スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平塚神社と人の営み【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】(24)

イチョウとケヤキの参道が印象的な境内です。東京都北区にある平塚神社の秋です。上野から赤羽まで続く崖線上にある神社です。古代、中世、近世の東京史の重要な場所です。
平塚神社(北区)
奈良時代から平安時代までは郡衙(古代律令制時代の地方役所)があったとされ今も発掘作業が続いています。平安時代末期に領主の豊島太郎近義(ちかよし)が平塚城を作った場所でもあります。

平安時代中期の文明10年(1478年)に江戸城を作ったことで知られる太田道灌(1432~1486)が平塚城を攻め落城させます。
滝野川公園と平塚神社-001
地形図を起こすとなるほどと思える立地です。平塚神社がある所は台地の鼻になっており低地帯に睨みを利かすには最適な場所です。標高は23台で崖線下の低地は標高4m台と落差は20m弱あります。

また、平塚の由来が分かると地形の改変があった可能性も見えて来ます。
平塚神社(北区)
この場所は鎧塚と呼ばれた場所でもあります。平安時代に源義家が後三年の役で奥州遠征の途中で逗留地にした場所です。源義家は領主の豊島近義に感謝し鎧と十一面観音を与えました。

源義家の死後に鎮護のため豊島近義は鎧を埋めて平たい塚を築きました。その上に社(やしろ)を立て義家三兄弟の像を安置しました。これが平塚の由来です。
平塚神社(北区)
江戸時代には平塚明神と呼ばれていました。一旦は荒廃した社は江戸時代初期に再興されています。山川城官貞久(やまかわじょうかんさだひさ)という針医が三代将軍家光公の病の治癒を平塚明神で祈願しました。

家光公は回復し貞久は平塚明神に感謝をして自らの資金で社殿と城官寺を再築し土地も買い上げ寄進します。これを知った家光公は感激し250石の知行地を与え内50石を平塚明神に寄進させました。
滝野川公園と平塚神社明治43
明治43年頃の陸地測量部の地図によると平塚神社の横には戦前に獣疫調査所がありました。戦後は家畜衛生研究所となり現在は国の西ヶ原研修合同庁舎(仮名)の建設予定地になっています。
平塚神社(北区)
建設前の埋蔵文化財調査が行われ発掘の真っ最中です。隣接する滝野川公園は先土器時代から近代までの複合遺跡が出る御殿山遺跡だけあり何かが出て来てもおかしくありません。
平塚神社(北区)
平塚神社の横から発掘現場を臨むと古そうなコンクリートの建物が目に止まりました。最近では平成25年3月4日に発掘現場から旧日本軍の8センチ高射砲弾が見付かり同年6月4日に自衛隊が爆弾処理を行なわれました。

京浜東北線の中十条駅の真裏という事もあり話題になったことを記憶しています。

平塚神社単体でなく滝野川公園を一体として考えると先土器時代から現代に至るまで人の営みがあり続けた場所と称することができます。

つづく…ほいじゃ
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

いくつもの顔を持つ公園【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】(23)

近代公園の外見ながら土を掘り返すと先土器時代から近代までの複合遺跡が出る場所です。東京都北区の滝野川公園です。それだけではありません。複数の顔を持つ滝野川公園を訪れました。
滝野川公園(北区)
昭和57年(1982年)に都内で初めて郡衙(ぐんが)跡と推定される場所が発見されました。郡衙とは古代律令制度の時代に郡司(地方官)が政務を行なった役所です。

奈良・平安時代に造られた武蔵国豊島郡の郡衙と推定されています。
滝野川公園と平塚神社-001
地形の観点から見ると崖線の先端にあり低地を見渡せる所にあります。隣接して奈良時代から街道があったと考えられます。江戸時代に日光御成街道(岩槻街道)と呼ばれた本郷通が通っています。

滝野川公園から発掘された遺跡群を御殿山遺跡と呼びます。御殿山の名は江戸時代の古地図にも記載されています。地理的、地形的、歴史的に見て郡衙があっても不思議ではない場所です。
滝野川公園(北区)
滝野川公園は防災公園としての顔を持っています。消防署、北区防災センターが隣接しており災害備蓄倉庫、応急給水槽(1500トン)、深井戸、散水塔(放水銃)などの防災設備がそろっています。

表向きは児童公園の顏が強く幅22mの丸池に高さ5mの御影石の壁から水が落ちるようになっています。夏には水遊びをする子供たちで賑わうそうです。訪れた時は水はありませんでした。
滝野川公園(北区)
微高低差ながら小さな丘を持つ公園でもあります。ちなみに標高25.8mの三角点があり飛鳥山の25.4mよりも高い場所です。上野から赤羽まで続く崖線で最も高い三角点があるところです。

発掘作業と土地改変があり分かりませんが御殿山跡かもしてません。
滝野川公園(北区)
崖線の法面を覗きました。子供の遊び場としては最高の急斜面があります。下にはテニスコートがあります。滝野川公園は体育館も有しスポーツ公園の顏も持っています。小さな谷戸のようにも見えます。
滝野川公園と平塚神社明治43
昔からの等高線を高い精度で残す陸地測量部の地図によると公園の背後の崖は昔からあった様です。また、テニスコートがあるところは昔から谷戸の様にスリバチ状の地形になっていました。

そして、25m台の微高地は今よりも広く2カ所にあったと推定できます。

最後に近代農業の研究施設だった農業試験場の跡地の顔をもあります。近代日本の発展に寄与した場所として碑が残されています。

児童公園、防災公園、スポーツ公園、歴史公園、遺跡公園(先土器、奈良平安、江戸時代、近代)、特徴のある地形がある公園と様々な顔を持つ滝野川公園です。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

西ヶ原横断ルート【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】(22)

地形図を起こしてやっと実感ができました。歩きながら微高低差を感じる事ができても地図を見なければ全体像を把握し切れません。建物が低く疎らな江戸時代ならば谷間を感じられたかもしれません。

この地辺りの住所にもなっている西ヶ原を横断するルートです。
熊野坂
石神井川が崖線を突き抜ける前の流路を歩きました。人が生まれる前から浸食され続けた台地には見事なまでの水の道ができています。ただ、歩いている時は建物が邪魔になり谷間を感じ切れません。

地形図とGPSの軌道を見て谷間を横断して東側の崖線上に登るルートを歩いた事を認識できました。
熊野坂(北区)
谷間から崖線へ登る入口は熊野坂です。江戸時代からある坂で現存する不動院境内にあった熊野神社が名前の由来になっています。水平距離約80m、高低差約6m、75‰程度の緩やかな坂です。
一里塚(北区)
台地を東へ横切ると江戸時代に日光御成街道(岩槻街道)と呼ばれた本郷通に出ます。ここには街道の西ヶ原一里塚が道路の中央に残されています。一里は約3.9kmです。

日本橋を始点として本郷一里塚が一里目、西ヶ原一里塚は二里目です。

中央には二本松保存之碑があります。大正時代に都電建設で壊される予定だった塚を渋沢栄一をはじめ住民運動で食い止めました。大正11年に国指定史跡になっています。
七社神社(北区)
本郷通から東の崖線の高いところに七社神社はあります。江戸時代には一本杉神明宮がありました。七社神社は現在の旧古河庭園にあった無量寺境内にあった七所明神です。神仏分離令で明治2年にこの地に移されました。
七社神社(北区)
創建年などの神社に纏わる情報は不明です。七所明神は寛政5年(1793年)に火災で焼失しました。建物は翌年に建て直されましたが古文書や古記録を失われて仕舞いました。
七社神社(北区)
境内にある旧一本杉神明宮社地です。建物こそ新しいのですが玉垣(神社にある石柵)はかなり古いものです。手前には古い手水舎と思われる石桶があります。歴史を感じさせる一角です。
七社神社(北区)
何と言っても見事だったのが大イチョウです。12月初旬に訪れたため黄色くなっていました。ちなみに街道から見えた一本杉は枯れてしまい明治44年に切株を残し伐採されています。

七社神社の標高は23m台後半で熊野坂の坂上から神社まではほぼ平坦でした。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

逆川【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】(21)

「さかがわ」、「さかさがわ」、「さかさまがわ」と読む『逆川』という名の川は全国各地にあります。他の河川が一定方向に流れる中、一本だけ逆方向に流れる川に名付けられています。

逆方向に流れる主な理由は潮位による逆流、合流する川の増水時の逆流、そして、地形が他の河川と逆方向に高低差がある場合などです。
逆川
東京都北区の逆川(さかさがわ)はすべて暗渠となっているため検索してもほとんど情報は出て来ません。『川の地図辞典』などの専門的な書物や古地図で調べるしかありません。

石神井川は東へ、谷田川は南東に流れるこの辺りで唯一北へ向かい流れる川です。
IMG_2796.jpg
明治43年頃と大正元年から大正10年に陸地測量部によって作られた地図に当時の流れが示されています。特に大正年間の地図は色付きで分かり易く、精度の高さは明治末期の地図が上に感じられます。
逆川2
現在の道を参考にしながら古地図にある川筋をカシミール3D上に引いていくと上の図の様になります。古い道筋と川との関係性から導き出しました。地図上ではこれよりも曲線的な自然な川の流れです。
逆川跡(北区)
住宅街に続く不自然に蛇行する道を歩きました。川の流れが確かにあった事を感じさせる蛇道です。実際のところ暗渠になっているとの情報なので水は道の下を流れているはずです。
逆川跡(北区)
途中には「つるの湯」と書かれた銭湯がありました。「天然ラジューム浴泉」とあります。『レッツエンジョイ東京』にあるキャッチフレーズは「いつも清潔、日替り薬湯。高い天井、大きな浴槽でゆったり」です。

