2014の個人成績を見ながら予想していきます。

サイドアタッカー:精密力と世界をかく乱するスピードのある人材。高さがあればなおさら。
石田(久光)…上記の理由から
山口(岡山)…米国代表のパオリーニつぐスパイク決定率で2位。
石井(JT)…サーブレシーブ成功率で新鍋につぐ2位。総得点7位、アタック決定本数8位。

ミドルブロッカー:得点能力がまず必要。ブロック能力とのバランス。高さがあれば…。
奥村(JT):177cmながらブロック賞受賞。MBながら総得点9位。
島村(NEC):181cm。スパイク決定率8位。ブロック決定本数11位。
関(岡山):183cm。スパイク決定率10位。ブロック決定本数5位。
川島(岡山):181cm。宮下が正セッターならコンビで不安なし。全日本経験あり。
井上(デンソー):183cm。Vチャンレンジでドリスにつぐ2位。4位の大竹より上。

セッター:セット、レシーブ力、サーブ力は必須。ブロック力も重要。
古藤(久光)…あのチームをまとめた実績。メンバーは全日本でも一部同じ。
橋本(JT)…2013年は中道不在の全日本を支えた貢献者。

リベロ:チームをまとめる力と安定したレセプション。
関(上尾):Vチャンレンジでサーブレシーブ賞受賞。唯一の70%超え。
筒井(久光):座安の代役で優勝をもたらしました。サーブレシーブ成功率5位。
丸山(岡山):サーブレシーブで12位だが準優勝への貢献と化ける可能性。

12名リストアップしました。真鍋監督はVプレミア、Vチャンレンジだけでなく9人制もチェックしている様です。まだまだ可能性のある選手が眠っているかもしれません。
Vプレミアリーグ2013/2014 優勝決定戦
<2014年全日本女子バレーボールチームの国際試合>

モントルーバレーマスターズ2014 5/27~6/1 スイス
エリツィン杯2014 7/8~7/13 ロシア
FIVBワールドグランプリ2014 8/1~8/24 (決勝ラウンドのみ日本)
2014女子世界選手権 9/23~10/12 イタリア

世界選手権の開催がイタリアとなり2014年の全日本女子の試合はワールドグランプリに決勝ラウンドしか生で見れません。

五輪の3年前、つまり世界選手権の年からリオデジャネイロ五輪に向けて本格始動です。ここでメンバーに食いこめる人は五輪メダリストのチャンスがあります。

今はレギュラーと見なされる江畑選手、新鍋選手も3年前のタイミングで全日本に入りました。目が離せません!当然目標は世界選手権の優勝です。メダルは及第点です。

ほいじゃ

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

優勝決定戦と2014全日本【Vリーグ2013/2014シーズンの結末】(3)

トップリーグの優勝決定戦は全日本チームの世界戦を占う上で重要です。女子バレーボール国内最高峰のVプレミアリーグの優勝決定戦となれば疑いの余地はありません。世界ランク3位の主要メンバーが所属しています。

4月12日に千駄ヶ谷駅前の東京体育館で優勝決定戦が開催されました。

全日本選手が占める久光製薬スプリングスとトップリーグ唯一のクラブチーム岡山シーガルズの対決となりました。
Vプレミアリーグ2013/2014 優勝決定戦
個々の戦力でいえば久光製薬が圧倒しています。まずは全日本のエースと期待されるサウスポーの長岡選手(179cm)です。ライト側からの利き腕を活かしたアタックやバックアタックが効果的でした。

技に磨きがかかりチーム内でも絶対的エースと成長しました。この試合でアタック20得点、決定率50%、ブロックでも3得点をあげて他を圧倒していました。2014全日本でも最も期待される選手です。
Vプレミアリーグ2013/2014 優勝決定戦
全日本の要と言っても過言でない新鍋選手(173cm)も持ち味を活かしました。今シーズンのサーブレシーブ賞を守備選任のリベロを差し置いて成功率72.7%で受賞しました。

この日も89.5%と脅威的な数字を叩き出しました。サーブレシーブが世界一の必須条件となる全日本には欠かせない人材です。

ちなみにランキング2位の石井選手(JT 171cm)は70.3%でリベロよりも高い数字を出してます。得点ランキングでも石井選手8位に入りメンバー入りの可能性を残しています。
Vプレミアリーグ2013/2014 優勝決定戦
世界との高さが年々広がる全日本女子で期待されるのが187cmのミドルブロッカー岩坂選手です。世界では標準的な高さですが日本人の中では傑出しています。

ただ高ければ良いのでなくバレー選手としての技量も求められます。この日の岩坂選手はアタック決定率33%でしたがブロックで10得点をあげました。

今シーズンのブロック賞は大学生内定選手の奥村選手(JT 177cm)につぐ2位でした。1試合辺りのブロック数は0.87と記録上では並びましたが百分の一差で受賞を逃しました。世界でこの悔しさを解消できるか!
Vプレミアリーグ2013/2014 優勝決定戦
全日本で真鍋監督に「パワーがあるアタッカーと」言わしめた石井選手(180cm)も全日本女子には必要な人材です。セミファイナルの監督インタビューで女子としては異例の名ざし批判された選手です。

女性監督に女性選手だからできる大技なのかもしれません。調子が良くないのでしょう。

優勝決定戦でもアタック12得点のみ、決定率33%とエースとしては物足りな成績でした。今シーズンの技術ランキングでサーブ効果率で1位になりました。全日本の生命線サーブで磨きをかけた点は評価できます。
Vプレミアリーグ2013/2014 優勝決定戦
遅咲きで全日本に選ばれ4月15日で30歳になる平井選手は優勝決定戦の前半はキレキレでした。アタック9得点、決定率50%、ブロック2得点と試合前半で勝負付けの印象を与えた役割は大きかった。

堅実な技術を有し前全日本に比べ圧倒的なミドルブロッカーが不在の現全日本として必要な人材です。

一部のファンから「国内仕様」と言われ世界では通じ切らない点も否めません。得点力があるミドルブロッカー不在の全日本女子はミドルブロッカーを1名減らす奇策「MB1」を試行するほどでした。
Vプレミアリーグ2013/2014 優勝決定戦
岡山シーガルズは2011年の時点で全日本代表が山口選手のみでした。昨年にはセッターの宮下選手、ミドルブロッカーの川島選手も全日本でワールドグランプリに出場しました。元全日本の栗原選手もいます。

