スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官兵衛築城の中津城と石垣、福沢諭吉旧居、そして暗渠【大分県中津市】

中津u
先週の大河ドラマ「軍師官兵衛」で黒田官兵衛が「中津に帰りたい」と言った。その時、8月の台風直撃の日訪れた中津が蘇った。目的地を日本三大奇景の耶馬溪から日本三大水城へ変更した。
中津城
中津城は周防灘へ流れる中津川河口に作られた海水を引き込む水城だった。黒田孝高(官兵衛)が1588年に築城し細川忠興が完成させた。今でも黒田時代(1588-1600年)と細川時代(1600-1632年)の石垣が共存している。
中津城石垣
それから中津と言えば福澤諭吉だ。生まれは大阪の中津藩邸だが父の死で1歳6か月で中津へ、それから19歳まで過ごした。諭吉を育んだ家は福澤諭吉旧居・福澤記念館となっている。
福沢諭吉旧居(中津)
沖積低地らしく街中は暗渠だらけ。夕飯を食べた酒処で年輩の女性が教えてくれた。昔、駅周辺はレンコン畑だったと。水はけが悪い土地を活用したかつての風景は今や暗渠の街に変わっている。
中津の暗渠
中津城が河口にあった官兵衛の時代は海岸線がかなり手前だったことが分かる。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

Crazybowler

Author:Crazybowler

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。