大正前期までは通りの銭湯側は畑で民家は道の反対側に並んでいました。
逆川 つるの湯(北区)
『川の地図辞典』によると源流は「北区西ヶ原4丁目28番付近」となっています。この辺りは住宅地と行き止まりの路地で構成され源流があった場所ははっきりとしません。

また、源流よりさらに南から水が流れる様になる出来事がありました。

明治32年に海軍下瀬火薬製造所ができ排水路を逆川につなげ流していました。排水により逆川下流にあった王子製紙の工場で機械が錆びる問題があった記録が残っています。
牛蒡坂道音逆方面へ向かう階段
フィールドワーク一行は逆川の源流付近からさらに上へ登ります。そこに魅力的な階段があります。特に名前はないようです。この階段の先には江戸時代からある道音坂(どういん)や牛蒡(ごぼう)坂があります。

今回は東京スリバチ学会主催のフィールドワークだったため坂までは行きませんでした。それにしても引き込まれそうな魅力的な階段です。次の機会に…。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

後半へ!本郷通りから【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑳

よいよ後半戦です。東十条駅から出発したフィールドワークは王子駅で一旦昼休憩となり再び歩き始めました。飛鳥山を超えて様々なポイントを経て駒込駅まで歩きます。
ohji_track.jpg
地形的な醍醐味として石神井川が浸食した崖線を貫く前の流れが浸食した谷間と台地を渡りある点にあります。川跡や古い神社などが点在するエリアです。歩いたルートを記録したGPSデータを図に入れました。
六石坂と都電
飛鳥山を下り歩道橋を登ると本郷通りを一望できます。本郷通りは日光御成道や岩槻街道と呼ばれた江戸の街道です。そして、写真の奥には江戸時代から六石坂と呼ばれた本郷通りの坂が写っています。
飛鳥駅への細い路地
本郷通りと明治通りが交わる辺りの都電荒川線飛鳥山駅へつながる細い路地に入って行きます。駐輪場があるためかかなりかなりの狭さです。路地歩きも街歩きの醍醐味です。
本智院と身代地蔵(北区)
路地を3回曲がると本智院と身代地蔵尊があります。本智院は八丁堀にあった寺院ですが十万人の死者を出したと言われる明暦の大火で焼失しました。

その後、浅草不唱小名へ移転し大正元年から十年の間にこの地に鎮座しました。

明暦の大火は江戸三大大火のひとつであり関東大震災や東京大空襲などの震災、戦禍除けば日本最大級です。同時にロンドン大火、ローマ大火と並ぶ世界三大大火のひとつでもあります。

それ程の大火だったため本智院以外にも都内の多くの寺院が移転に追い込まれました。今後、街歩きをしていると同じ経緯の寺院に多く出会うことになるのでしょう。

ちなみに身代地蔵尊の柱に『江戸三大』と彫られています。ネットで検索しても『江戸三大』『身代地蔵尊』の二つが同時にヒットする情報はありませんでした。江戸三大の根拠は何なのでしょうか。

次は逆川の流れた跡を追います。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

飛鳥山の山、谷、坂、桜【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑲

大きく湾曲する坂は魅力的です。坂が谷と山に挟まれていれば尚更です。北区の飛鳥山に沿って弧を描く飛鳥大坂です。通りからだと全体像を撮影するにはパノラマ機能か魚眼レンズが必要です。
飛鳥大坂
道路には都電荒川線の線路が敷かれています。シャッターチャンスを少し待ちましたがタイミングが悪く飛鳥大坂と都電のツーショットは実現しませんでした。じっくり撮影したいスポットです。
飛鳥山と飛鳥大坂
飛鳥山は上野台から赤羽台まで続く崖線にあります。石神井川が崖線を貫き残った崖の端が小高くなっています。地理院地図によると最も高い三角点の標高は25.4mあります。
asukayama.jpg
ちなみに港区の愛宕山頂上にある三角点は25.7mです。東京区部に残る自然の山で最高と最低を二分していますが飛鳥山は国土地理院として山と表記していません。
旧音無橋(復元)
飛鳥大坂の全長は約230mで坂上と坂下では約9.6mほどの高低差があります。途中には昭和33年の狩野川台風で流された音無橋を復元したものがあります。

この辺りの標高は10m台、音無渓谷は深くえぐれ5m台です。
都電荒川線
飛鳥大坂の坂下は音無渓谷と同じ標高5m台です。京浜東北線の線路をくぐり抜けると都電荒川線の王子駅前駅があります。また、線路の横には音無渓谷に流された水を再度石神井川に合流させる水路があります。
音無川
現在、音無渓谷(音無親水公園)の手前に設けられた飛鳥山分水路により石神井川の流れは飛鳥山の真下を通っています。分水路では上郷用水、音無親水公園、石神井川と三方向へ流しています。

石神井川は王子付近でかつて音無川と呼ばれていました。

王子から日暮里方面へ崖線沿いに流れた川も音無川と呼れ江戸時代からある流れです。今は飛鳥山分水路の直後に音無親水公園と石神井川から分流され南東へ暗渠となり流れています。
飛鳥山公園
飛鳥山は江戸時代に渓谷の対岸にある王子神社の領地でした。八代将軍徳川吉宗は人口に対して少ない桜の名所の混雑解消のため飛鳥山を新たな桜の名所を作りました。
飛鳥山公園
通常の花見所で禁止されている酒と仮想が許され江戸の人々は趣味嗜好を凝らして楽しんだと伝わります。現在でも園内にはソメイヨシノとサトザクラなどが約650本も植えられています。

文化的、地形的な魅力を包含する飛鳥山は江戸の歴史を知る上でも重要な場所の一つです。また東京区部のダイナミックな地形が見えれる数少ない場所の一つです。

2014年の春は飛鳥山へ!都電荒川線と坂と山と桜の複合ショットは魅力的になることでしょう。

昼休み後に東京スリバチ学会のフィールドワーク一行と再合流しました。そして後半の行程へ踏み出しました。まずは逆川と呼ばれる流れがかつてあった場所です。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

名もなき坂達と加賀学園通り【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑱

街を歩いていると時々「この通り好きだな」と思う事があります。この通りは加賀学園通りと呼ぶそうです。東京都北区中央公園から西へ進むと加賀という地名があります。

江戸時代に広大な加賀藩下屋敷があった場所です。

学園通り由来は東京家政大、短大、高校、中学やその先の帝京大学医学部があるからなのでしょう。四差路に立つと高低差がはっきりと分かります。
加賀学園通りの風景(北区)
加賀百万石と言われた前田加賀守の上屋敷は現在の東京大学本郷キャンパス、中屋敷は現在の六義園、下屋敷は板橋と深川にありました。

板橋の下屋敷は石神井川を含んだ約21万坪(東京ドーム14.8個分)と広大な敷地を有していました。加賀藩の屋敷跡は存在感が違います。
kagagakuentori-002.jpg
【拡大できます。】

下屋敷は南北を貫く埼京線の線路の東側にありました。石神井川と両岸と北側の稲荷台への続く法面が敷地でした。東側には十条台があります。台地の斜面を利用した典型的な武家屋敷とも言えます。
加賀学園通りからの風景(北区)
四差路から西側に伸びる2本の道(一本は加賀学園通り)は十条台の微高地へ続く緩やかな登坂になっています。この坂に名前はない様です。勾配のある大通りに惹かれるものがあります。
加賀学園通りの風景(北区)
加賀学園通りを東へ進むと王子です。四差路辺りは窪地になっているためイチョウの紅葉がきれいな中央公園前は緩やかな登坂になっています。北へ目を向けると名もなき坂のコレクションです。
加賀学園通りの風景(北区)
上下二枚の写真にある2本の坂とも名もなき坂です。上の坂は約165mで高低差5.7mの35‰程度の坂です。下の坂は約120mで高低差約6mある50‰程度の坂です。
加賀学園通りの風景(北区)
『タモリのTOKYO坂道美学入門』は坂の評価基準に「勾配の具合」、「由来や由緒」、「江戸の風情」、そして「湾曲のしかた」が含んでいます。

由緒、由来もなく勾配も大したことのない2本の坂ですが湾曲のしかたが上品で惹かれるものがあります。名もなき坂の多くは明治以降に整備されたものです。
加賀学園通りの風景(北区)
加賀学園通りは都道455号と交わるT字路に合流し終わります。右折をすると王子神社の鳥居が見えて来ます。次に現れるのは飛鳥大坂と飛鳥山です。こちらも由緒ある江戸の坂と山です。

少し前までは由緒あるものを好んで見ていました。今は名もなき古道や明治以降の新坂にも魅力を感じています。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

名もなき小川【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑯

時の流れの中で川は流路を変えたり消えたり現れたりします。東京都区部の多くの川は暗渠化されて見えなくなっています。人工的に流路を変えられた川は数知れません。

東京都北区中央公園から水が流れていたことはほとんど知られていません。『川の地図辞典』に描かれていた流路をカシミール3D上に写してみました。
kitakuchuopark-002.jpg
明治43年から昭和35年までの地図に何らかの形で川の流れが描かれています。陸地測量部が作った明治43年の地図が一番はっきりとこの名もなき川が描いています。

この5年前(明治38年)に陸軍の軍事工場である東京砲兵工廠が作られました。

一般的に考えて建設時に土地改良が行われますが、等高線を見る限り元々の地形を活用して工場が作られた様です。なぜなら、滑らかな曲線を描き等高線が並んでいます。
東京都北区中央公園
さて、水の流れを追って行きます。水は現在の北区中央公園運動場から流れていた様です。当時から周囲よりも一段低い窪地があったことが地図からも分かります。古くから水の通り道で浸食された土地の様です。
北区王子本町3丁目9~10
中央公園を南側に進むと東西方向に小規模な崖線があります。水の流れはこの崖面を小さく蛇行をしながら下って行きました。明治43年の等高線でもこの崖面は描かれています。