今年の7月3日に31歳になる山口選手の全日本復帰もあると思います。

2010世界選手権、ロンドン五輪の銅メダリストの山口選手は2013年全日本代表からは外れていました。今シーズンはアタック決定率2位と好調でチームをファイナルまで進出させた立役者です。忍者は健在です。
Vプレミアリーグ2013/2014 優勝決定戦
全日本セッター争いでポスト竹下はまだ定まっていません。宮下選手は全日本入りする確率は高いと思います。本命は東レの中道選手ですが腰痛持ちです。久光製薬の古藤選手にもチャンスがあるかもしれません。

加えてポスト佐野が求められるリベロのポジションも戦国時代の様そうです。

昨年は吉田選手(パイオニア)、佐藤選手(日立)と固定化されていません。有力候補の座安選手(久光)は怪我から回復していません。

岡山の丸山選手にもチャンスがあるのではと思っています。

サーブレシーブでは12位と低迷しているのが問題ですが反応スピードは抜群でディグ(スパイクレシーブ)能力を発揮します。23歳とこれからの選手でコツをつかめば化けるかもしれません。

<結果>
久光製薬スプリングス 3-1 岡山シーガルズ

<チーム成績>
久光 総得点95
 サーブレシーブ成功率:72.5%
(アタック59、ブロック16、サーブ3、相手のミス17)

岡山 総得点72
 サーブレシーブ成功率:55.3%
(アタック39、ブロック10、サーブ4、相手のミス19)

<個人成績上位>
長岡(久光) アタック20、ブロック3、サーブ0 合計23得点
岩坂(久光) アタック3、ブロック10、サーブ0 合計13得点
石井(久光) アタック12、ブロック0、サーブ0 合計12得点
山口(岡山) アタック12、ブロック1、サーブ0、合計13得点
福田(岡山) アタック8、ブロック3、サーブ1 合計12得点(途中出場)

サーブ効果が高い久光が岡山のディフェンスを崩した印象の数字です。一方で久光のディフェンスは新鍋選手を中心に安定してサイドアタッカーが機能した様です。

レセプション(サーブレシーブ)が崩れた岡山はサイドアタッカーで苦しみ交代を繰り返していました。

強いサーブと高いレセプション成功率が鍵です。これは色々な分野にも応用できるのかもしれません。特に弱者の戦略して効果的な1歩目の攻めは重要です。加えて堅守である事で持続的な競り合う戦いを可能にします。

ほいじゃ

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

3位決定戦と世界【Vリーグ2013/2014シーズンの結末】(2)

女子バレーボールは「世界一を目指す」という点で最も勉強になるスポーツです。現在の全日本世界ランキングは3位です。しかしながら大型化、高速化、男子化が進む女子バレー界では不利な体格差は常に付きまといます。

そんな中でリオ五輪、東京五輪と金メダルに近くて遠い距離にある女子バレーに世界で勝ち抜く要素がいっぱいです。
Vプレミアリーグ2013/2014 3位決定戦
Vプレミアリーグ2013/2014シーズンのファイナルを千駄ヶ谷の東京体育館で観戦しました。

3位決定戦も同日同会場で行われます。全日本選手のほとんどが所属するVプレミアリーグは全日本女子を占う上でも重要です。

三位決定戦は東レvsトヨタ車体でした。東レには2013全日本女子のMB1戦術で脚光を浴びた迫田選手がいます。
Vプレミアリーグ2013/2014 3位決定戦
昨年よりも成長したという印象を受けました。持ち味の跳躍力はさらに進歩した様に見えます。その証拠にブロックの上から打ち下ろすアタックが目に付きました。大型化を跳躍力で凌駕するのも一つの方法です。

昨年の世界四大大会のひとつグランチャンでは日本人としては異例のウイングスパイカー賞を受賞しました。
Vプレミアリーグ2013/2014 3位決定戦
そしてVプレイアリーグでは2013/14シーズの得点王に輝きました。日本人が得点王に輝くのは何と10年振りでした。高いレベルの助っ人が召集されている証拠でもありますが大型化するバレーへの対応の遅れも否めません。

迫田選手擁する東レはセットカウント3-1で勝利して常勝軍団の面目を保ちました。
Vプレミアリーグ2013/2014 3位決定戦
東レは一昨年にエースの木村選手が、昨年は大型MBの荒木選手が退団が続き戦力ダウンする中で世代交代が上手く進んでいません。来シーズンは若手の台頭がファイナルへ進出できるかの鍵になります。

2014全日本女子とMB1の行方にも興味津々です。得点能力なら日本屈指の迫田選手ですが全日本女子チームでレシーブ免除のポジションを掴むことができるのか?
Vプレミアリーグ2013/2014 3位決定戦
ちなみにこの日の東レは背水の陣でもありました。監督は奇策を打ってきました!シーズン中とは違うスタメンです。

小平(シーズン中のリベロ→サイドアタッカー)
木村(シーズン中のレシーバー→リベロ)
ペーニャ(シーズン中のサイドアタッカー→試合出場なし)…ドミニカ代表

木村美里選手は木村沙織選手の妹です。小平選手は昨シーズンはレシーブ力のあるサイドアタッカーとして試合に出ていましたが今シーズンから驚きのリベロ転向と試合に出続けました。
Vプレミアリーグ2013/2014 3位決定戦
ファンも少なくとも戸惑ったと思います。当然、トヨタ車体も「あれ?」という感じだったのはないでしょうか。トヨタ車体はファイナルラウンド進出ですがレギュラーシーズン中に3勝1敗と東レを鴨にしていました。

三決で東レがストレートでトヨタ車体を負かした要因には奇策もあるのかもしれません。
Vプレミアリーグ2013/2014 3位決定戦
トヨタ車体エースのカナニ・ダニエルソンは昨年の得点王で今年も迫田選手のつづく2位でした。この写真は「カナニの冷却タイム」として有名になったシーンです。

体温が上がり易い体質で試合中に冷却ベストを着て、タライの冷えた水に足を浸しベンチで備えます。

<結果>
東レアローズ 3-0 トヨタ車体クイーンシーズ

<チーム成績>
東レ 総得点75
 サーブレシーブ成功率:62.8%
(アタック47、ブロック12、サーブ8、相手のミス8)

トヨタ車体 総得点60
 サーブレシーブ成功率:50.0%
(アタック39、ブロック8、サーブ1、相手のミス12)

<個人成績上位>
迫田(東レ) アタック12、ブロック4、サーブ2 合計18得点
高田(東レ) アタック12、ブロック0、サーブ2 合計14得点
カナニ(車体) アタック11、ブロック3、サーブ0、合計14得点
竹田(車体) アタック8、ブロック2、サーブ0 合計10得点

サーブで攻めることのできた東レがエースの得点も上がっている結果になりました。サーブって重要ですね。全日本女子も世界一を目指す上でサーブを世界一にすることが肝心です。

そしてサーブレシーブですね。こちらも世界一でないと体格差は埋められていないですね。

先手必勝!堅守もハンデを覆すための良策ということでしょう。

ほいじゃ

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

Vチャレンジマッチ+周辺地形【Vリーグ2013/2014シーズンの結末】(1)

数年に1回「運の悪い日」が訪れます。個人的なものですが2回の比較的大きな出来事と1回又は複数回の小さな悪いことが1日に起きます。この日もそんな1日でした。

バレーボールの国内リーグ入れ替え戦「Vチャレンジマッチ」がその日にあたって仕舞いました。
さいたま市桜区
Vチャンレジマッチは少々行き辛い場所で開催されることが多い傾向にあります。今回は中浦和駅からバスを利用しないと距離のある場所でした。地形をみると浦和の台地から荒川の氾濫原へ進む方向です。

想定外のトラブルから車で行きました。

体育館の駐車場が満車で別の駐車場を探しに浦和駅付近まで彷徨いました。多くを失いつつも浦和近辺の地形的に魅力に気づきました。
さいたま市記念総合体育館(埼玉)
「さいたま市記念総合体育館」で開催された大会でした。横には鴨川が流れています。荒川水系の一級河川で19.2kmあります。水源はさいたま県桶川市で上尾市、さいたま市を流れ荒川に合流します。
さいたま市記念総合体育館(埼玉)
体育館は土手からよく見えます。この土手は10mの高低差がある規模のものですが不思議なことに荒川は見えません。とは言っても鴨川の土手とは考えにくい規模です。逆に言えば荒川の流域の広さを物語っています。

川が見えない所も氾濫原であり一旦洪水になると広大なエリアが水に浸るということです。
さいたま市記念総合体育館近くの土手(埼玉)
大会には1試合の終了後、2試合目第1セット終了間際に到着しました。1試合目の昨シーズンVプレミア(一部)からVチャンレンジ(二部)に降格したデンソーと今シーズン最下位のパイオニアの対戦でした。

大竹という全日本選手やロンドン五輪銅メダリストの井上と佐野を擁するデンソーが予想通り勝ち上がりました。
P1120655.jpg
ある意味第一試合が当時の最大の見どころでしたが完全に逃しました!二試合目はVプレミア(一部)7位のJTとVチャレンジ(二部)準優勝の上尾メディックスの対決でした。

JTは2010/2011シーズンに全日本の竹下、大友を擁して優勝を飾ったチームです。近年は大友、竹下などの中心選手の引退が相次ぎ怪我人も多く出たことから低迷していました。
Vチャレンジマッチ2014 上尾
今シーズンは大学の内定選手や春高バレーで奇跡的な優勝を遂げた九文のエースを即戦力として使わざるを得ない台所事情でした。一方の上尾は2009/2010シーズンからの5年間は二部リーグで優勝2回と準優勝3回と地力を養ってました。
Vチャレンジマッチ2014 上尾
戦力補強もされエースは2000年代前期のアメリカ代表選手「ナンシー・メットカフ」です。下部リーグとして強力な助っ人の力とエース皆本、セッター土田、MB青柳、そしてリベロ関と戦力が充実しています。
Vチャレンジマッチ2014 上尾
上尾メディックスは「上尾中央医科グループ」の女子バレーチームです。1964年に中村会長が上尾中央病院として開業しM&Aなどを繰り返し現在は病床数8000、従業員数10000人の規模の医療グループです。

試合の結果は上尾が3-0で勝利。

Vプレミアリーグへの昇格は勝利とは別に審査があります。たぶん資金でしょう。問題はなさそうです。
P1120968.jpg
女子はVプレミアリーグ下位の2チームが敗れ、Vチャンレジ上位2チームが昇格の権利を得る結果となりました。一方で男子は逆の結果でVプレミア下位2チームが残留を来ました。

昨年の昇格したジェイテクとはVチャレンジマッチで一部残留を防衛しました。
P1120856.jpg
男子の写真は東京FCと大分三好の対決です。大分三好も医療グループのチームです。190㎝前後の男が看護師をしているそうです。想像しただけで凄い光景です。

大分三好は昨年のVチャンレンジマッチで降格し今年はリベンジ戦でした。とは言えアジアクラブ選手権の日本代表として現在戦っています。

「運の悪い日」にあたったVチャンレジマッチでお目当ての女子2試合をまともに見れず仕舞いでした。入れ替え戦の緊張感から何かが学べると思い行きましたが自らの反省ばかりでした。

ほいじゃ

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

次回までには【夜散歩のススメ会06「日暮里崖線2 王子から上野」】(3)

夜景という分野は大変魅力的です。エジソンが電球を発明してから約135年、「世界から夜が消えた」と発明当初から言われた通り現代社会の夜は人を引き寄せたり治安のために光を放ち続けています。

日暮里で腹を満たした一行は上野へ向けて再び歩き出しました。夜景の魅力を感じ始めました。
芋坂児童遊園(上野 東京)
前2回で掲載した夜景は高い所から低い被写体を撮るアングルでした。そして、駅などの強い光源があった場所でした。ここ芋坂児童公園はJRの線路で遮断された芋坂の横にあります。

南西に上野台の崖線と谷中墓地、東北にJRの線路がある狭間の窪地です。芋坂自体は江戸時代からあった坂です。周辺に崖線の法面に小規模な住宅地がありますが人影は他にありません。
根岸の路地裏
谷中墓地を抜けたあと鶯谷駅の路地裏を歩き回りました。ラブホテル群が連なる場所、飲み屋が集まる場所、そしてドンツキにある住宅地とモナコグランプリさながらに角を曲がって行きました。