ちなみに現在の王子本町3丁目と十条台2丁目はこの小さな崖線が境界になっています。

別の見方をすれば石神井川の河岸段丘とも読み取れます。この小崖線より南側は太古の時代に石神井川の氾濫原だった可能性があります。
北区王子本町3丁目9~10
水は現在の王子本町3丁目10番を南北方向に流れていました。この辺りに道路を歩くと微高低差を感じることができます。また、微高低差のあるスリバチ地形になっています。

この流れは現在ある道路に沿って流れた推定されます。そして、加賀学園通りを超えていきます。

最初のカシミール3Dの図に戻ります。小川は大通りを超えると現在は住宅地になっている辺りを大胆に横切っていました。そして、再び別の道路に沿って蛇行しながら流れ石神井川に注ぎました。

丁度、音無もみじ緑地の湾曲した旧河道と合流します。

公園内の水源とされる辺りは標高にして19m台、石神井川に注ぐ辺りは14m台です。約360mの間に高低差約5mの小規模な小川でした。疑問が残ります。

江戸時代の古地図、明治初期の地図にも登場しないこの流れはなぜ明治43年の地図から登場するのでしょうか。仮説を考えてみました。

1、明治後期以前の地図が不正確(実際にその傾向はある)
2、余りにも小さな流れで描かれていない
3、軍事工場の排水路として小さな流れを拡張して作られた
4、軍事工場の排水溝として人工的な水路を造った
など

名もなきこの川に興味が絶えません。この様に一隅を照らすのも街歩きの醍醐味かもしれません。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

秋の東京都北区立中央公園【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑯

秋の公園というのはフォトジェニックです。東京都北区立中央公園は癒しの空間として1976年に開園されました。しかし、それ以前はきな臭い歴史の一部でした。
東京都北区中央公園
1905年から1971年まで軍の施設が置かれていた場所です。今でも北側には陸上自衛隊十条駐屯地があります。最初に置かれた軍事施設は1905年の東京砲兵工廠でした。

後に東京第一陸軍造兵廠と呼ばれた兵器工場で精器製造所、銃砲製造所、火具製造所がありました。1945年の敗戦で施設は廃止になりますが1947年に米軍に接収されました。
東京都北区中央公園
1958年に一部が返還され翌年に陸上自衛隊十条駐屯地ができました。ベトナム戦争中は王子野戦病院が設立され負傷兵が受け入れられていました。

1971年に住民の願いが叶い返還され、1976年に北区中央公園として開園しました。1981年には中央公園文化センターが東京第一陸軍造兵廠本部跡に作られました。
東京都北区中央公園
最近では2008年に公園北部に赤レンガ図書館として知られる中央図書館が王子から移転して来て文教地区の色合いを深めています。市街地化されなかった広い敷地を活用して学校、病院、文化施設が集中します。

十条富士見中、東京成徳短大、都立王子特別支援学校、北療育医療センター、障害者総合スポーツセンターなどです。軍事と文教という相反する要素が時間軸を超えて同居するエリアとも言えます。
東京都北区中央公園
地形としては石神井川の浸食により削られた武蔵野台地の法面から台地上に登り切る辺りに位置しています。緩やかな斜面が公園内を歩くと感じられます。

妙な小山を公園内で見かけました。盛土でしょうか?それとも台地を崩しているのでしょうか?長きに渡り軍事施設だったことを考えれば土地改良が行われたとしても不思議ではない地歴があります。
東京都北区中央公園
明治43年(1910年)の陸地測量部の地図を見ると当時の等高線が分かります。現在の標高と比較すると一部に改変されている程度で元々高い部分は今も高いままでした。

現在の運動場がある辺りは当時から標高が一段低くなったところでした。鉄砲製造所内から水の流れが地図に描かれており石神井川まで流れが続いていました。
kitakuchuopark-002.jpg
次は水が流れただろうと思われる辺りを確認します。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

谷津大観音と寿徳寺【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑮

巨大な観音像が道端にありました。北区滝野川4丁目の石神井川沿いに突如現れます。私が通りかかった時に熱心にお参りしている方がいました。どの様な場所なのでしょうか。
谷津大観音 寿徳寺(北区)
石の状態を一見すると最近できたものだと分かります。調べると平成20年(2008年)に寿徳寺によって開眼された谷津大観音でした。お寺の門から60mほど離れた所にあります。
寿徳寺の江戸時代支配域
江戸の古地図を見比べると当時は石神井川河岸まで境内でした。東側は現在の住宅街の一部が境内だったことが分かりました。推定ですが当時の境内を点線で引いてみました。

東側は現在も残る道が境内の境になっていました。太い線で表してあります。
寿徳寺横の古道
江戸時代から残る寿徳寺横の古道は観音像の脇から伸びています。観音像がある辺りは当時は河岸だったと考えられます。この古道は蛇行しながら旧境内北側の道へとつながっています。
kitaku_takinogawa2.jpg
カシミール3Dで作成した立体図を起こしてみると江戸時代は十条台と音無川の斜面を領地とした寺院だった事が分かります・明治後期の古地図を確認すると境内の広さは現在の規模に縮小されていました。
寿徳寺(北区)
このお寺は正式名が山号が南照山、寺号が寿徳寺、院号が観音院と言います。真言宗豊山派の寺院です。通称は谷津(子育て)観音です。境内に大イチョウの皮をご飯に入れて炊くと母乳が出ると言い伝えがあります。

印象的な点は南照山という地形の利を表現している山号です。十条台の南側斜面にあり日当たりが良い場所です。
近藤勇 寿徳寺(北区)
寺院の入口に近藤勇と新撰組隊士供養塔があります。近藤勇の菩提樹される寺で処刑場の近くだった板橋駅前にある境内外墓地に墓があります。

近藤勇の墓所とされる場所は京都から東北まで点在します。東京には出身地近くの龍願寺(三鷹市)と寿徳寺の2カ所があります。
寿徳寺東横の路地(北区)
境内を出て東側へ歩きました。昔ながらの路地が続きます。東に向かい斜面になっています。北区中央公園付近から石神井川に流れていた小川がこの先にあったためかもしれません。

境内東側の道をはさんだと所に小さな神社がありました。
寿徳寺東横の路地(北区)
次は北区中央公園へ小川の痕跡と妙なスリバチ地形を探しに向かいます。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

音無こぶし緑地【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑭

晴れた日の河岸散歩は何とも言えず心地良いものです。フィールドワークの集団から一時的に外れ一人で地形的なポイントを巡りました。

この辺りの石神井川はかつて音無川と呼ばれました。緑地に音無の名が残されています。

現在、河岸の遊歩道は『武蔵野の道』として整備されています。昭和50年前後に直線化されたものの武蔵野台地を浸食した石神井川を楽しめる道です。
石神井川(北区)
第一の目的地は音無こぶし緑地です。ここまでに音無さくら緑地、音無もみじ緑地と歩いて来ました。調べると他に木の名前がついた音無緑地が多数あることが分かりました。

『えのき』、『けやき』、『みずき』、『かつら』、『くぬぎ』、そして、『さくら』、『もみじ』、『こぶし』です。武蔵野台地の自然を思わせるネーミングです。
音無こぶし緑地(北区)
音無こぶし緑地へ近づくと川沿いの遊歩道が徐々に標高を下げて行きます。そして、音無こぶし緑地へと導びかれます。直線化工事で残された蛇行した旧河道を活用した公園です。
音無こぶし緑地(北区)
まさにスリバチ地形です。そして、土地の記憶を残す場所です。音無緑地の標高は13m台です。三方向を囲む高台は24mあります。高低差11mの窪地は音の響きもどこか違い落ち着く場所です。
音無こぶし緑地(北区)
紅葉の名所とまでは行きませんが秋にはもみじの紅色やイチョウの黄色がさりげなく小さな秋を演出してくれます。時々、ランニング中の学生、ウォーキング中の人々が通り過ぎて行きます。
音無こぶし緑地(北区)
カシミール3Dで起こした図で見ると音無こぶし緑地は河川の蛇行で作られた攻撃斜面に囲まれていることが分かります。現在は斜面をマンションが囲み古い地層が見れない点は残念です。

川の対岸にも小規模ながら蛇行した旧河道を活用して作られた公園があります。音無くぬぎ緑地です。こちらは高低差3m程度の小規模なスリバチ地形です。
ohji_fukan5-001.jpg
行政区の境は旧河道に基づいて決められていることが多く北区滝野川4丁目と5丁目の境界線も同様です。音無くぬぎ緑地と音無こぶし緑地の縁に沿って蛇行した境界線が引かれています。

河川は治水対策、農業用水、生活用水、下水道という人の都合により江戸時代から流路が改変されています。土地の記憶は地形に残っています。

そんな痕跡を見付けてかつての光景を想像できると何とも言えぬ幸福感を感じることができます。

次の目的地は大仏です!ここに来る途中で見たんです。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

幻の洞窟~音無もみじ緑地【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑬

前回に音無さくら緑地を紹介しました。今回は音無もみじ緑地です。昭和50年前後に石神井川が直線化され蛇行した旧河道は平成6年に音無緑地として整備されました。
ohji_fukan4-001.jpg
現在の地形をカシミール3Dで表現すると旧河道がはっきりと浮かび上がります。直線化された石神井川に残された旧河道の窪地が緑地化された事が分かります。
otonashiryokuchi_meiji43.jpg
明治43年の陸地測量部の地図を見ると直線化される前の石神井川は現在の姿から想像ができないほど蛇行していました。江戸時代から昭和50年前後までほぼ同じ流路が残っていました。