そんな中で最も印象的だったのが元三島神社でした。一段高いところに本殿はあります。自然の小山や盛り土で高さがあるのでなく建物の上に神社が建っていました。1階部分は飲み屋になっていました。
元三島神社(鶯谷 東京)
上野周辺の寺社はそのほとんどが江戸時代に移転されて現在の場所にあります。元三島神社の始まりは元寇の戦い頃と古く元々は上野台にあった神社です。幕府の命により2度の移転がありました。

2度目の移転をする頃には金杉村の鎮守となっており氏神が遠くなるという問題が発生しました。結局、現在の場所にあった熊野神社と合祀し元三島神社と改称しました。
上野と日暮里
鶯谷を過ぎればもう上野です。カシミール3Dで作った地形図を眺めると改めて上野台が岬の先端だったことを認識さられます。縄文改進の頃に海はここまで来ていました。

不忍池がある辺りは旧石神井川の河口だったとされています。
上野東宝ビル(バンブーガーデン)
2010年からの2年弱の間に上野近辺へちょくちょく足を伸ばしブログを書いていました。上野公園の内外で様々な工事が行われた頃です。2年振りに訪れてる様相が一変していました。

上野東宝ビルがバンブーガーデンとなっていました。建物内に駅前道路と上野公園(高低差約12m)を繋ぐ階段がある設計になっています。ライトアップ手法が階段を柔らく演出しています。
西郷隆盛像(上野 東京)
ライトアップと言えば上野の西郷さんです。以前は一本の街灯のみでした。「夜も見たい」という要望から年中ライトアップすることになったそうです。LEDの色が青白く似合いません。

西郷さんが悲しんでいるように見えたのは私だけでしょうか?せめて暖色にしてあげたい。
UENO3153(旧西郷会館 上野)
上野台を下ると「夜散歩のススメ」は終了となりました。夜11時を過ぎ寄り道をせずに帰ることにました。解散とは言え最後まで残ったメンバーは塊のまま上野駅不忍口へと向かいました。

西郷会館の建て替えが終わり新しくなっていました。

今は「UENO3153」と言うそうです。さんいちごーさん…さごさん…西郷さん。屋上は上野の森と連続性を意識して作られています。ビル中から西郷隆盛像まで登ることができます。

夜散歩で夜景撮影に目覚めそうです。

三脚もなく夜の街を歩きながら撮影した写真を見ると手振れで没となった作品がほとんどです。また、途中に夕食を取ったことも楽しい思い出となりました。

次回もあれば参加したいと思います。それまでに最新機種のカメラを手に入れ美しい夜景を…。

FIN…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

夜に街を見下ろす【夜散歩のススメ会06「日暮里崖線2 王子から上野」】(2)

夜散歩の写真をまとめて気が付いたことがあります。標高差と街の灯の相性が良いことです。ドラマや映画、時に漫画にも登場する夜景シーンは街の光を高いところから見下ろす構図です。
夜の田端駅とスカイツリー(北区)
田端駅の西南から撮影した駅と東京スカイツリーです。駅の背後に日暮里崖線がそり立った場所で駅を見下ろすことができます。昼間も良い写真が撮れるとは思いますが夜だからこその光と影は魅力的に映ります。
田端から日暮里
今回は田端駅から日暮里駅付近までについて書きます。この辺りの日暮里崖線は痩せ細った点が特徴です。武蔵野台地を谷田川が削りできた谷間が迫っています。尚、赤く北にへ伸びる線は日暮里・舎人ライナーです。

また京成線の線路が人工物にも関わらず地形とみなされている点も見逃せません。
不動坂(田端 北区)
日暮里崖線から田端駅南口へ向かっては不動坂があります。坂と言っても勾配があり過ぎて階段になっています。明治45年に開始された田端駅の開発で石造りの不動明王立像は移されました。

また、当時は「不動の滝」もあり自然豊かな崖線だったと想像できます。
日暮里崖線上 田端 西日暮里間
江戸東京の歴史を知る上で太田道灌は欠かせません。室町時代の武将で無敗を誇りながらも主君の裏切りにより暗殺されたとされる人物です。田端・西日暮里間の崖線は江戸時代の古地図に「道灌山」と記されています。

ちなみに田端台と線路の標高差は約16mあり京浜東北線と東北新幹線の線路を一望できます。
ひぐらし坂(西日暮里)
田端台を下る際に開成高校脇を通る細い坂がお勧めです。ひぐらし坂と言い江戸時代からある坂のひとつです。この地域は土地としての歴史が古く縄文遺跡が開成高校のグラウンドから発見されています。

西の崖下に下流付近を藍染川と呼ばれた谷田川の水が流れ太古から人の営みが絶えなかった場所です。
西日暮里駅と切り通し
西日暮里駅は崖線を切り通した所にあります。駅の下を道路が通っています。最寄のJR駅でよく利用するのですが離れたところからじっくりと夜の駅を眺めたことはありません。昼間とは全く違う雰囲気です。

ちなみに切通しの北側を田端台、南側を諏訪台と呼びます。この切通しは谷田川放水路の名残です。
日暮里崖線の法面上の第一日暮里小
歩道橋を渡り諏訪台へ移ります。西日暮里公園を散策してから諏訪通りに出ました。日暮里崖線の地形と一体化した第一日暮里小が魅力的です。法面にあることから校内が坂になっている珍しい学校です。
地蔵坂(西日暮里)
諏訪台と諏訪通の由来となる諏訪神社の境内に入りました。暗闇に包まれた境内に社殿の前の蛍光灯が細々と光っています。今度は諏訪台の反対側の法面へ向かいます。地蔵坂です。

夜は余りにも寂しい場所なので一人で行くことはないでしょう。鳥居を抜け階段を下ると西日暮里駅が煌々と輝いてます。
富士見坂(西日暮里)
諏訪台の坂と言えば有名な富士見坂があります。坂は荒川区にありますが練馬区にマンションができることになり富士山の一部隠れてしまうことが問題になりました。一時は反対運動が活発になりました。

今は富士見の役割は終えましたが夜の光景は一目置けます。光の色が風景にマッチして独特の魅力を放っています。
初音小路(日暮里)
日暮里駅付近に到着しました。この辺りは「夕やけだんだん」や「谷中銀座」など名の知れた場所があります。一行は飲食のために昭和の雰囲気漂う「初音小路」へ迷路のような路地からアプローチしました。

裏手から初音小路へ!