音無さくら緑地は旧河道をそのまま活用して緑地化されています。しかし、音無もみじ緑地は土地改良が行われた痕跡があります。蛇行した旧河道は窪地として原型を保ちつつも埋め立てられています。
音無もみじ緑地(北区)
現地を観察すると旧河道が蛇行した流路は人工的な傾斜に改変され容易に登り下りができるように工事されています。上流部には切り立った壁が設けられ旧河道が踏襲されています。
音無もみじ緑地(北区)
上流側からの眺めも撮影しました。下流部に築かれた傾斜が視覚的に分かります。窪地の中央部分はワンド(川の入り江)が作られています。

中央の池は標高にして6m台、遊歩道は7m台です。周囲の高い部分は標高13m台あり6,7mの窪みになっています。都区内らしからなぬ光景です。
音無もみじ緑地(北区)松橋弁財天洞窟跡
この地を描いた江戸名所図会が案内板に刻まれています。天保5年(1834年)の「松橋弁財天洞窟 石神井川」です。春には桜、秋には紅葉の名所でした。

茶屋でくつろぐ人や水浴びを楽しむ人が描かれています。当時は松橋が架けられ弁財天があった洞窟へ渡る事ができました。洞窟は昭和50年前後の直線化工事まで残っていたと解説されています。
otonashiryokuchi.jpg
弁財天には弘法大師作と伝わる弁財天像が祀られ源頼朝が太刀一振を奉納したと伝わる場所でした。残念ながらどちらも失われています。

現在、滝野川三丁目アパートがあるところに滝があったと解説に書かれています。かつて滝があった場所はアプローチし易い傾斜地になっており見る影もありません。
音無もみじ緑地(北区)
現在は紅葉の名所でなくワンドに来る水鳥たちを楽しむ場所になっています。江戸時代の絵図にある深山幽谷を思わせる崖も木々も洞窟もなく少々殺風景なところが残念に思えます。

しかし、地形好きにはかつての蛇行した石神井川をスリバチ状の土地で楽しめる場所です。東京スリバチ学会のフィールドワークに相応しい地形です。

旧河道の内側にあった崖と洞窟が跡形もなく壊されてしまったことは痛恨の極みです。



王子稲荷神社でフィールドワークの集団からはぐれてここまで一人で歩いて来ました。読みがあたり音無もみじ緑地で集団に合流できました。

スリバチ会長に稲荷神社からここまで歩いた経路を聞き再び集団を離れる決意をしました。一行が辿った経路を踏襲するためです。王子駅で再集合の時間に間に合えば問題ありません。

東京スリバチ学会のフィールドワークで経験した二度の「はぐれ」は不本意でしたが三度目は「自らの意思」でした。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

特殊なスリバチ~音無さくら緑地【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑬

音無さくら緑地、音無もみじ緑地は季節感のある洒落たネーミングです。まとめて音無緑地と表記されることもあります。東京都北区を流れる石神井川がかつて蛇行した旧河川を緑地化した場所です。

自然の川は平坦な土地に出ると浸食採用により河岸を浸食しながら徐々に蛇行する度合いを増していきます。

場所によっては蛇行した河川が三日月湖として残されている場合もあります。都市化により河川の直線化工事が進んだ所では形跡さえ見付けるれないのが現状です。
otonashiryokuchi.jpg
音無緑地は都内では珍しい石神井川の蛇行した旧河道が残されている場所です。Mapionの地図で湾曲具合がはっきりと分かります。左が音無もみじ緑地、右の半円が音無さくら緑地です。
音無さくら緑地(北区)
まずは音無さくら緑地です。河川敷の遊歩道から一段下がった所にあります。行動成長期前の昭和30年から35年までの地図を見ると石神井川がここを蛇行して流れていました。

昭和50年前後に行われた工事で直線化されました。その際に貴重な川跡は平成6年(1994年)に緑地化されます。本格的な吊り橋まで作られ凝った演出です。
音無さくら緑地(北区)
水の流れも作られ親水公園の様にもなっている半円の窪地は東京スリバチ学会のフィールドワークで訪れのに恰好の地形です。ただ、一般的なスリバチ地形とは一線を画しています。

水の流れが台地を浸食してできる谷戸に多いスリバチ地形ですが、ここは旧河道が河川の直線化工事により使われなくなり窪地として残った行動成長期の人工的な一級スリバチ地形です。
音無さくら緑地(北区)
緑地内の解説によると都内では珍しく古い地層を観察できる崖地を残した場所です。最も浸食作用が大きい崖地を地形学で「攻撃斜面」と言います。

12~13万年前の下末吉海進により東京区部東部の一部が海底になった時期に形成された東京層が露出しています。貝殻の化石を見付けることができます。
音無さくら緑地(北区)
さりげなく存在する橋長2.5mの「さくら橋」は貴重な遺構の様です。解説が刻まれた石碑によると500年前くらいから日本で作られ始めたアーチ式石橋です。

当初は木橋よりも頑丈だったため重宝されましたが材料の進歩や建築方法の進歩もあり木橋にとって代わられました。だから、現存する石橋は少ないそうです。

この橋自体がいつ作られたかは書かれてなく残念です。

音無さくら緑地は閉塞感が演出する孤立した空間であり古を想い散歩するのには恰好の場所です。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

過去、現在、未来~石神井川【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑫

渓谷ができるほどの流れとは何だろうか?東京都北区にある音無渓谷は都会とは一線を画した場所です。人が生まれる前から脈々と続く地形の変化の仮定を見ています。
ohjikomagom2.jpg
地図を見れば一目瞭然です。元々は平らな武蔵野台地の東端が石神井川の流れで浸食され崖線を残し流路を東から南東へ流れがありました。

崖線を突き抜ける前は不忍池へ流れる谷田川と接続していました。ある時から崖線を突き抜けて隅田川へ直接流れる様になりました。

これが人為的なのか自然現象なのか議論は絶えません。一つ言える事は人為的な要素があったとしても水は崖線を痩せ細らせたという事です。
石神井川 王子付近(北区)
江戸時代の古地図を見ると崖線を抜ける辺り(王子神社と飛鳥山付近)で3本の流れに分流されていました。上郷用水、石神井川、音無川です。

上郷用水=北上する用水路(途中で分流)
石神井川=隅田川へ直結する流れ
音無川=日暮里方面へ向かう流れ
石神井川 王子付近(北区)
昭和33年の狩野川台風で起きた洪水で改修され飛鳥山分流路が造られました。そして、昭和50年前後に護岸工事が行われ都市でありがちな川へ変貌しています。遊歩道と深いコンクリートに囲まれた川は味気がありません。

また、下水道が整備される前は汚染がひどかったでそうです。

人口が多い都市では下水道の整備により衛生を治水工事により安全を担保し都市機能を維持させる宿命があると言えます。しかし、人情として自然の川に憧れて仕舞います。
石神井川 王子付近(北区)
私は現代の写真を残したいと思っています。それは利己的な野心というよりも未来への手紙の様なものです。未来人が「昔はこんな感じだったんだな~」と思ってもらえたら幸いです。

今から100年後、500年後、1000年後には想像もつかない風景があるのでしょうか。それとも地形という原型が元になって継承されて行くのでしょうか。

江戸東京は徳川家康が江戸に入ってからの16世紀から17世紀、明治から昭和の発展があった19世紀から20世紀が変化の特に激しい時代でした。

東京はいつ、どの様に変わって行くのか現代人の私たちには知る由もありません。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

音無渓谷の深みへ~音無親水公園【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑪

東京23区にも渓谷があります。知る人ぞ知る南の等々力渓谷、北の音無渓谷です。武蔵野台地の端にできた音無渓谷は今や穏やかな公園となり憩いの場と化しています。

東京スリバチ学会のフィールドワークではぐれた他の人よりも先に訪れました。
王子神社から音無親水公園へ(北区)
崖線上にある王子神社の横から音無渓谷へ下りる道があります。深さを十分に認識できる道です。底まで下りて感じた事は2つ、武蔵野台地を抉る水への畏敬念と水のない渓谷への残念さです。
音無親水公園へ(北区)
東京都内の川にありがちの事ですが同じ川が流域によって名前が変わります。石神井川も同様です。北区では音無という名と滝野川という住所で呼び名が残っています。

小平市・西東京市:悪水
西東京市・練馬区の一部:大川
練馬区・板橋区:石神井川
北区:音無川、王子川、滝野川
音無親水公園へ(北区)
最も落差があるところは王子神社の縁です。標高約17mあり親水公園の川底は約4mです。僅か35mで13mもの高低差があります。渓谷と呼ぶに相応しい斜面です。
音無親水公園へ(北区)
かつては滝がありの激しい流れがあった所です。現在は水車などが設置される親水公園としての姿に変貌しています。水はどこへ行ったのでしょう。

「飛鳥山分水路」

1966年から1968年にかけて飛鳥山の下にトンネルを掘りバイパスを作りました。1958年の狩野川台風による洪水がきっかけでした。
音無親水公園へ(北区)
「日本の都市公園100選」に選ばれた音無親水公園です。現在、かつての流路に流れる水は地下から組み上げられています。訪れた日は水が止められていました。

写真の正面は音無橋です。

昭和6年に竣工したアーチ型コンクリート橋は昭和33年の狩野川台風で流されて仕舞いました。飛鳥山分水路が造られるこの台風の威力の凄さが分かるエピソードです。

江戸名所図には音無川の滝が描かれています。

滝は跡形もなく消えた今、江戸時代の姿に思いをはせるのは難しく感じられます。しかし、武蔵野台地を深く削り渓谷ができた経緯には興味深いものがあります。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