残念ながら十数人を同時に入れる規模の店はありませんでした。結局、地元の方が行きつけのインドカレー屋で夕食を食べました。常連の力で格安で珍しい料理や酒をいただけ満足できました。

この区間で得た印象は「夜に街を見下ろす風景は格別」と言うことでした。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

夜だからこその絵が【夜散歩のススメ会06「日暮里崖線2 王子から上野」】(1)

夜散歩のススメに初参加。夜型の私には魅力的なタイトルでした。ウォーキングを夜にいるので歩く点は問題なし、しかしながら写真撮影となるとどうなんでしょう。

最近のカメラは性能も上がり夜の撮影にも耐えうるものです。私のカメラではどうか?
王子駅南口(北区)
小ぢんまりとした王子駅南口で集合しました。参加者は東京スリバチ学会で一緒に歩いた人たちばかりでした。十数人はいたと記憶しています。王子駅から跨線橋を超え「飛鳥の小径(こみち)」から歩き出しました。

京浜東北線の線路と平行する日暮里崖線沿いを上野まで歩くコースでした。
飛鳥の小径 国立印刷局滝野川工場裏(北区)
春には桜、梅雨の頃にはアジサイがきれいな場所と言われる「飛鳥の小径(こみち)」は王子駅と上中里駅を結ぶ線路沿いの道です。日暮里崖線がそそり立つ横を次の駅まで路地が続きました。

線路から離れ日暮里崖線の法面を歩く区間がありました。丁度、国立印刷局滝野川工場の裏側辺りです。
飛鳥の小径 上中里駅(北区)
上中里駅が近くなると再び崖線下へ、線路沿いの小道となります。実際に歩いた印象は昭和後期の路地を思い出す薄暗いが続き、所々に夜景撮影ポイントが存在していました。

カメラの夜間撮影モード、又はマニュアルでISOを落としじくっり構えて撮れば想像以上の絵になりました。
上中里駅と田端駅間の線路沿い(北区)
上中里駅と飛鳥の小径を過ぎると線路が眼下に見える路地が続きます。一人で歩いたならば足早に通り過ぎたいと感じる場所です。大勢ならばシャッターを切りながら楽しい雰囲気で歩けます。

夜の薄暗い路地ですれ違った人々は写真を撮る集団をどの様に見ていたのか気になります。
JRアパート(田端 北区)
水の音が崖下から聞こえてくると線路沿いの道とはお別れです。地面の下はトンネルになっており山手線から京浜東北線の軌道につながる線路が通っています。JR住宅がその上に作られています。

トンネルと同じ湾曲で作られ道と道に沿って作られた集合住宅は理由を知らないと奇妙な街並みです。
田端高台通り(北区)
JR住宅を抜けると「田端高台通り」に出ます。日暮里崖線の尾根を行く道です。途中には昔ながらの通り沿いの商店街が連なっています。寂れた感はなくむしろ今も脈々と続く地域社会があるように見えました。

一行が気になった建築物がありました。2階部分にある台形を逆にした構造物は何なんでしょう。
富士見橋 山手線と京浜東北線の合流付近(北区)
都内を周回する山手線が上野から北へ伸びる京浜東北線の線路と合流する付近です。富士見橋が線路の上を通り西の方角を見れば線路はカーブしながら合流点へ向かっています。そこを電車が通り抜けました。

実際に山手線に搭乗しているアッと言う間に過ぎて仕舞う場所です。
田端駅の付近の切り通し(北区)
日暮里崖線を見事に切り通して作られたJR田端駅の手前には田端駅と不忍通りをつなぐ通りです。両側の台地は標高約23m、切り通しの標高は16m前後です。6mの高低差が夜の闇に奇妙に浮かび上がります。
田端駅
JR住宅の手前から田端駅までの地形図をカシミール3Dで作成してみました。JR山手線の線路と田端駅前の通りは日暮里崖線を見事に切り通して作られていることが分かります。

田端駅前の土木、建築コレクションには興味深いものがありました。もし、昼間のフィールドワークだったら印象は違ったのでしょうか?そんな疑問を持ちながら次の行程へ進みます。

少なくとも夜だからこそ撮れる絵があることは間違いありません。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

一隅を照らす~桜2014

2014年の桜トピックと言えば皇居の桜が一般公開されたことかもしれません。日本人は桜自体が好きなのか期間限定のプレミア感が好きなのか戸惑うほどに桜に群がります。

大規模な桜並木もいいのですが街の一角に咲く桜も同じように春を彩る宝物です。
2014年4月古千谷本町の桜iPhone
個人的に色々なことが重なり例年より忙しい春となりました。東京に戻る前の日に暴風が吹き荒れ多くの花びらが散ってしまいました。早朝のウォーキングでまだ満開な桜を幸運にも発見!

今年の桜をiPhoneで写真におさめることができました。

日本人のDNAなのか子供の頃から培った習慣なのか、桜を春に愛でないと何が足りない気がしてしまいます。私はシャッターを切ることでその年の春を正方形の中に閉じ込めることが儀式となっています。
2014年4月古千谷本町の桜
身近なところにも魅力的な桜スポットがあります。午後からさらに範囲を広げて歩きました。

一隅を照らす。

平安時代の僧侶で比叡山延暦寺で天台宗を開いた最澄の言葉です。各々がいる場所で仏道を追求し人々を幸福にできる人材こそ国宝と語った言葉の一節ですが桜に置き換えることができます。
2014年4月伊興の桜
日本中に咲き乱れる桜の木はその1本1本が佇むその場所で輝きを見せています。街角の1本1本、地域の一ヵ所一ヵ所が全て宝です。もし、日本に大規模桜並木しか存在しなければ春はもっと寂しい季節となるでしょう。

足立区の伊興中への続く道の桜並木も私にとって重要な春の一隅です。

『方丈記』の冒頭分「行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。」も桜に置き換えることができます。桜も水の如く毎年違う顔を見せ同じ姿を再び見せることはありません。

今年の桜は唯一無我の存在です。

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

2014歴史的豪雪の後日談【2014年2月大雪シリーズ】(4)

「喉元過ぎれば」という言葉が浮かびます。今は桜が満開。低気圧の接近しあの時の雪の様な桜吹雪が舞っています。2014年2月15日から16日の大雪で得た体験は貴重でした。

群馬県北部山沿いで歴史的な大雪を体験し多くを学び、喉元過ぎた出来事を再度飲み込んでいます。
2014年2月17日沼田市
2月18日以降も復旧作業が徐々に進んでいく様子を観察していました。通れなかった歩道に誰かが雪掻きをしたことにより細い通路ができていきます。行政ではなく住民の努力の賜物でした。
2014年2月17日沼田市
日中は仕事に出ており協力できません。その間にも誰が雪掻きをしていました。夜遅くウォーキングをすると歩道に昨日までなかった道ができていました。その範囲は徐々に長くなり幅も広がっていきました。
2014年2月17日沼田市
私も時間があるときは地元の人と一緒に雪掻きをしました。「何かできることをしなければ!」という気持ちが自然と心から湧き上がって来たからでした。そんな交流も大変有意義でした。

沼田市は私にとって仕事のための仮の住まいです。

レオパレスという時限的な滞在者が集まる場所にいることから地域に属しているという意識がありませんでした。この大雪が「いる時点で地域コミュニティの一員」という事を教えてくれました。
2014年2月17日みなかみ町
仕事場はみなかみ町南部の山の中にあります。みなかみ町と言っても温泉街のある標高600m台の豪雪地帯ではなく南側の標高300m台のところで除雪に関して優先順位の低い場所です。

山の工場は温泉街と同じ600mあり除雪車が回って来ないことにより苦労しました。
2014年2月17日みなかみ町
面白い話を聞きました。記録的豪雪が降った日に混乱していた地域は温泉街でなく普段は雪が余り積もらないエリアでした。前橋市も対応しきれずに大混乱していたと聞きました。

数日後に除雪車は来たのですが二車線の道が一車線になったままでした。すれ違いが大変でした。
2014年2月17日みなかみ町
仕事場にも当然ながら除雪作業が発生しました。沼田市で足止めを食った週末も出れる社員総出で会社の雪掻きをしていたと聞きました。彼らは自分の家の除雪もあったはずなので大変だったことでしょう。

月曜日はさらなる除雪舞台を編成して仕事が潤沢に行ええるところまで復旧できました。

しかしながら、高速道路は練馬と水上の間で数日間閉鎖になり物流網が停止てたままでした。どうしてもというお客様に社員が車で他県まで届け30時間も車の中にいた人まで現れました。凄まじい渋滞でした。
2014年2月17日みなかみ町
歴史的な積雪を体験して利害を超えた共同作業の重要性を認識できました。誰れかが道路の雪掻きをしなけえば誰も通れません。やったとしても特別な報酬をもらえる訳でも100%感謝される訳ではありません。

利他の精神による共同体としての相互扶助が求められていたのでした。

日本が貧しかった頃は互いが協力し合い生きていました。豊かな日本となり他人と寄り添わなくても生きられる時代にあり相互扶助の精神は薄らいでいったと想像します。

そして自分だけ良ければという風潮が蔓延して行きました。

今回の様な突発的な自然災害から地域コミュニティーの大切さを再認識した人も少なくなかったのではと思っています。これは東日本大震災の時に多くの人が感じたことでもありました。

一つ残念なことがあります。

大雪の際に沼田市で一緒に作業をした人達と一度も遭遇していません。やはり、レオパレスという遊牧民族の集落と地域住民という定住民族が交わらない特殊な状況下にあるようです。

ただ、地域コミュニティに属しているという意識は残っています。このままで好いのだろうか?

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

歴史的豪雪を群馬県沼田市で迎え【2014年2月大雪シリーズ】(3)

桜なんてどうでもいいや!桜の季節に大雪の記事を書いているとそう思ってしまいます。パソコンの画面は歴史的な降雪の記録で埋め尽くされています。

2014年2月15日の深夜から降った雪は群馬県で観測史上最大でした。
2014年2月14日沼田市
関東地方を襲った記録的豪雪を群馬県沼田市で迎えました。前の週は東京で20年ぶりの大雪が降り関越自動車道路の練馬と水上間が通行止めになるという異常事態が起きていました。

野生の勘が「雪が降る前に現地へ」とささやきました。金曜日の時点では毎年何度か見る程度の雪しかありませんでした。
2014年2月15日沼田市
夜になり雪は勢いを増していきました。ウォーキング中いはシャーベット状の雪が顔にあたり激痛を覚えました。メガネは凍り付き歩道は積もった雪でまともに歩ける状態ではありません。

翌日に窓を歩けると不思議な空間が広がっていました。「何んだこの小山は?」
2014年2月15日沼田市
すぐに駐車場に止めてあった自動車だと気付きました。車高の倍以上の高さになっています。道と駐車場の境が全く分からない状態です。人生で初の体験に驚きながらも客観的且つ冷静に見ている自分がいました。
2014年2月15日沼田市
15日にもウォーキングをしました。スコップを買わなければ!歩道は積雪で使えない状態で車道を歩くしかありませんでした。店は閉っていました。ウォーキングがてらに街を散策することにしました。
2014年2月15日沼田市
車はまばらでスタックした車も見かけました。市の除雪車が雪にはまった軽トラックを出していました。セブイレブンの駐車場はきれいに除雪されていたもののオニギリやサンドイッチはありません。
2014年2月16日沼田市
16日もスコップを探しに車道を歩き店まで行きました。品切れ状態でした。翌日には仕事に行かないとなりません。途方に暮れていると外で人の声がしました。レオバレスと地域住民が雪掻きを初めていました。
2014年2月16日沼田市
私も参戦しようと外に出ました。しかし、スコップはありません。道具がないとただの役立たず。途中からはスコップ担当を変わり道や駐車場を通れるようにして行きました。

地元の年寄りが「こんなに降ったのは初めてだ」と言っていたのが印象的でした。
2014年2月17日沼田市
駐車場、道路の雪はどうにか除去され車が出せるようになり月曜日には無事仕事へ行くことができました。地域コミュニティーによる共同作業の賜物でした。行政機関は裏道まで手が回らない状況でもありました。

人生初の大がかりな除雪作業を体験して多くを学びました。

中には参加しない人もいたり違法駐車の車が障害になったりと様々な問題もリアルに体験できました。雪の逃がし場所が何しろ一番の問題でした。重労働であり交通網の遮断は死活問題にもなり兼ねません。