王子稲荷の坂から王子神社へ【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑩

はぐれたのは今回が初めてではありません。王子稲荷を出た所で東京スリバチ学会のフィールドワークの一行はいなくなっていました。王子稲荷の坂下にいた人に聞き込みをすると集団を見ていないと言いました。

きっと坂上に向かったのでしょう。地図を見ました。石神井川へ向かったのは確かです。坂を登って上流に向かったとしたら下流側から行けば高い確率でまたで会えるでしょう。
ohji_fukan1-001.jpg
逆に下流側から石神井川を遡ったとしてもハイペースで歩けばどこかで追いつくでしょう。昼休憩は王子駅なので必ず合流できます。石神井川を下流側から攻める事にしました。

カシミール3Dで地図にまとめてみると改めて歩き涯のある道だった事が分かります。
王子稲荷の坂(北区)
集団に合流する事が一つの目的ですが、街と地形を楽しむことは最大の目的です。王子付近の崖線を味わいながら歩きました。旅は分かれと出会いです。

聞き込みをしながらも「王子稲荷の坂」を堪能していました。約100mで約17mの標高差がある坂です。
上郷用水跡
坂下に戻り「上郷用水」があった道を歩きました。現在は暗渠化されています。石神井川のから分かれ王子神社の横を通り王子稲荷神社前を流れていました。

流れは名主の滝公園を過ぎるとJRの線路を潜り分岐されながら隅田川と合流します。
権現坂(北区)
崖線の法面にある交差点に出ました。「権現坂」です。かつて王子権現と呼ばれた王子神社へ続く道です。坂の途中で王子大坂が分岐します。

その道は日光御成道、別名岩槻街道と呼ばれる江戸時代の街道です。
王子神社(北区)
坂を堪能し過ぎると集団に合流できなくなります。一気に登り王子神社へ行きました。創建年は不明ですが源義家の甲冑が納められた故事があり平安時代には存在した可能性があります。

室町時代には領主の豊島氏が紀州熊野三社より王子大神を勧請され王子という地名が生まれました。

戦国時代には後北条氏も信仰していました。徳川家康が江戸に入ると1591年に祈願所とし二百石を与えました。1634年に徳川家光が王子稲荷と伴に社殿を造営しました。
王子神社の大イチョウ(北区)
昭和20年で社殿や木々が焼ける中で「王子神社のイチョウ」は残りました。幹回り6.36m、高さ19.69mの立派な出で立ちを見ると戦前の緑豊かな境内が想像できます。

戦後は昭和39年に復興し現在の社殿は昭和57年に建替えられました。

王子神社の横を下る道を見付けました。歩いて行くと深い谷間に導かれます。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

化かされた!?王子稲荷神社(後編)【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑨

「江戸名物、伊勢屋、稲荷に犬の糞」という江戸初期の流行り言葉がありました。各地が商人が江戸に集まり出身地を店の名に使っていました。

また、野良犬が多く糞も多かったそうです。

稲荷は中世以降、商売繁盛の神と認知され稲荷神社が急増し流行り神とされていました。
王子稲荷(北区)
そんな中で王子稲荷には別格という自負がありました。東国三十三国総社という平安末期から続く伝承があり源頼朝の高祖父頼義は奥州追討の際に関東稲荷惣司として拝んだとされています。

また、源頼朝は治承4年(1180年)に祖父義家の腹巻、薙刀などを奉納したと社伝にあります。

しかし、江戸幕府は「東国三十三国」と宣伝する事に待ったをかけました。結局、「東国三十三国」の根拠となる幟や額が没収され処罰されました。

関東稲荷総社(関東八州惣社)としての観光宣伝が許可され現在に至っています。
王子稲荷(北区)
王子稲荷は狐火で有名な場所でもありました。狐火とは沖縄以外に伝わる提灯または松明のような怪火の列です。王子では大晦日に三十三国から狐火が集まり参拝するという民話伝承がありました。

王子の狐火は見事だったそうで農民が炎を数え翌年の豊凶を占ったと伝承されています。

狐火自体は超常現象的な話ですが江戸幕府が調査をしたという記録があります。幕府は縁起を作るために調査として行い伝承的な表現と理解した様です。
王子稲荷(北区)
王子稲荷神社の隠れた魅力は社殿の奥の本宮社付近にある古いものにあります。片隅に佇む2基の灯籠に惹きつけられました。一方に寛政7年(1795)、もう一方に文政7年(1824)と刻まれています。

文政7年の灯籠には再建と刻まれています。文政5年(1822)の社殿改築と関連がありそうです。
王子稲荷(北区)
王子稲荷の本宮社にある御石様があります。願懸けをしながら御石様を持ち上げた時に「重い」と思えば叶わず、「軽い」と思えば叶うというものです。

これは心理学だと思いました。

どんな物事でも臨む時に簡単だと思うと試練に挫け易くなります。逆に重い試練が来る覚悟で臨めば乗り越えて行けるものです。心構えを諭しているのでしょう。

「重いぞ~」と思いながら持ち上げると軽く感じるというものです。

ここでアクシデントが起きました。フィールドワークの最後尾にいた私の前に大きなスーツケースを持った女性二人組が並んでいました。

楽しげに御石様を持ち上げていました。かなり時間をかけていました。

私が石を持ち上げ神社を出る事にはフィールドワークの面々はすでに神社を後にしていました。「また、はぐれた」…稲荷神社だけに狐に化かされていたのかもしれません。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

古墳!?王子稲荷神社(前編)【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑧

崖に作られたお稲荷さんです。王子稲荷神社です。創建年は不明ですが歴史は古く平安時代にはあったと言われています。

東京スリバチ学会のフィールドワークで昨年の12月に訪れました。
王子稲荷(北区)
丁度、テレビドラマ「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」が放映されていました。ただ陰陽という言葉に惹かれ毎週見ていました。

王子稲荷と陰陽師の共通点は?

それは狐です。陰陽師安倍晴明の母である葛の葉は白狐の化身とされています。
王子稲荷(北区)
神社の敷地へ入ると一段高い所にある拝殿が見えました。参道は階段で手前まで緩やかな勾配になっており階段で一気に5mほど上がります。
名手の滝と王子稲荷x15-001
【王子稲荷神社は図の中央辺りで坂の右側です。】

王子稲荷の正面を横切る道路は標高にして6mです。拝殿は12mの所にあります。崖上は25mの高さがありまさに法面のお稲荷さんです。

元々は岸稲荷と呼ばれていました。

荒川流域が広かった頃、この辺りは岸だったそうです。ちなみに王子稲荷の住所は北区岸町1丁目です。土地の記憶が住所として残っています。
王子稲荷(北区)
現在の社殿は文政5年(1822)に建てられました。江戸幕府と王子稲荷の関係は寛永11年(1634)の造営に始まります。德川将軍家祈願所に定められていました。
王子稲荷(北区)
拝殿の奥には本宮社へ続く千本鳥居があります。さらに奥へ進むと崖に階段が設けられています。上には岩盤に穴が開いています。
王子稲荷(北区)
この穴を「狐穴」と言うそうです。まさか落語「王子の狐」で騙された母狐が隠た巣穴だったのでしょうか?

現実と作り話がごちゃごちゃになりそうです。

ちなみに「王子稲荷神社狐穴」は古墳として数えられています。「王子稲荷裏古墳」は横穴式の古墳だったと考えられています。

江戸時代の記録に崖を崩した際に勾玉が出たという話が残っています。

神社と古墳がセットになっている場所も少なくありません。そうなると太古の昔からここは神聖な場所だったのかもしれません。

今は知る由もありませんが益々神秘さが増して来ました。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

紅葉~名主の滝公園(後編)【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑦

毎年最低1回ずつ都内の桜と紅葉の名所を楽しみます。2013年はフィールドワークで訪れた「名主の滝公園」で紅葉を堪能することができました。
名主の滝公園(北区)
名主とは誰のか?それは王子村の畑野家です。安政年間(1854~1860)、敷地内に滝を開き茶の栽培を始めました。夏には一般の人々が利用できる避暑施設としました。
名主の滝公園(北区)
最初に庭園化されたのは明治時代中期以降の事です。所有者が畑野家から貿易商の垣内徳三郎氏に移りました。栃木県の塩原の風景を模した庭園を作り替えました。
名主の滝公園(北区)
昭和13年になると所有権は垣内氏から株式会社精養軒に変わりました。食堂やプールがある一般利用の施設となりました。昭和20年の空襲で焼失しました。
名主の滝公園(北区)
昭和34年に東京都は都市計画公園の計画に基づき名主の滝を買収しました。そして、翌年の昭和35年に開園させました。昭和50年には北区の公園となりました。
名主の滝公園(北区)
王子界隈にはかつて「王子七滝」と呼ばれた滝が存在していました。唯一残されているのは「名主の滝」の「女滝(めたき)」です。見栄えがする男滝(おたき)ではない事に少々驚きです。
名主の滝公園(北区)
江戸時代の古地図を見ると丸い池のある辺りは隣にある金輪寺の敷地でした。1860年に金輪寺は焼失し神仏分離で廃寺となりました。

明治36年に藤本坊があった所に金輪寺の名を継がせて再建しました。

焼失と滝が造られた時期はほぼ同じです。また、明治中期に庭園が造られた頃は廃寺の状態でした。明治初期から中期に敷地の所有権が変わったのでしょう。
名主の滝公園(北区)
現在見ている庭園は昭和35年の開園に合わせて改装された回遊式庭園です。石畳に瓦が使われるなど細部にこだわりを見付けることができます。

名主の滝公園
所在地:東京都北区岸町1-15-25
電話番号:03-3908-9275
休み:12月29日から1月4日まで
利用時間:9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
 ※7月15日から9月15日:9:00~18:00(入園は閉園の30分前まで)

次の目的地、「王子稲荷」へ向かいます。

ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

男滝と女滝~名主の滝(前篇)【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑥

スラッシュ!滝の清涼感に心癒されます。フィールドワーク一行は名主の滝公園に到着すると自由行動になりました。滝を堪能する人、歩き回る人と好き好きに公園を堪能しました。
名主の滝公園(北区)
12月初旬の公園は紅葉に包まれていました。園内に入りもみじの向こうに見えた水しぶきが印象的でした。とりあえず男滝(おたき)へ向かいました。
名主の滝公園(北区)
滝を滝らしく撮ろう!そう思いシャッタースピードを可能な限り落としました。手ぶれのない様に石にカメラを固定して撮影しました。
男滝 名主の滝公園(北区)
シャッタースピード1/4秒、f8、ISO100で撮影しました。どうにか滝らしく水の線を描くことができました。三脚とレリースがあればより幻想的に仕上げられたかもしれません。
崖線 名主の滝公園(北区)
男滝で粘った後、滝上へ続く道を登りました。十条台の崖線をリアルに体感できる場所です。標高9mの滝下、標高20mの滝上、両社の直線距離は40mある275‰の急な斜面です。
女滝 名主の滝公園(北区)
坂上の風景はかなり残念でした。景色が開けている訳ではなくただ名主の滝災害給水所があるばかりでした。崖の反対側から下りると女滝(めたき)がありました。

入り組んだ場所にある女滝には水は流れておらず枯滝状態でした。しかし、見栄えの良い男滝を差し置いて女滝が歴史的に重要な滝である事を後で知りました。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

十条台崖線を堪能【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】⑤

崖の上下を堪能した区間でした。京浜東北線に乗り上野から赤羽まで続く崖線は目を引きます。実際に歩いてみると電車で見た風景とは違う感覚を覚えます。

地形は五感で体得して初めて本当の理解ができるものかもしれません。
岩槻街道(中十条1丁目(北区))
細い道から大通りへでました。そこは岩槻街道(日光御成街道)です。古い道を歩くと想像力が働きます。将軍御一行様や旅人達が歩く姿を想い自分を重ねてみます。
中十条1丁目(北区)
交差点で都道455号線は三又に分岐します。さらに今まで歩いて来た都道460号線(岩槻街道)に分かれます。崖下へ続く都道455号線の一本は一目して高低差が分かります。
岸町2丁目の階段(北区)
車道は緩めの勾配で設計されています。しかし、歩道は違います。一気に崖下へ導く階段があります。水平距離33mで10mの高低差がある303‰の急な階段です。
fwroute1_kitaku.jpg
カシミール3Dで付近の地形を見ると十条台と荒川低地を区切る崖線が鮮明に浮かび上がります。
岸町2丁目の階段(北区)
都道から離れ横道に入ると閑静な空間が現れます。崖線沿いに作られた住宅街が気になります。法面はコンクリートで固められています。手前の階段に趣があります。
sanpeizaka_kitaku.jpg
江戸時代からある三平坂に遭遇しました。名手の滝公園をなめるように崖上へ導く坂です。台地の農家が崖下の水田へ通うために使われた道でした。
三平坂(北区)
名前の由来はこの場所にあった三平村です。平面距離約100m、高低差13.8mと138‰のS字坂です。水田のない今、昔の姿を思い浮かべるためには逞しい想像力が必要です。
三平坂と謎の山(大正5~10年 北区)
残念ながら目的地は名主の滝公園だったため坂上まで登りませんでした。大正5~10年頃の地図より前は表記され昭和初期以降の地図にないものがあります。

標高27.5mの小山です。現在のこの辺りの標高は20mと平面です。

北区は古墳が多い場所なので調べましたが該当する古墳跡は見つかりませんでした。ただ、多くの古墳が昭和になり消えていった事を考えると可能性は捨てきれません。

この崖線は先土器時代から人の営みの痕跡がある古い土地です。だからこそ、発見されていないミステリアスな何かがあっても不思議ありません。ワクワクします。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

芝坂は?【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】④

登り降りのある道を一つの坂と捉えられた場所に初めて遭遇しました。東十条駅と王子駅の間にある芝坂です。不明な点が多い坂です。

坂の道筋からよくわかりません。
shibazaka_kiaku.jpg
かつては坂の標識があったそうですが現在は撤去されている様です。なぜ、撤去されたかは不明です。そして、芝坂の名前の由来も不明です。

ちなみに「東京23区の坂道」によると2つの坂上を持つ坂として記載されています。
芝坂(北区)
江戸時代の古地図に「芝坂」とはっきりと表記されています。尾根道を崖下方向へ曲がり30mほど進むと湾曲した下り階段があります。
芝坂(北区)
細い階段路地は何とも言えぬ情緒あるところです。時期は12月初旬だったため落ち葉が階段をまばらに覆っています。侘び寂びを感じられます。
芝坂(北区)
水平距離は約97mです。最初の約40mで約8.4m下がり、残りで約9.6m上る坂です。▲210‰と168‰と歩き涯のある下りと登りを体感できます。

反対側の芝坂は階段ではありませんでした。
芝坂(北区)
坂上まで到達して振り返ると崖線の法面がと崖下の街が見えます。違和感があります。坂の一番低い所は崖の法面でした。そこから下まで別の道がありました。

あの道も芝坂ではなかったのだろうか?
shibazaka_kitaku2.jpg
北区の「十条地区歴史文化財マップ」によると芝坂は上の図の様にマップに載っていました。崖下から続く道も芝坂に含まれています。

しかし、先程下った階段側は江戸時代の地図にも載る古い道筋なのに芝坂ではないという事になります。

「東京23区の坂道」ではU字型の坂道としてありました。北区の解釈では「く」の字型です。この2つを合体させると「Y字型の坂と言うことになります。
shibazaka_kitaku1960.jpg
東京時層地図を時代ごとに見ていくと高度成長期前夜まであり消えたものがあります。それは神社です。坂を一旦下りた崖の法面にありました。

この神社は何という名前だったのだろうか?まさか、…。

不明な事の多い芝坂でしたが芝坂は素敵な階段路地を含めたY字型であって欲しいと願っています。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

?だらけ地蔵坂【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】③

当たり前のことに感動しました。崖に坂があるのは当然です。坂が好きにとってどんな理由であろうと坂があれば嬉しく感じるものです。

まずは東十条から崖線を歩きました。

最初に遭遇した地蔵坂をフィールドワークの一行はかすめて行きました。気になり後で調べると多くの疑問が残る坂でした。
jizozaka_kitaku.jpg
ネットで見付けた標識の文字情報によると三叉路(さんさろ)が坂上です。全長約64m、高低差約9mある141‰の坂です。江戸時代の古地図にもある道筋です。
東十条駅前
東十条駅南口には跨線橋があり崖の法面につながっています。ここも地蔵坂と呼ぶのでしょうか?調べても名前野出て来ないこの坂は何と呼ぶのでしょうか。
jizozaka_kitaku2.jpg
ちなみに江戸時代の古地図によると駅前の坂は上の図の様につながっていました。地蔵坂を上がった最初の三叉路から辿り着くことができました。
寛政二年(1791)銘庚申塔
南口前の道に地蔵堂があります。子育て地蔵です。左横に庚申塔があります。地蔵堂は元々は坂下にあったそうです。跨線橋工事で移築されました。
地蔵坂(北区)
庚申塔の横に地蔵坂へ下りる階段がありました。残念ながら今回のコースは階段を使わず地蔵坂を堪能する余裕はありませんでした。
地蔵坂(北区)
江戸時代からあった横道から地蔵坂の坂上とされる三叉路へ回り込みました。さらに上へと坂は続いておりどこまでが地蔵坂だったのか混乱します。
jizozaka_kitaku-001.jpg
実はこの先にも別の三叉路はあります。地蔵坂なのでしょうか。「三叉路」の解釈次第では地蔵坂は上の図のようにも捉えることができます。

全長約130m、高低差約13mある100‰の坂です。蛇行した形状に趣があります。

標識の文字情報はネットで見付けたので実際の標識を見ていません。地形を言葉で伝え理解するのは大変難しいものです。地図が一番頼りになります。

ちなみに「東京の坂道」というサイトの地図では地蔵坂は最初に披露した短い解釈でした。

では、さらに上に伸びている坂道は何という名前なのでしょうか?もう、「???」だらけです。名前のない坂ということでいいのでしょうか。

余談ですが地蔵坂は西日暮里と日暮里の間の諏訪台にもあります。この崖線周辺は地蔵が多かった様です。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

ちょっと待って!赤羽へ【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】②

これは結構面白そうだ。カシミール3Dで東中条駅から王子駅の図を作ろうと作業をしていたら素晴らしい地形に出会えました!『東京「スリバチ」地形散歩』にも書いてある場所です。

「東十条・王子・駒込フィールドワーク」のコースとは真反対ですが地図上寄り道したくなりました。
東十条俯瞰2
本来のコースは南下、ソフトでは北上しました。東十条駅から赤羽駅方面に少し地図を動かすと2本の川筋がえぐった谷が目に飛び込みます。

北上して1本目が稲付川の谷間です。

稲付川は別名を北耕地川、石神井川中用水、根村用水とも言います。練馬区で石神井川と別れ複雑に入り組んだあげ堀を経て中用水になります。

この川は氾濫も多く下水道の発達に伴い1967年にほぼ暗渠化されました。谷間を見ると農業用水として整備される以前は自然の流れが谷間を作った様に思えます。

北上して2本目の谷筋…過去に流れていた川の名前が分かりません。
東十条俯瞰1
そして、北上して3本目の谷筋も同様です。上は2,3本目の谷筋をまとめた図です。地形マニアならばよだれが出そうな複雑な谷間です。