以前から雪国で起きる揉め事について聞いていました。実際に体験して普段からの準備ができていないと揉める要素はいくらでもあると理解できました。

雪の逃がし場所、除雪道具、役割分担、それらを包括するルールと地域コミュニティーの交流です。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

意外と面白かった大雪の日暮里・舎人ライナー【2014年2月大雪シリーズ】(2)

世の中が桜で沸いているご時世にまた大雪のブログです。こういう人間が世の中にいてもいいのではと思っています。東京に大雪が降った2014年2月8日に乗った日暮里・舎人ライナーが非日常的でした。
2014年2月8日日暮里舎人ライナー
2008年3月30日に開通した日暮里・舎人ライナーは車輪で軌道上を走る新交通システムと呼ばれる乗り物です。基本的に自動運転で最前列にも座る事ができます。「ゆりかごめ」と同じです。
2014年2月8日日暮里舎人ライナー
大雪の日に乗車すると最前列席に職員の方が陣取っていました。普段はパネルで閉じられているパネルが開放されており中からマシンがむき出しに!運転席に早変わりする仕組みになっていました。

閉じられている時はパネルが斜めになっており本を読むのに最適な場所です。
2014年2月8日日暮里舎人ライナー
乗車した時点では自動運転されており職員の方はその時が来るのを待っていました。雪はだんだんと強くなり始めタイヤが滑り始めました。その時、連絡が入り職員の方は「了解」と返答、鍵である蓋を開けました。
2014年2月8日日暮里舎人ライナー
するとスイッチらしきものがありました。駅に停車した際にスイッチを切り替えると手動運転になりました。運転は基本的にレバーを前後させ速度コントロールをするだけです。
2014年2月8日日暮里舎人ライナー
軌道には意図的な勾配がつけられています。駅と駅の間が低く設計されています。駅を出ると勾配を利用して加速します。最大速度になりアクセルが緩められた後は登り勾配を利用しながら減速して行きます。

一番驚いた点は雪掻き装置が車両の前面から現れたことでした。たぶん、蓋の中にスイッチはありました!

雪が積もり始め速度をかなり落とした運行です。記憶では自動運転時に60km/h程度出ていましたが手動運転に切り替えてからは20km/hでコントロールしていました。流石に新交通のスタッドレスはない様です。

雪掻きをしながら進む日暮里・舎人ライナーで…次はいつ見れるのだろうか?

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

スリバチ懇談会スピンオフ【2014年2月大雪シリーズ】(2)

人の縁とは有難いものです。スリバチ懇談会の日が丁度20年振りに東京に大雪が降った日でした。日暮里・舎人ライナーは止まり帰れなくなりました。

数少ない喫煙者同志、吹雪の中で外で煙草を吸った縁から家に泊めてもらうことになりました。
2014年2月8日深夜 新橋
懇談会終了後に膝ほどに積もった暴風雪の中を数人で駅に向かい歩いて行きました。

丁度乗り換え地点になった新橋で飲もうという話になりました。室中は温かく酒が回ったためかほとんど覚えていません。6人ほどいたと記憶しています。雪が降り続ける外に出てからの記憶は残っています。

電車が動いている人は家路へと向かいました。
2014年2月8日深夜 雑司ヶ谷墓地
護国寺の駅に到着し駅で誰かが落としたニットの帽子をかぶり雑司ヶ谷墓地の方向へ歩きました。雑司ヶ谷と言えばスリバチ地形で有名ところ。歩かない訳に行きません。

残念なことに雪が深過ぎて中へ入ることはできませんでした。
2014年2月9日深夜 雑司ヶ谷墓地
家に到着するとすぐに飲みが始まりした。丁度、ソチ五輪が開催中だったのでテレビでは上村愛子のモーグル決勝が放映されていました。結局、朝まで飲み明かしました。

朝方まで色々な事を話しをしていました。
2014年2月9日深夜 雑司ヶ谷墓地
起きるともう昼。昨晩の雪で着飾った雑司ヶ谷墓地が青空の下にありました。スリバチ状に窪んでいく地形がはっきりと分かりました。有名な大勝軒でラーメンを食べお礼を言いスピンオフ会は解散となりました。

都電荒川線の線路は除雪したのでしょう、雪は少ししか積もっておらず普通に動いていました。
2014年2月9日深夜 都電荒川線
後でよくよく考えてみると色々な偶然が何重にも重なりました。私がスリバチ学会のイベントに参加するようになり、喫煙者ということで意気投合し、イベントの日に雪が降り、電車が止まり、泊めさせていただきました。

家まで泊めてもうらことは滅多にありません。大変有難いことでした。

会話の中から色々なヒントをいただきました。文章のプロ相手に色々な質問をぶつけてみました。その中で「学者じゃないだから」と言われたことが響きました。

私はいつも根拠をしっかりして理路整然としていないとダメだと思ていました。

しかし、発信者は立ち位置が変われば学者の様に事実を積み上げて結論を出すことよりも大切なことがあると気付かされました。それはメッセージの発信です。

共感を生まれ誰かの迷いが取れたり行動を生む原動力になれば文章が何らかの役割を果たしたことになります。

街歩きでも本業でも時に人を楽しくさせ行動を変えたり起こす切っ掛けを作れる表現者であり指導者なれればと思える様になりました。実際、学者じゃないし…。

偶然の連鎖から起きた縁の不可思議から「気付き」でした。

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

大雪のスリバチ懇談会【2014年2月大雪シリーズ】(1)

季節感がないとよく言われます。冬なのに紅葉だったり春のなのに大雪の記事だったりと四分の一周遅れてアップしています。外は桜が満開の中でもこころは暴風雪の中です。

2014年2月8日。都心での大雪は過ぎし日の出来事となっていると思います。
2014年2月8日銀座四丁目 大雪
この日はスリバチ懇談会の日でした。銀座四丁目から佃島へ歩いた後に高層マンションの最上階で懇談会が開かれました。悪天候にも関わらず参加者は二桁を超え暴風雪の中を歩き通しました。

この日の東京都の積雪量は最深部で27㎝あったそうです。
2014年2月8日銀座四丁目 大雪
昼過ぎの時点では降雪量が増して来ました程度で傘をさして歩けました。次第に風は強まり夜にはブリザードと雪国さながらの風景でした。電車が止まるかもしれない中で半ば片道切符の参加者たちでした。
スリバチ懇談会20140208
街歩きをする人は天候をもろともしないタフさがあります。男女比はほぼ半々でした。誰一人として音を上げず日本の未来は明るいと感じました。これくらいの雪で止まるのは電車だけいい!