2本目の谷筋は赤羽自然公園が谷頭になっています。さらに西へ目を少しだけ動かすと道路を挟んだ先に一級スリバチがあります。島下公園付近です。

元々の谷頭を付近を盛土して道路と宅地を作った様に見えます。その結果、谷頭の途中に壁が出来て一級スリバチになったと思われます。

まずは現地に行きたい…。

3本目の谷筋はさらに複雑です。3本の支谷が形成されています。赤羽駅北口の低地からまずは八幡坂を登ります。最初に分かれるのが最も北の支谷です。

1、最も北の支谷は桐ヶ丘と赤羽台を隔てる道路になっています。
2、真ん中の支谷は蛇行していおり谷頭近くに桐ヶ丘中央公園があります。
3、最も南の支谷はは長細く宝幢院墓地として利用されています。

低地部に目をむけても微高低差のある地形に面白味があります。

荒川・隅田川・新河岸川の氾濫と蛇行により形成された氾濫低地です。台地の下から川に向かい勾配を追って行くと河岸段丘が形成されている事が分かります。
王子俯瞰1-001
今回のフィールドワークは全く逆方向へと地図上で小旅行をしました。赤羽は坂が多い事で有名ですがカシミール3Dで複雑さを俯瞰して感動しました。

まずは現地へ…。

その前にこのフィールドワークを書き終えねばなりません。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

東十条駅で考える【東十条・王子・駒込フィールドワーク(東京スリバチ学会)】①

どこか寂しい駅、でも、どこか懐かしくもある…。東十条駅です。こんな機会でもなければ下車する駅でもありません。東京スリバチ学会が昨年12月に開催したフィールドワークです。

東十条駅から王子駅、昼食後に駒込まで崖線や川筋を辿りながらのルートでした。
東十条駅前
京浜東北線しか止まらない駅です。京浜東北線の日暮里・赤羽区間の乗車人数をまとめてみました。東十条と上中里は乗車人数を見る限り東京23区内のエアーポケットです。

2012年 JR東日本乗車人数
(37位)日暮里駅:99,875
(42位)西日暮里駅:94,884
(98位)田端駅:44,155
(311位)上中里駅:6,973
(70位)王子駅:60,656
(170位)東十条駅:21,772
(47位)赤羽駅:88,140
 ※(1位)新宿:742,833人
東十条駅前
下車するとどこか地方の駅の感覚に近いものがあります。下町風情が残る東十条商店街は南口から250mほどの所です。昭和からゆっくりと時が流れる街とも言えます。

むしろ好きです。辺鄙さ故の閑静さが心落ち着かせます。
東十条 江戸末期
江戸時代から現代に至るまで東十条駅の崖線に真光寺、尾根道には街道が通っています。古地図に岩淵街道と書かれていますが日光御成街道、又は日光御成道の事です。

将軍が日光へ参拝する際に使用した道です。

岩槻藩(さいたま市)が参勤交代に使った事から別名を岩槻街道と呼びます。岩淵街道と書かれた理由は赤羽村の先にある岩淵宿によるものだと推定します。

この街道の前身は鎌倉街道中道(なかつみち)です。余り知られていない下十条宿が古地図に描かれている点は興味深いものがあります。
東十条駅前
ここは武蔵野台地の東縁です。上野から赤羽まで崖線の傾斜地と平低地の切れ目に沿って線路は作られています。東十条駅から台地上に登る坂は人工的な切通しに見えます。

下の図はカシミール3Dで標高を1.5倍に強調した図です。。
東十条2
ここで一つの壁にぶつかりました。東京23区内の崖線の名前が見付かりません。西東京ならば国分寺崖線、立川崖線など固有名詞が存在しています。

23区内の崖線には名前がないのか?もし、名前がないのならば地形的な解釈として西東京は崖線を中心、東東京は台地を中心に見ているのでしょうか?

私がただ見付け切れなかっただけなのか?

本フィールドワークのブログを書きながら答えを探したいと思います。

つづく…ほいじゃ

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

ベテランとチーム(組織)【Vプレミアリーグ 女子バレーボール】

メンバーを選ぶ時にどのようにしたら良いのだろうか?目標の達成という軸に合わせて能力値で選ぶことも大切です。しかし、それだけでないでしょう。

人は心で仕事をしています。

チームのメンタル面を考えたメンバー構成も同様に大切です。バレーボールから学ぶ事があります。都築 有美子 NECレッドロケッツ
もし、「この選手がいなかったら」と言われる選手はベテランである事が多いでしょう。Vプレミアリーグの新加入ベテランに注目してみました。

まずはNECレッドロケッツに2013年6月に加入した都築選手です。

都築有美子(30)
トヨタ車体(2006-2012)【Vプレミアリーグ】
 (2007-2009)主将
 (2008)皇后杯全日本選手権優勝
CLUB EHIME(2012-2013)【地方クラブチーム】
NECレッドロケッツ(2013-)【Vプレミアリーグ】
都築 有美子 NECレッドロケッツ
代名詞であるジャンプサーブは衰えを感じさせません。いつも動きはシャキシャキ、ベテランらしからぬ全力プレーです。自らチームに声を掛け続けています。

現在、NECレッドロケッツは7位と低迷しています。

都築選手が試合に出る様になってからはチームが変な崩れ方をしなくなりました。もし、いなかったら負けが続きメンタル面でもっと崩れていたかもしれません。
都築 有美子 NECレッドロケッツ
優秀なベテランの有難い点は絶体絶命の状態に遭遇しても冷静に回避したり逆に利を得る技を持っています。若い勢いとは正反対の魅力です。

ただ、怪我だけには気を付けて欲しいものです。
Vプレミアリーグ2014 NECvsJT(東京大会)
もし、橋本選手がいなければJTマーベラスは最下位だったのかもしれません。怪我人続出、助っ人外人までも…セッターをアタッカーにするなど燦燦たるチーム状況です。

ところが開幕すると首位に立ちました。平均身長が高い訳でもありません。

大卒新人2名が活躍したことが功を奏しました。171㎝のエースやセッターからアタッカーになった選手のポテンシャルを引き出しています。

現在はデータを研究され戦力に近い順位まで落ちています。もしいなければ最下位だったかもしれません。橋本選手は昨年初めて全日本入りしました。

橋本直子(29)
久光スプリングス(2003-2009)【Vプレミアリーグ】
 (2006/2007シーズン)ベスト6
 (2007)日韓V.LEAGUE TOP MATCH MVP、黒鷲旗全日本選手権2連覇、シーズン三冠
エンゲルホルム(2009-2011)
日立リヴァーレ(2010夏)【サマーリーグのみ参戦】
JTマーヴェラス(2011-2012)【Vプレミアリーグ】
 (2012)黒鷲旗全日本選手権優勝 ベスト6
ボレロチューリッヒ(2012-2013)
  ヨーロッパチャンピオンズリーグ出場
全日本代表(2013)【ワールドグランプリ、世界選手権予選】
JTマーヴェラス(2013-)【Vプレミアリーグ】

現全日本監督が久光製薬の監督だった時の正セッターです。また、2011/2012シーズンにJTでプレーした時はロンドン五輪銅メダリストの竹下選手の控えセッターでした。

また、木村沙織選手(ガラタサライ)ともジュニア時代にプレーした事もあり一流どころと交わり世界での経験も豊富な優秀なセッターです。
山口舞 岡山シーガルズ
現在、2位につける岡山シーガルズもベテランの力が支えています。何と言ってもロンドン五輪銅メダルメンバーの山口舞選手(30)です。スパイク決定率で2位に付けています。

五輪前後は故障もあった様でした。2013年は全日本入りしませんでした。

満を持して臨んだ今季は大活躍しています。大ベテランが19歳のセッター宮下を育てる形になっています。益々強いチームになるでしょう。

山口舞(30)
岡山シーガルズ(2002-)【Vプレミアリーグ】
全日本代表(2009-2012)
 (2010)世界選手権銅メダル
 (2011)ワールドカップ4位
 (2012)ロンドン五輪銅メダル
佐々木侑 岡山シーガルズ
もう一人、全日本おろか国内トップリーグにも2年前まで縁がなかった選手が岡山シーガルズを支えています。佐々木選手です。昨シーズンに岡山と契約し初めてトップリーグでプレーしました。

佐々木侑(28)
PFUブルーキャッツ(2004-2008)【Vチャレンジリーグ】
三洋電機レッドソア(2008-2012)【Vチャレンジリーグ】
岡山シーガルズ(2012-)【Vプレミアリーグ】

今や岡山シーガルズのライトポジションを任される選手となりました。チームを攻守で支えています。この選手の加盟で岡山はライト攻撃のバリエーションを増やす事ができました。

キッカケは前所属チームが解散することになったためでした。

一緒に連れて来た妹の佐々木萌選手と一緒に岡山シーガルズに入団して姉妹で活躍しています。



若い人だけのチームだと勢いがある時は良いのですが困難にぶつかると脆弱さをさらけ出す事こともあります。そこにベテランが1枚かんでいればチームが締まります。

スポーツでは常識的なコンセプトですが仕事では職場では十分に理解されていないかもしれません。

年寄りばかりのチーム、若い人だけ集まったチームと年齢層で偏りが多々あります。様々な年齢層と経験の持ち主をミックスすることでチームの基盤がしっかりし目標達成に近づくでしょう。

役職として引っ張るベテラン
若手を支えるベテラン
自らが先頭切るベテラン
晴れ舞台で活躍したベテラン
影ながら地道にやって来たベテラン
難局でも打破して進むベテラン

それぞれに味があります。チームにとってどんなベテランが必要か考えて選出することが鍵です。元気に活躍するベテランを見た若手は問答無用に頑張るしかないでしょう!

チーム(組織)のメンタルは向上するでしょう。

ちなみにバレーボールでベテラン選手の役割に注目すると何倍も面白くなります。むしろ、ボールが動いていない時に面白味があります。

ほいじゃ

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

世界選手権に向けて 後編【Vプレミアリーグ 女子バレーボール】

バレーボールを仕事目線で見ています。昔はサッカーから類比していました。今はバレーです。空中という不安定な状態で瞬時にチームが連動しなければなりません。

現代のビジネスに近いものを感じています。

それだけではありません!「世界」です。女子バレーは常に世界と戦えるレベルにあります。2010年までは一度低迷して復活を遂げました。まさに日本のビジネス界が辿るべき方向です。
Vプレミアリーグ2014 東レvs日立(東京大会)
【腰痛から復帰した江畑。技術は高さ証明! Vプレミアリーグ2014 東レvs日立(東京大会)】

個人ランキングでは迫田の活躍が目立ちます。昨年は全日本のMB1戦略で軸となった選手です。期待のミドルブロッカー岩坂もブロックランキングで1位につけています。

全日本の守備の要である新鍋もここに来てサーブレシーブランキングで1位まで上がって来ました。

<Vプレミアリーグ2レグ終了時の個人成績>
※ここで言う代表とは2013 World Grand Champions Cupのメンバーだった選手です。

総得点
1位 迫田(東レ)日本代表
2位 ペーニャ(東レ)ドミニカ代表
3位 石井(JT)

アタック決定率
1位 パオリー二(日立)米代表
2位 山口(岡山)元日本代表
3位 高田(東レ)

アタック本数(1セットあたり)
1位 迫田(東レ)日本代表
2位 川畑(岡山)
3位 カナニ(トヨタ車体)
Vプレミアリーグ2014 東レvs日立(東京大会)
【MB1キーの迫田はブロックも良化? Vプレミアリーグ2014 東レvs日立(東京大会)】

ブロック本数(1セットあたり)
1位 岩坂(久光)日本代表
2位 奥村(JT)
3位 南(日立)

サーブ効果率
1位 永松(日立)日本代表
2位 ペーニャ(東レ)ドミニカ代表
3位 冨永(パイオニア)元日本代表

サーブレシーブ効果率
1位 新鍋(久光)日本代表
2位 石井(JT)
3位 佐藤(日立)日本代表
Vプレミアリーグ2014 東レvs日立(東京大会)
【江畑の技で難しいトスをクロススパイク! Vプレミアリーグ2014 東レvs日立(東京大会)】

ランキングで上がって来れない全日本メンバーもいます。原因は故障、調子低迷です。全日本での世界での戦いが激しく厳しいものだったのか物語っています。

シーズンを通して活躍
迫田(東レ)、中道(東レ)、岩坂(久光)、佐藤(日立)、新鍋(久光)、木村(ガラタサライ)

ほぼスタメンに成り得る面子です。岩坂、新鍋、佐藤は2レグから調子を上げて来ました。

故障や調子低迷から復帰して活躍
江畑(日立)、長岡(久光)、石井(久光)

この辺りの選手が上がって来ないと世界選手権の雲行きは怪しくなるでしょう。
Vプレミアリーグ2014 NECvsJT(東京大会)
【近江には迷いがあるそうです。 Vプレミアリーグ2014 NECvsJT(東京大会)】

故障や調子低迷で苦しんでいる感じの選手
近江(NEC)、平井(久光)、座安(久光)

全日本に再選出されるか…本人次第でしょう
Vプレミアリーグ2014 NECvsJT(東京大会)
【JTはベテラン橋本選手がいなければどうなっていたのか? Vプレミアリーグ2014 NECvsJT(東京大会)】

全日本の復活しそうな活躍
山口(岡山)、宮下(岡山)、橋本(JT)、石田(久光)

ロンドン五輪銅メダルメンバーの山口は健在、グランチャン前に全日本から外れたセッター宮下、橋本は控えとしてどちらかが戻るでしょう。石田は眞鍋監督曰くチームに貢献する人物です。
Vプレミアリーグ2014 東レvsNEC(川崎大会)
【島村のパワフルなアタック! Vプレミアリーグ2014 東レvsNEC(川崎大会)】

全日本で活躍?
島村(NEC)

何しろパワフルで明るい!世界では未知数ですが面白い人材です。身長は181㎝と各国が大型化している中で通用するかは疑問があります。

全日本の監督、チームスタッフはブラジル、アメリカと言う高い壁をどのように超えるか模索しています。それを可能にする選手、又は可能にする戦術に対応できる選手を探しています。
Vプレミアリーグ2014 東レvs日立(東京大会)
【編集後記的な…】

奮発して東京体育館のスーパーシートにしたのですが2列目でした。試合は前列の人で見えないわ、ベンチサイドだと監督で見えないわで惨めな思いをしました。

1列目と2列目が同じ値段だとは思えない…。

スーパーシートを選ぼうとしている方、早い者勝ちの場合は要注意を!少しでも遅れたと思ったら買わない事をオススメします。

ほいじゃ

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

世界選手権に向けて 前編【Vプレミアリーグ 女子バレーボール】

2014年はバレーボール世界選手権の年です。9月にイタリアで開催されます。前回の2010年大会で全日本女子は32年振りのメダルを獲得しました。

この3位が自信となりロンドン五輪での銅メダルにつながりました!

2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを目指す全日本女子にとって2014年は重要な年であることは疑いの余地はありません。

眞鍋監督を始めスタッフも「今年から本番」と準備を進めています。
Vプレミアリーグ2014 東レvsNEC 川崎
【Vプレミアリーグ2014 東レvsNEC(川崎大会)】

11月末に開幕したVプレミアリーグも中間地点を終えました。4回戦総当たりの2回戦まで(2レグ)を終了しました。

グランドチャンピオンズカップでは全日本メンバー6名を輩出した久光製薬の「一強時代」到来かと思っていました。ところが1stレグでは誰もが想像していなかった混戦状態に陥りました。。

全日本代表を輩出したチームはシーズン直前にメンバーが合流しチーム作りを行ったため大苦戦でした。多くの選手がコンディショニングに苦労している様子でした。

代表の練習中に怪我した選手、調子を落とす選手が例年以上に多かった気がします。

2ndレグに入るとベスト4は予想通りになって来ました。元全日本代表の荒木が抜けた東レだけが心配でした。逆に大化けして暫定トップです。

残り2レグは地力のあるチームが上位を固めるでしょう。

Vプレミアリーグ2月2日現在
1位 東レ 10勝4敗 グランチャン代表選手3名(外人1)
2位 岡山 9勝5敗
3位 久光 9勝5敗 グランチャン代表選手6名
4位 日立 8勝6敗 グランチャン代表選手4名(外人1)
----ファイナル進出ライン------
5位 トヨタ車体 7勝7敗
6位 JT 6勝8敗
----入れ替え戦行きライン------
7位 NEC 5勝9敗 グランチャン代表選手1名
8位 パイオニア 2勝12敗
Vチャレンジリーグ2月2日現在
1位 上尾 9勝0敗
2位 デンソー 8勝1敗 グランチャン代表選手1名
----入れ替え戦行きライン------
Vプレミアリーグ2014 東レvs日立(東京大会)
【ドミニカ代表vsアメリカ代表! Vプレミアリーグ2014 東レvs日立(東京大会)】

意外だったのは、

1、JTが前半戦で首位に付けた事

怪我で多くの選手がベンチにも入れない状態のチームが1stレグを途中まで1位で切り抜けたことです。全日本メンバーは世界選手権予選まで活躍した橋本選手のみです。

平均身長も低いチームですが石井、新人の高橋、奥村の活躍で踏ん張っていました。

2、昨年レギュラーラウンド1位のNECが低迷している事

グランチャンには近江選手しか出場していませんでした。コンビには問題ないと思っていましたが意外と勝てません。昨年のファイナルでの失速を引きずっている様でした。

昨年:レギュラーラウンド1位、ファイナルラウンド4位

3、入れ替え戦で敗れたデンソーが下部リーグで1敗を喫したことです。

Vプレミアリーグ(1部)とVチャレンジリーグ(2部)では実力差が歴然としています。さらに上位2チームは抜けています。そしてほとんど負けません。

デンソーからはグラチャンに大竹を輩出していました。なぜ?
Vプレミアリーグ2014 東レvsNEC(川崎大会)
【NECの低迷脱出の切り札は?Vプレミアリーグ2014 東レvsNEC(川崎大会)】

「地力のあるチームが徐々に上位に進出し位置を確保している。」

来週からは3レグに入りますがこの傾向のまま進むでしょう。さらにチームランキングから上位4チームの2014年傾向が見えて来ました。

攻撃型:
 東レ(アタック本数1位、アタック決定率1位、バックアタック決定率1位、サーブ効果率2位)
 日立(アタック本数2位、アタック決定率2位、バックアタック決定率2位、サーブ効果率1位)
守備型:
 久光(ブロック1位、レシーブ1位)
バランス型:
 岡山

ただ久光は潜在的に攻撃力を持っているので爆発すると他を圧倒するでしょう。どのチームもファイナルラウンドを見据えた戦いをしてくるでしょう。

これから戦いは益々激しくなりますが怪我なく世界選手権に向けてコンディショニングして欲しいものです。

次は個々のプレイヤーについて

つづく…ほいじゃ

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。