ちなみにGPSは新富町辺りからONしました。いつも忘れてしまうんですよね…。
20140208スリバチ懇談会
築地界隈を蛇行しながら歩いていた時に撮った写真です。普段は殺風景な都心ですが路地は味わいがあります。雪が降るとさらに情緒があります。この写真に写っている木造のお店は有名人と関係がある…覚えていません。
20140208スリバチ懇談会
写真撮影は一苦労でした。何しろ雪がシャンシャンと降りしきる中だったのでレンズがすぐに濡れます。ここは都会の窪地、築地川東支流跡です。地図にはこの先が築地川公園となっています。聖路加病院が右奥に見えます。
20140208スリバチ懇談会
佃橋超えです。隅田川は風の通り道でもあるので風速が一気に上がり雪が顔面に突き刺さります。雪には慣れていますが暴風雪となれば話は別です。この凍える寒さの中で景色を楽しめる見事な一団でした。
20140208スリバチ懇談会
佃島に到着して町中に入ると人の姿はまばらです。店は開いている様でしたが客はいませんでした。言葉し難い味わいのある風景です。街歩きとして初めて訪れた佃島が大雪の日とは幸運だったのかもしれません。
20140208スリバチ懇談会
佃住吉神社に到着した頃に雪はさらに激しくなってきました。狛犬さんも雪を被り目隠しされています。1590年に家康公が佃(摂津国)の漁夫33人を一緒に江戸に連れて来ました。

彼らは干潟を築島へ作り替え故郷の佃を島の名前としました。神様も一緒に連れて来ました。佃住吉神社は1646年に住吉三神、神功皇后、徳川家康の御霊を祀った事が起源となっています。
20140208スリバチ懇談会
佃島と言えばこの船溜まりの風景です。テレビでも何度か見た記憶があります。古い町並みとURの高層住宅が混じった不思議な光景ですが大雪の日ともなればまた一段と違った味わいを醸し出します。
20140208スリバチ懇談会
一団から離れてそそくさと訪れた場所がありました。細い路地にある「佃天台地蔵尊」です。室内に天然石で彫られたお地蔵様がありました。昔から子供たちを水難から救ってきたと伝わるお地蔵様です。
20140208スリバチ懇談会
この写真を撮った時点でレンズもカメラもびしょびしょでした。だからこれが最後の一枚です。電源をOFFにしておいたのでカメラを壊さずに済みました。

この後は余りにも豪雪のためバスでの移動に切り替えて会場まで移動しました。途中で食料を調達してたり即興チームでどうにか会を盛り上げることができました。

手作り感満載の懇談会でした。

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

古代の廃道!東山道武蔵野路【国分寺フィールドワーク・スピンオフ編】(18)

結局は廃道となった路です。7世紀に律令制が確立され「五畿七道」の官道が整備されました。東京都国分寺市で発掘された「東山道武蔵野路」は8世紀には間道に格下げされ11世紀までには廃道化した古道です。
東山道武蔵路跡(武蔵国分寺跡北方地区)
国分寺市泉町2丁目の東山道武蔵野路跡は発掘された後に埋めなおされ約300メートルの歩道になっています。遺構の位置が色分けされ地面に表示されています。側溝があった部分は黄色で示されています。
東山道武蔵路跡(武蔵国分寺跡北方地区)
北へ行くと近年に作られた道を直線的に貫いて遺構があった場所が路面に示されています。その先に遺構平面レプリカがあります。想像以上に凸凹で道には見えません。東山道武蔵野路が幅12mの直線道路だったのは第二期まででした。

第一期:幅12mの直線的な典型的な前期駅路
第二期:第一期の側溝が埋没後に側溝を再度掘削。硬化面のみ残っていた。
第三期:第一期道路の内側に作られた幅9m弱の道路。
    第一期道路に比べ北に向かい東側にずれていく路。
第四期:幅7.5mの道路で北に向かい第三期の路よりさらに東へずれていく。
東山道武蔵路跡(武蔵国分寺跡北方地区)
遺構平面レプリカからさらに北へ行くと遺構跡を示すものはなくなりJR中央本線の向こうに恋ヶ窪の谷戸が見えます。第二期までの道はこの谷を一直線に貫いていたことになります。

尚、第三期以降は道はここより東側に作られていました。
東山道武蔵路跡(武蔵国分寺跡北方地区)
東山道武蔵野路ができた時期は所沢の「東の上遺跡」の調査から650~675年頃と言われています。武蔵国分寺ができたのは750年代末から760年代初頭と考えられています。

その頃が一番活性化された時期でしょう。それから僅か10年後の771年に東山道武蔵野路は官道から間道へ格下げになっています。
東山道武蔵野路跡-002
【真っ直ぐな東山道武蔵野路と跡がわかる場所(赤)】

完成当初の武蔵国は東山道沿いの国とみなされていました。東山道は近江、美濃、信濃、上野、下野、陸奥、出羽(山形と秋田の一部)まで伸びたていた官道でした。

しかし、771年に利便性のより高い東海道沿いの国とみなされたことにより武蔵野路は衰退の道を辿ることになりました。律令制の衰えも伴い平安時代末期の11世紀までには廃道になったと考えれています。

古代の廃道とはどこかロマンがあります。

1000年以上残るものと残らないものを研究していると次のことがわかってきます。

①人々のニーズがあり続けるものか?
②衰退しても中興の祖が現れるものか?
③無理、無駄、ムラがないか(シンプルであるか)?
④保存、修繕が続けられるほどニーズがあるものか?

東山道武蔵野路は完成以前から微妙な立ち位置でした。武蔵野国は東海道沿いの国であったほうが利便性が高いものの東山道沿いの国になったところから無理があります。

また、谷間を無視した直線道路はメンテし続けるには無理があります。官道だったことで人が集まっていましたが間道化されてからはニーズがなくなり衰退したと考えれます。

また近くには地形を考えられ作られたより便利な道もあり衰退後に新たにメンテナンスをしたり埋没後に再建される必要性もなかった考えられます。

廃道化する条件がそろっています。

国分寺崖線と遺跡群のフィールドワークは大変有意義でした。まだ行っていないところも多く次の計画を立てています。

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。